激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

投稿日:2017年4月26日 更新日:

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。その時、意思の疎通を測るのが「透明文字盤」です。

スポンサーリンク

デジタル透明文字盤「OriHime eye」

Orihimeの外観
デジタル透明文字盤は専用パソコンに「視線で入力」することによって、文章を入力し、読み上げることができます。透明文字盤は古くから使われていて、それをパソコンで実現することにより、メールやメモなどにも使うことができます。

これを車椅子に取り付けてみたところ…

しかしパソコンが目の前にあるため、周りの状況が見えません。患者さんから相談を受け、透明の板にデジタル文字盤を投射してみることになりました。

これであれば、周りの状況を見ながらも、文字の入力と発話が可能です。さらに、これであれば車椅子にも応用できるだろうと取り付けてみたところ……。

圧倒的SF感。ホログラムを物理的に再現したようになっていますが、空中にディスプレイが浮いていて、おっしゃる通りSFっぽいです。

これで移動しながら話す、というところまではまだ進んでいないようで、製品化されるかどうかは未定です。もしかしたらこれをMicrosoftのHoloLensと組み合わせてMR(複合現実)で実現されるかもしれません。このような技術の発達が難病の方々の手助けになることは素晴らしいことです。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows MRヘッドセットが399ドル!しかし、外見はVRゴーグルなのにMR??

マイクロソフトは以前より予告していたWindows Mixed Reality用ヘッドセットの開発者向けモデルの予約を開始しました。価格はAcer版が299ドル、HP版が329ドルと安価になっています …

button

ウェラブルの新風。Levi’sとGoogleのコラボデニムジャケットの機能とは?

布をタッチセンサーにするGoogleの「Project Jacquard」、実用的なプロダクトとしてLevi’sとのコラボレーションデニムジャケットが、先日開催されたSXSWで公開されまし …

iosandroid

スマートフォンの外部スクリーン。スマホを独自技術でタブレットにする「Superscreen」

iPhoneとiPadの二台持ち。外ではiPhone、家ではiPadで便利なのですが、両方を維持していくのは少したいへん。第4世代iPadがiOS11を使えない可能性があります。Androidタブレッ …

starbucks

Starbucksがモバイルオーダーのテストを本社内でテスト中。日本への展開は?

日本でも既に提供されているスターバックスの公式アプリ。しかし、このアプリの目的は「モバイルオーダー&ペイ」を実現するためのものでした。2016年内にはモバイルオーダーの開始が予定されていましたが、まだ …

有機ELパネル

次期iPhoneに搭載されるという有機ELディスプレイ。このことで世界から注目される日本企業とは?

多くのメディアで、次期iPhoneの噂が報道され注目が高まっています。次期iPhoneには有機ELディスプレイが搭載され、サムソンへそのほとんどが発注されたと報じられています。そんな有機ELディスプレ …