ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

Technology

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

投稿日:2017年4月26日 更新日: コメント (0)


ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。その時、意思の疎通を測るのが「透明文字盤」です。

スポンサーリンク

デジタル透明文字盤「OriHime eye」

Orihimeの外観
デジタル透明文字盤は専用パソコンに「視線で入力」することによって、文章を入力し、読み上げることができます。透明文字盤は古くから使われていて、それをパソコンで実現することにより、メールやメモなどにも使うことができます。

これを車椅子に取り付けてみたところ…

しかしパソコンが目の前にあるため、周りの状況が見えません。患者さんから相談を受け、透明の板にデジタル文字盤を投射してみることになりました。

これであれば、周りの状況を見ながらも、文字の入力と発話が可能です。さらに、これであれば車椅子にも応用できるだろうと取り付けてみたところ……。

圧倒的SF感。ホログラムを物理的に再現したようになっていますが、空中にディスプレイが浮いていて、おっしゃる通りSFっぽいです。

これで移動しながら話す、というところまではまだ進んでいないようで、製品化されるかどうかは未定です。もしかしたらこれをMicrosoftのHoloLensと組み合わせてMR(複合現実)で実現されるかもしれません。このような技術の発達が難病の方々の手助けになることは素晴らしいことです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

対応する機能

通話できる指輪「ORII」登場!骨伝導でクリアな通話を実現。

果たして、スマートウォッチで通話をするのはスマートなのか?そういう意味ではこの「ORII」はスマートだと言えるでしょう。指輪型のデバイスで通話を実現します。人差し指にはめると、音声の振動が指に伝わり、 …

Echo Dot

ホリデーシーズンにAmazonでもっとも売れたアレ!!

Amazonはニュースリリースで2017年にもっとも売れた商品を発表しました。様々な商品のベストを発表していますが、主にアメリカの情報になります。その中でも日本に関係あるものをピックアップしました。 …

次世代通信「5G」の実用例を紹介。エリクソンが遠隔運転や遠隔手術など。

現在、ほとんどの方が使っている通信は「4G-LTE」ですね。3年後にはその次世代のモバイル通信規格「5G(5th Generation)」通信が開始されます。より高速に、より低遅延に。いったいどのよう …

日本上陸した「Kickstarter」の今をみてみる

2017年9月17日クラウドファンディングの先駆け「Kickstarter」が日本版のKickstarterを正式に開始したと発表しました。URLは「https://www.kickstarter.c …

Google Chrome、リダイレクトやポップアップブロックの機能を強化へ

米国のGoogleは現地時間の11月8日、Google Chromeの「バージョン64」にて意図せず違うページに飛ばされてしまうリダイレクトをブロックする機能を追加する事を発表しました。 スポンサーリ …