マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

投稿日:

玄関のドアに猫用の入り口を付ける。そういう家があると思います。この「SureFlap」はマイクロチップの首輪をつけることによって、自分のペットを認識、ペットが出入りしたいときだけ鍵が開きます。今後はIoT化する予定にもなっています。

スポンサーリンク

「FlipFlap」の概要

flipflap
このような小型のペット用のドアになっています。ドアや窓に取り付けるアタッチメントは別途購入できますが、自作で取り付けも可能でしょう。
flipflap2
マイクロチップをペットに取り付けると、それを識別して鍵を開けます。追加でマイクロチップを購入することもできるので、ペットを複数買っている場合にも対応可能です。電池で作動するため電源は不要です。電池の残りが少なくなるとランプで通知してくれます。

今後はIoTへの対応も

今後はIoT技術を使って、外出している間もペットが外にいるか、中にいるかなどをスマートフォンで把握できるようになります。しかし、特にそこまでは必要ないのではと感じます。自分のペットだけ出入りする。それだけでも魅力的な商品になっていると思います。

Amazonで輸入品が売られていて、金額は25,000円程度。公式サイトでの販売が125ドルですので、個人輸入すればもっと安く購入することができます。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3Dマイクロスポンジ

現行リチウムイオンバッテリーを代替できる「ニッケル3D亜鉛充電池」が実用化レベルに。

現在、ほとんどのモバイル製品に使われているリチウムイオンバッテリー。しかし、このバッテリーは空気に触れると爆発するという危険なバッテリーでもあります。その危険性を回避し、同等の性能を発揮できるという「 …

reVIVEの使用中画像

VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。

Disrupt NY 2017において高校2年生3人からなるチームで作られた「reVIVE」。ADHD(注意欠陥・多動性障害)をVRで診断するシステムです。通常6〜9ヶ月かかる診断を簡単にする方法を見 …

車載HUDの使用画面

499ドルの車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)が便利。けれど、これで充分ではないですか?

「Navdy」という車載HUDが便利とのこと。HUDとは車のフロントガラスに時速やナビを表示することによって、視線移動を少なくしたまま情報を見ることができるというもの。しかし、499ドル?上海問屋なら …

息子に声をかける

子供を公園で遊ばせながらスマホを触る。もしかしたら大変なことになるかも!?

「スマートフォンを操作している父親のすぐ近くで子供は誘拐できるのか?」そんな実験動画が公開されました。様々な社会実験を行なっているYoutuberのジョエイ・サラズ氏が実際に実験を行います。さて、子供 …

小さいは正義!子供用コンピュータ「IchigoDake」がお父さんも楽しめそう!

子供たちにプログラミングを学んでもらうおうという「プログラミング・クラブ・ネットワーク」は、キーホルダー程度の大きさのコンピュータ「IchigoDake」をレギュラー商品として販売開始しました。面白い …