背面をガラスにしてでも、ワイヤレス充電は必要?

Technology

背面をガラスにしてでも、ワイヤレス充電は必要?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

サムソンのスマートフォン

アメリカのニュースサイトで興味深いアンケートをとっていました。直訳すると「ワイヤレス充電がなくなったとしても、背面ガラスを取り除きたいですか?」。つまり、ワイヤレス充電なしにしてでも、背面のガラスはやめて欲しいか、というアンケートです。

スポンサーリンク

背面ガラスのスマホが増えている

ここ数年間でワイヤレス充電対応の機種が増えてきました。iPhoneも採用した「Qi(チー)」という技術の標準化も大きな要素のひとつです。そして、その充電速度を上げるため開発を進めるとともに標準化も進んでいます。

しかし、現在のバージョンでは背面が金属製だとワイヤレス充電ができません。結果としてガラスを背面の素材にしたスマートフォンが増えています。iPhone 8シリーズ、iPhone Xもそうですし、サムソンのスマートフォンもそうです。質感も同時に持たせるには現在のところガラスが選択されています。

しかし、ほぼ必ず落とすことになるであろうスマートフォンに、割れるガラス素材というのはどうなのでしょうか。

背面ガラスへのアンケート

ニュースサイト「phone Arena」では前述したように「ワイヤレス充電なしにしてでも、背面のガラスはやめて欲しいか?」というアンケートをとりました。結果はこのようになっています。

Yes!心からそう思っている:61.68%(1159票)
No!ガラス製の背面は好きだ:16.98%(319票)
Noだが、ワイヤレス充電は必要だ:21.34%(401票)

ワイヤレス充電をなくしてでも、ガラス製の背面は嫌だというユーザーが半数を超えました。しかし、ワイヤレス充電が必要だというユーザーもいます。総合してみると「ワイヤレス充電は欲しいが、ガラス背面は嫌だ」ということでしょう。

先日、iPhone Xを予約したユーザーに背面がガラスであることをどう思うか、インタビューしてみました。iPhone Xの背面ガラスを割ってしまうと6万円かかるかもしれないからです。答えは「以前から割れる素材をスマートフォンに使うのはどうかと思っていた」でした。

確かにガラスは高級感を演出するのには良い素材なのでしょう。しかし考えてみると、それがガラス製であるがゆえに、ユーザーはケースをつけ、保護シールを画面に貼っています。これではデザインがわかりません。最後にそのユーザーが語っていた言葉を付け加えましょう。

「Appleが自らケースを売るくらいなら、まずは割れないように考えろ」

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

商品画像

モバイルバッテリー搭載の自転車・バイク用スマホマウント。ロングツーリングでも心配なし!

自転車に乗っている人にはお馴染みのブランド「ドッペルギャンガー」から、モバイルバッテリーを搭載したスマートフォンマウンタが発売されました。バッテリー自体も取り外し可能で通常のモバイルバッテリーとしても …

指紋認証

指紋センサーをロック解除できる手袋ができた!

エーチームデザインは、手袋ブランド「EVOLG」の2017年秋冬の新製品として、スマートフォンの指紋認証をロック解除できる手袋「TOUCH ID COMPATIBLE」12製品を発表しました。既に取扱 …

10月17日は「Windows MR」の日!いったい何が起こるのか

10月17日にはAcerから一般向けのWindows MRヘッドセットが発売される日です。しかし、この製品が発売されることが、この日を特別にするわけではありません。いったい何の日なのか、お伝えいたしま …

wilry1

iPhoneを枕元で充電していて感電!?奇跡的に助かった男性の話…

3月22日、アメリカに住むワイリー・デイさんがiPhoneを枕元で充電しながら眠っていました。そういう人は多いと思います。次の日の朝、ワイリーさんが起き上がろうとした時、事故が起こりました。ワイリーさ …

これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

iOS11の「ARKit」で一気に注目を浴びるようになった「AR(拡張現実)」。Googleも対抗する技術として「ARCore」を発表しています。一方のマイクロソフトは「Windows MR」として、 …