遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

Technology

遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

投稿日: コメント (0)


Kickstarterで登場し、すぐに目標金額に達した「Pebby」。スマートフォンから遠隔操作でボールを動かし、ペットと遊べるガジェットになっています。ボールにはカメラがついており、ペットの様子を確認することもできます。

スポンサーリンク

「Pebby」の特徴


Pebbyにはふたつの機能があります。まずはリモートからボールをコントロールするモード。カメラをみながら自分で操作することが可能です。また、ペットに取り付けた首輪の位置を感知して、寄ったり遠ざかったり自動で動かすこともできます。

もうひとつは、ペットがPebbyで遊び始めたら通知が受けられる機能。これは首輪と連携してペットの動きを記録しておき、フィットネストラッカーのように使うこともできます。

「Pebby」のスペック

Wi-fiでネットワークと接続され、1回の充電で90分間動かすことができます。待機時間は15時間。双方向のマイクと、広角カメラが装備されていて、ペットとコミュニケーションを取ることができます。レーザーやLED、スピーカーも内蔵されています。

遊び終われば、ワイヤレス充電器まで移動して充電することができるという「なんでもできる」と言っていいような充実ぶりです。市場予定価格は248ドルとなっていますが、Kickstarterで早期割引で124ドルで入手することができます。

ペットとIoTの親和性

これはIoT、すべてのものがネットにつながるコンセプトの良い例ではないでしょうか。留守番をしているペットはさみしい思いをしています。それが技術によって解決できるのであれば、歓迎すべきことですね。

果たして本当に遊んでくれるのか。飼い主が家にいるときもPebbyを使って遊ぶなど、ペットが飼い主と「繋がっている」感覚を掴んでもらうとうまくいきそうです。製品としてはほとんど出来上がっていますので、そう遠くない時期に日本でも発売されると思われます。

参考URL:techcrunch

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

Googleマップ

誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

スマートフォンでは基本機能と言っていいGPS。しかし、その誤差は10m程度のこともあります。その誤差を数センチまで縮小する日本版GPS「みちびき」が打ち上げられました。果たしてどのような未来になるのか …

Fusion Guitar

iPhoneを取り付けてエフェクト!「Fusion Guitar」

indiegogoでファウンディングに成功した「Fusion Guitar」が製品化されました。20Wのアンプを内蔵しており、iPhoneを取り付けることによって、アンプのシミュレーションやディストー …

change_facebook_news_algorithm

会話のネタが増える!Facebookがニュースフィードのアルゴリズムを変更

日常生活やSNSで会話のネタは多ければ多いほうがいいのは当たり前。今回、Facebookがコミュニケーションの促進のためにニュースフィードのアルゴリズムを大きく変更することを発表しました。これから数ヶ …

Electron Wheel

自転車に向けて「OK, Google」と呼びかける時代!?

普通の自転車の前輪に取り付けるだけで、電動アシスト自転車にしてしまう「Electon Wheel」。この将来的なバージョンがGoogleと共同して開発されています。自転車にまたがったら「OK, Goo …

空間認識

日本でドローンを使うならHoloLensが最適かもしれない

VRとドローンを組み合わせて、まるでドローンに搭乗したかのような操作ができます。もしかしたら、広い場所でこのような楽しみ方をしているユーザーを見たことがあるかもしれません。しかし、この方法、日本では航 …