ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

Technology

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

投稿日:2017年4月26日 更新日:

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。その時、意思の疎通を測るのが「透明文字盤」です。

スポンサーリンク

デジタル透明文字盤「OriHime eye」

Orihimeの外観
デジタル透明文字盤は専用パソコンに「視線で入力」することによって、文章を入力し、読み上げることができます。透明文字盤は古くから使われていて、それをパソコンで実現することにより、メールやメモなどにも使うことができます。

これを車椅子に取り付けてみたところ…

しかしパソコンが目の前にあるため、周りの状況が見えません。患者さんから相談を受け、透明の板にデジタル文字盤を投射してみることになりました。

これであれば、周りの状況を見ながらも、文字の入力と発話が可能です。さらに、これであれば車椅子にも応用できるだろうと取り付けてみたところ……。

圧倒的SF感。ホログラムを物理的に再現したようになっていますが、空中にディスプレイが浮いていて、おっしゃる通りSFっぽいです。

これで移動しながら話す、というところまではまだ進んでいないようで、製品化されるかどうかは未定です。もしかしたらこれをMicrosoftのHoloLensと組み合わせてMR(複合現実)で実現されるかもしれません。このような技術の発達が難病の方々の手助けになることは素晴らしいことです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

詐欺の疑いがある商品

メルカリがたいへんなことになっている裏で、Amazonにて世界規模の詐欺が横行中!!

フリマアプリ「メルカリ」が現金を取り扱っていた問題について騒ぎが収まっていません。その裏でAmazonのマーケットプレイスで大規模な詐欺が流行しています。Amazonは対応に追われていますが、数が多す …

WindowsMRヘッドセット

Windows MRヘッドセットが売れすぎて予約中止に…HoloLensは今どうなってる?

日本エイサーが5月23日に予約開始した「Acer WIndows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」の予約を中止することになりました。予想を超える反響に供給が追いつ …

reVIVEの使用中画像

VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。

Disrupt NY 2017において高校2年生3人からなるチームで作られた「reVIVE」。ADHD(注意欠陥・多動性障害)をVRで診断するシステムです。通常6〜9ヶ月かかる診断を簡単にする方法を見 …

ARメガネの仕組み

Microsoftが「ダサくない」ARメガネを発表。乱視の矯正もしてくれる!

Microsoftが現在のAR研究がどれくらい進んでいるのか、プロトタイプを作って発表しました。HoloLensは現在主流となっているゴーグル型ですが、このプロトタイプは「メガネ」の形をしています。か …

translator

最大100人まで同時翻訳できる。Microsoftの音声リアルタイム翻訳の可能性。

マイクロソフトは「Microsoft Translator」と「Skype」において、ニューラルネットワーク(AI)を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳を提供開始しています。これまでは機械的な翻訳で …