激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

次世代通信「5G」の実用例を紹介。エリクソンが遠隔運転や遠隔手術など。

投稿日:

現在、ほとんどの方が使っている通信は「4G-LTE」ですね。3年後にはその次世代のモバイル通信規格「5G(5th Generation)」通信が開始されます。より高速に、より低遅延に。いったいどのような活用ができるのか、MWC20017でエリクソンが実用化に向けた取り組みを紹介していました。

スポンサーリンク

5Gの実用例「遠隔運転」

自動運転

出典:ケータイWatch

ぱっと見たところ、ただゲームをしているだけのように見えるかもしれません。しかしこれは、50km先のコースに置かれた実験用車をちゃんと運転しているのです。ゲームのような体験でありつつ、ハンドルなどにはしっかりとフィードバックが感じられるので実際に運転しているような感覚。ちょっと経験したことのないような感覚のようです。

このシステムでの遅延は3ms程度、4G-LTEでは50ms程度の遅延が生じますので、5G通信でないとリアルタイムで運手することは難しいでしょう。

5Gの実用例「遠隔手術」

遠隔手術

出典:ケータイWatch

これも見たところ現在流行っているVRのデモのように見えると思います。しかし現在のVRはケーブルで同じ室内のゲーム機に繋がっているのに対して、これは5G通信で遠隔操作できます。「遠隔VR」とでも表現した方がいいでしょうか。命に関わる手術ですから微妙な操作が必要となります。その際、遅延が大きくては使い物にならないでしょう。

そして患部の詳細な映像を送るとなると、5Gの10Gbpsもある超高速通信もポイントになってきます。これは現在あるWi-fiの中でも最高の通信速度と同じになります。超高速通信を活かして4K以上の詳細映像を送ることができます。

5G通信に期待するもの

5Gの低遅延・超高速通信だからこそできる、遠隔運転や遠隔手術。遠隔手術は比較的早期に実現されそうです。一般のひとが遠隔運転を利用できるようになるためにはもう少し時間がかかるでしょう。しかし、離れたところにある自動車をレンタルしてそのまま子供を迎えにいき家に送る。そんな未来があると思うとわくわくします。

2020年の東京オリンピックに向けて日本の通信会社も様々な実証実験を行っていて、期待が高っているところです。これからも情報を追っていきます。

参考URL:出典:ケータイWatch

-Technology
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

touch

ChromeやSafariなどのモバイルブラウザで深刻な脆弱性が発覚。現在、対策ができない状況。

主要なモバイルブラウザ(インターネットを閲覧するアプリ)について、深刻な脆弱性が発見されました。それは70%程度の精度でパスコードが抜き取られてしまうもの。しかし、現状では、どのブラウザもこの脆弱性に …

button

ウェラブルの新風。Levi’sとGoogleのコラボデニムジャケットの機能とは?

布をタッチセンサーにするGoogleの「Project Jacquard」、実用的なプロダクトとしてLevi’sとのコラボレーションデニムジャケットが、先日開催されたSXSWで公開されまし …

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …

cat tracking

なぜって?そこに猫がいるから!VR世界に現実世界の猫を出現させたプロジェクト。

先日、VR機器「HTC Vive」の新製品として、「Vive Tracker」が発表されました。これは現実世界にあるものをVR画面に再現するトラッカーなのですが、このプロダクトを使ってVR世界に現実世 …

translator

最大100人まで同時翻訳できる。Microsoftの音声リアルタイム翻訳の可能性。

マイクロソフトは「Microsoft Translator」と「Skype」において、ニューラルネットワーク(AI)を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳を提供開始しています。これまでは機械的な翻訳で …