Nokia Pad

ふとんの下に置くパッド型睡眠トラッカー「Nokia Sleep」

CES2018において、Nokiaはパッド型の睡眠トラッカー「Nokia Sleep」を発表しました。これはマットレスやふとんの下に滑り込ませる形で置く、パッド型との睡眠トラッカーになっており、時計型デバイスよりも詳細なトラッキングができそうです。

スポンサーリンク

敷きパッド型睡眠トラッカー「Nokia Pad」

Nokia Pad

Nokiaから発表された敷きパッド型の睡眠トラッカー「Nokia Pad」。ベッドのマットレスや日本であれば布団の下に滑り込ませる形で設置します。睡眠をトラッキングし、NokiaのHealth MateアプリにWi-Fiでデータを送信します。

睡眠の質はスコア表示され、レム睡眠などの睡眠サイクルを把握、いびきの検知もしてくれます。Health MateアプリはAmazonのAlexaとも連携することが予定されていて、他のスマートホーム製品との連携が可能になります。

今年の第1四半期に発売が開始され、価格は12,000円程度となっています。

朝起きたらライトが点く生活

AmazonのAlexaとの連携がどの程度できるのかはまだ不明です。しかし、本気になれば既にできることがあります。Wi-FiとIFTTTに対応しているので、朝起きると部屋のライトを点灯させる。それと同時に自動で窓のブラインドを開ける。そんなことが可能です。

Alexaとの連携がうまく取れれば、IFTTTのようなハックをしなくても同様のことができるようになるでしょう。ベッドに横になると電気が消え、暖房器具の電源がオフになる。そんな生活を予感させてくれます。

睡眠トラッキングの需要

筆者はそれほど必要性を感じていなかったのですが、周りには思ったより睡眠のトラッキングをしているユーザーがいます。現代の忙しい生活では睡眠の質が重要になってくるのでしょう。時計型の睡眠トラッカーは多いですが、手に巻いた状態で寝るのはちょっと気になります。

このプロダクトはベッドに敷くためその心配がないとともに、寝返りなどの動きも正確にトラッキングしてくれると思われます。そして朝、気持ち良く目覚めると、起きてから行う一連の動作をAlexaが代わりにしてくれて、今日の天気を教えてくれることでしょう。

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー