マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

Technology

マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

玄関のドアに猫用の入り口を付ける。そういう家があると思います。この「SureFlap」はマイクロチップの首輪をつけることによって、自分のペットを認識、ペットが出入りしたいときだけ鍵が開きます。今後はIoT化する予定にもなっています。

スポンサーリンク

「FlipFlap」の概要

flipflap
このような小型のペット用のドアになっています。ドアや窓に取り付けるアタッチメントは別途購入できますが、自作で取り付けも可能でしょう。
flipflap2
マイクロチップをペットに取り付けると、それを識別して鍵を開けます。追加でマイクロチップを購入することもできるので、ペットを複数買っている場合にも対応可能です。電池で作動するため電源は不要です。電池の残りが少なくなるとランプで通知してくれます。

今後はIoTへの対応も

今後はIoT技術を使って、外出している間もペットが外にいるか、中にいるかなどをスマートフォンで把握できるようになります。しかし、特にそこまでは必要ないのではと感じます。自分のペットだけ出入りする。それだけでも魅力的な商品になっていると思います。

Amazonで輸入品が売られていて、金額は25,000円程度。公式サイトでの販売が125ドルですので、個人輸入すればもっと安く購入することができます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MAMORIO

紛失防止タグ「MAMORIO」が使えるモノになってきた

「MAMORIO」はよくある紛失防止タグで、Bluetoothを使い接続が切れた場所を記録、どこで落し物をしたのかわかる製品。しかし、関連するサービスが充実してきており、本当に使える「落し物発見タグ」 …

次世代通信「5G」の実用例を紹介。エリクソンが遠隔運転や遠隔手術など。

現在、ほとんどの方が使っている通信は「4G-LTE」ですね。3年後にはその次世代のモバイル通信規格「5G(5th Generation)」通信が開始されます。より高速に、より低遅延に。いったいどのよう …

FLOW

ウェラブルデバイスでうつ病改善!新たな治療に期待!

現代では社会人のうつ病は非常に大きな問題になっています。特にIT関係の仕事に従事している社会人に多くみられる印象を受けます。そこへウェラブルデバイスを用いた治療をする製品が、リリース間近となっています …

Electified Xの外観

電動アシストに見えないロードバイク「Electrified X」が、盗難対策まですごい!

斬新なデザインで注目を浴びているオランダの自転車ブランドVanMoofが日本向けにカスタマイズされた電動アシストロードバイク「Electrified X」を発表しました。洗練されたデザインも素晴らしい …

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …