電池交換不要なIotデバイス「FlipCast」オン・オフを通知するだけの単機能に可能性を感じる。

Technology

電池交換不要なIotデバイス「FlipCast」オン・オフを通知するだけの単機能に可能性を感じる。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

太陽光発電で電池交換が不要な「FlipCast」。本体をひっくり返してオンとオフを通知するだけのデバイスになっています。ネットに接続することができるIoTデバイスですが、その構造の単純さからは活用方法によっては便利なデバイスになる可能性があります。

スポンサーリンク

「FlipCast」の使い方

flipcast

出典:Techcrunch

日本の企業ソニックスが発表した「FlipCast」。ひっくり返すことでオン・オフを切り替えることができます。太陽光発電を利用し、Bluetooth low Energyや低消費電力3軸加速度センサーを活用することで、電池交換が不要という保守性の高さがポイントです。

活用例として、在席・離席をこのデバイスで通知、グループウェアと連携すれば席にいるかどうかを把握できます。今までのグループウェアだけを使った通知ですと、グループウェアを立ち上げ、在席タブをクリックし…など数ステップの動作が必要でした。それがひっくり返すだけで通知できるのです。

「FlipCast」の可能性

基本的には法人に向けたソリューションとして提供されます。先ほど例にあげた企業内での活用にとどまらず、物流業者に導入することで、届けに行ってみて不在とわかり不在票を入れる。そして再配達をするという手戻りをなくすことができます。ユーザーからしても再配達依頼をしなくて済みメリットがあるでしょう。

「何を通知して欲しいか」。それさえ思いつけば活用方法は限りがないと言えるのではないでしょうか。似たようなもので、店員を呼び出すデバイス「noodoe」がありますが、こちらは高機能で電池が必要。単機能で電池交換が不要という強みを活かしたソリューション展開に期待したいと思います。

参考URL:Techcrunch

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。そ …

ヘッドセット外観

HPのWindows MRゴーグルが発売開始!コントローラー付!

日本HPは10月17日、「WIndows Mixed Reality」対応のヘッドセットを発売開始しました。コントーラー付きで、59,800円(税抜)。公式オンラインストアで購入できます。 Windo …

脳波インターフェイス

脳で考えるだけで操作できるAR/VR向けインターフェイス登場!

電脳化の時代が…!?これまでAR/VRの世界では、モーションキャプチャや視線トラッキング、自然言語処理などのインターフェイスが開発されてきましたが、とうとう操作を脳波で行うデバイスが登場しました。 V …

button

ウェラブルの新風。Levi’sとGoogleのコラボデニムジャケットの機能とは?

布をタッチセンサーにするGoogleの「Project Jacquard」、実用的なプロダクトとしてLevi’sとのコラボレーションデニムジャケットが、先日開催されたSXSWで公開されまし …

Windows10コンセプト

ARM版Windows10がサクサク動くデモ公開。何それ?おもしろいの?

フルスペックのARM版Windows10の仕組みと実機デモがアメリカ・シアトルで開催中の開発者会議「Build 2017」で公開されました。筆者としては、なかなかおもしろいことになりそうだとワクワクし …