flipflap

マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

玄関のドアに猫用の入り口を付ける。そういう家があると思います。この「SureFlap」はマイクロチップの首輪をつけることによって、自分のペットを認識、ペットが出入りしたいときだけ鍵が開きます。今後はIoT化する予定にもなっています。

スポンサーリンク

「FlipFlap」の概要

flipflap
このような小型のペット用のドアになっています。ドアや窓に取り付けるアタッチメントは別途購入できますが、自作で取り付けも可能でしょう。
flipflap2
マイクロチップをペットに取り付けると、それを識別して鍵を開けます。追加でマイクロチップを購入することもできるので、ペットを複数買っている場合にも対応可能です。電池で作動するため電源は不要です。電池の残りが少なくなるとランプで通知してくれます。

スポンサーリンク

今後はIoTへの対応も

今後はIoT技術を使って、外出している間もペットが外にいるか、中にいるかなどをスマートフォンで把握できるようになります。しかし、特にそこまでは必要ないのではと感じます。自分のペットだけ出入りする。それだけでも魅力的な商品になっていると思います。

Amazonで輸入品が売られていて、金額は25,000円程度。公式サイトでの販売が125ドルですので、個人輸入すればもっと安く購入することができます。