通話できる指輪「ORII」登場!骨伝導でクリアな通話を実現。

Technology

通話できる指輪「ORII」登場!骨伝導でクリアな通話を実現。

投稿日:

果たして、スマートウォッチで通話をするのはスマートなのか?そういう意味ではこの「ORII」はスマートだと言えるでしょう。指輪型のデバイスで通話を実現します。人差し指にはめると、音声の振動が指に伝わり、耳近くの骨から骨伝導で音声を聞き取るようにできています。

スポンサーリンク

指輪型デバイス「ORII」

通話スタイル

このアニメーションからわかるように、通話をする際には指を耳にあてるだけ。一風変わった通話方法に見えますが、スマートウォッチと比べてみるとどうでしょうか。また、骨伝導を使っているため、相手の声は周囲にもれません。その上、周りがうるさくても聞き取りやすくなります。

対応する機能

SiriやGoogle Assistantと連携して、通話をすることも可能になっています。もちろん、ボイスアシスタントにできることは全てできることに。スマートフォンからの通知はLEDの光を通じて行われます。通知するアプリを設定でき、それに色を割り当てます。IPX7の防水性能を持っているため、普段の動作への影響は少ないでしょう。

通話スタイルの完成形?

これほど小さなデバイスで、通話やその他ボイスアシスタントの機能が使える。このスタイルは完成形と言えるのかもしれません。Kickstarterで出資を募集中で既に3万ドルの目標に対して、13万ドル近い出資が集まっています。今なら129ドル(約14,000円)でオリジナルバージョンを入手することができます。

近年ではKickstarterで成功したものを、日本のクラウドファンディングで販売するなど、海外のデバイスへの障壁が低くなっています。Kickstarterへの出資が不安であれば、日本での登場を待ってもそう遠くはないでしょう。

フル機能のウェラブルデバイスは必要ないと筆者は考えています。個別の機能を、必要な場所に装着すればいいと。通話はこのように指輪で、メールは手のひらへ画面を投射する開発が進んでいるので、ブレスレットに。ゲームなどをするときにはスマートフォンを取り出す。そのようなスタイルになれば不要な機能まで買う必要はないわけです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今までにないイヤホン「Here One」。周囲の必要な音だけを音楽にブレンド。

ニューヨークのスタートアップDoppler Labsが、周囲の音をコントロールできるBluetoothイヤホン「Here One」を発売開始しました。音楽の再生しながら周りの騒音をコントロールし、必要 …

有機ELパネル

次期iPhoneに搭載されるという有機ELディスプレイ。このことで世界から注目される日本企業とは?

多くのメディアで、次期iPhoneの噂が報道され注目が高まっています。次期iPhoneには有機ELディスプレイが搭載され、サムソンへそのほとんどが発注されたと報じられています。そんな有機ELディスプレ …

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。そ …

leaf

外出先から戸締りをチェック。2,000円から導入可能でLINE botが教えてくれる。

IoT市場が少しずつ盛り上がりを見せています。Amazon EchoやGoogle Homeなど、家でのアシスタントとして使うものが多い印象で、価格は20,000円程度とちょっと高め。そんな中、2,0 …

HUAWEI

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価しま …