ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

Technology

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

投稿日:2017年4月26日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。その時、意思の疎通を測るのが「透明文字盤」です。

スポンサーリンク

デジタル透明文字盤「OriHime eye」

Orihimeの外観
デジタル透明文字盤は専用パソコンに「視線で入力」することによって、文章を入力し、読み上げることができます。透明文字盤は古くから使われていて、それをパソコンで実現することにより、メールやメモなどにも使うことができます。

これを車椅子に取り付けてみたところ…

しかしパソコンが目の前にあるため、周りの状況が見えません。患者さんから相談を受け、透明の板にデジタル文字盤を投射してみることになりました。

これであれば、周りの状況を見ながらも、文字の入力と発話が可能です。さらに、これであれば車椅子にも応用できるだろうと取り付けてみたところ……。

圧倒的SF感。ホログラムを物理的に再現したようになっていますが、空中にディスプレイが浮いていて、おっしゃる通りSFっぽいです。

これで移動しながら話す、というところまではまだ進んでいないようで、製品化されるかどうかは未定です。もしかしたらこれをMicrosoftのHoloLensと組み合わせてMR(複合現実)で実現されるかもしれません。このような技術の発達が難病の方々の手助けになることは素晴らしいことです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MIMO

5G世代通信の要素技術「Massive MIMO」。既存スマホがそのまま高速に?

Massive MIMO(マッシブ マイモ)とは、次世代の第5世代通信の要素技術です。MIMOとは複数のアンテナを束ねて通信速度を上げる技術。これを拡大して、大規模にアンテナを束ねます。現在、128本 …

Emmaの外観

パーキンソン病患者の手の震えを抑えるデバイス「Emma」。あまりの効果に患者が涙する…

手足が異常に震え、ちょっとした動作も困難になってしまうパーキンソン病。その根本的な治療方法はみつかっていません。日本では10万人あたり100〜150人と言われていて、難病指定がされています。その手の震 …

HUAWEI

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価しま …

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …

MAMORIO

紛失防止タグ「MAMORIO」が使えるモノになってきた

「MAMORIO」はよくある紛失防止タグで、Bluetoothを使い接続が切れた場所を記録、どこで落し物をしたのかわかる製品。しかし、関連するサービスが充実してきており、本当に使える「落し物発見タグ」 …