遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

Technology

遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

Kickstarterで登場し、すぐに目標金額に達した「Pebby」。スマートフォンから遠隔操作でボールを動かし、ペットと遊べるガジェットになっています。ボールにはカメラがついており、ペットの様子を確認することもできます。

スポンサーリンク

「Pebby」の特徴


Pebbyにはふたつの機能があります。まずはリモートからボールをコントロールするモード。カメラをみながら自分で操作することが可能です。また、ペットに取り付けた首輪の位置を感知して、寄ったり遠ざかったり自動で動かすこともできます。

もうひとつは、ペットがPebbyで遊び始めたら通知が受けられる機能。これは首輪と連携してペットの動きを記録しておき、フィットネストラッカーのように使うこともできます。

「Pebby」のスペック

Wi-fiでネットワークと接続され、1回の充電で90分間動かすことができます。待機時間は15時間。双方向のマイクと、広角カメラが装備されていて、ペットとコミュニケーションを取ることができます。レーザーやLED、スピーカーも内蔵されています。

遊び終われば、ワイヤレス充電器まで移動して充電することができるという「なんでもできる」と言っていいような充実ぶりです。市場予定価格は248ドルとなっていますが、Kickstarterで早期割引で124ドルで入手することができます。

ペットとIoTの親和性

これはIoT、すべてのものがネットにつながるコンセプトの良い例ではないでしょうか。留守番をしているペットはさみしい思いをしています。それが技術によって解決できるのであれば、歓迎すべきことですね。

果たして本当に遊んでくれるのか。飼い主が家にいるときもPebbyを使って遊ぶなど、ペットが飼い主と「繋がっている」感覚を掴んでもらうとうまくいきそうです。製品としてはほとんど出来上がっていますので、そう遠くない時期に日本でも発売されると思われます。

参考URL:techcrunch

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

004

とうとうGoogleがコーディネートを提案してくれる時代に!?「スタイルのアイデア」機能を使ってみた。

Googleの検索がまたパワーアップしました。AIを使って、ファッションのコーディネートを提案してくれるのです。これは「似ている商品」と「スタイルのアイデア」という機能が追加されて実現したもの。一体、 …

サムソンのスマートフォン

背面をガラスにしてでも、ワイヤレス充電は必要?

アメリカのニュースサイトで興味深いアンケートをとっていました。直訳すると「ワイヤレス充電がなくなったとしても、背面ガラスを取り除きたいですか?」。つまり、ワイヤレス充電なしにしてでも、背面のガラスはや …

T-HR3

VRコックピット!第3世代の人間型ロボット

トヨタ自動車株式会社は、HTC Viveを使ったVRシステムで、遠隔操作を可能とした第3世代の人間型ロボットを発表しました。操縦席はアニメで見るようなコックピットになっており、未来の到来を感じさせます …

脳波インターフェイス

脳で考えるだけで操作できるAR/VR向けインターフェイス登場!

電脳化の時代が…!?これまでAR/VRの世界では、モーションキャプチャや視線トラッキング、自然言語処理などのインターフェイスが開発されてきましたが、とうとう操作を脳波で行うデバイスが登場しました。 V …

デモ画像2

「VRの世界」を「ARで外から」のぞき見ると?

一気に盛り上がりをみせてきたVR/AR分野。VRは一人称視点で、ゴーグルをかけた人にしか見えません。それをAppleのARkitを使って、VR利用者が何をみているのか、外部からみるという使い方が提案さ …