遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

投稿日:

Kickstarterで登場し、すぐに目標金額に達した「Pebby」。スマートフォンから遠隔操作でボールを動かし、ペットと遊べるガジェットになっています。ボールにはカメラがついており、ペットの様子を確認することもできます。

スポンサーリンク

「Pebby」の特徴


Pebbyにはふたつの機能があります。まずはリモートからボールをコントロールするモード。カメラをみながら自分で操作することが可能です。また、ペットに取り付けた首輪の位置を感知して、寄ったり遠ざかったり自動で動かすこともできます。

もうひとつは、ペットがPebbyで遊び始めたら通知が受けられる機能。これは首輪と連携してペットの動きを記録しておき、フィットネストラッカーのように使うこともできます。

「Pebby」のスペック

Wi-fiでネットワークと接続され、1回の充電で90分間動かすことができます。待機時間は15時間。双方向のマイクと、広角カメラが装備されていて、ペットとコミュニケーションを取ることができます。レーザーやLED、スピーカーも内蔵されています。

遊び終われば、ワイヤレス充電器まで移動して充電することができるという「なんでもできる」と言っていいような充実ぶりです。市場予定価格は248ドルとなっていますが、Kickstarterで早期割引で124ドルで入手することができます。

ペットとIoTの親和性

これはIoT、すべてのものがネットにつながるコンセプトの良い例ではないでしょうか。留守番をしているペットはさみしい思いをしています。それが技術によって解決できるのであれば、歓迎すべきことですね。

果たして本当に遊んでくれるのか。飼い主が家にいるときもPebbyを使って遊ぶなど、ペットが飼い主と「繋がっている」感覚を掴んでもらうとうまくいきそうです。製品としてはほとんど出来上がっていますので、そう遠くない時期に日本でも発売されると思われます。

参考URL:techcrunch

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

有機ELパネル

次期iPhoneに搭載されるという有機ELディスプレイ。このことで世界から注目される日本企業とは?

多くのメディアで、次期iPhoneの噂が報道され注目が高まっています。次期iPhoneには有機ELディスプレイが搭載され、サムソンへそのほとんどが発注されたと報じられています。そんな有機ELディスプレ …

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …

Windows MRヘッドセットが399ドル!しかし、外見はVRゴーグルなのにMR??

マイクロソフトは以前より予告していたWindows Mixed Reality用ヘッドセットの開発者向けモデルの予約を開始しました。価格はAcer版が299ドル、HP版が329ドルと安価になっています …

kisslink

システムを利用した大量転売??新たな転売ビジネルにつながるクラウドファンディングの危険性。

ある大手メディアを閲覧していたところ便利そうな製品がクラウドファンディング中であることを知りました。どんな製品なのか詳細を調べてみると、少々おかしな点があるのです。製品としては既に海外で売っているもの …

Googleマップ

誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

スマートフォンでは基本機能と言っていいGPS。しかし、その誤差は10m程度のこともあります。その誤差を数センチまで縮小する日本版GPS「みちびき」が打ち上げられました。果たしてどのような未来になるのか …