VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。

投稿日:

Disrupt NY 2017において高校2年生3人からなるチームで作られた「reVIVE」。ADHD(注意欠陥・多動性障害)をVRで診断するシステムです。通常6〜9ヶ月かかる診断を簡単にする方法を見つけたいという思いから作られました。

スポンサーリンク

「reVIVE」でのADHD診断

reVIVEの使用中画像

このシステムは、利用者の運動能力、集中力、反応時間を測定する3種類のテストからできています。利用者は迷路を進んだり、決められた場所で静止したり、物体に触れたり、単純な作業をシステムの指示に従って実行します。

その結果は開発されたスコアリングシステムによって測定されます。そして、医療専門家が最終的にADHDかどうか診断をします。テスト結果からADHDかどうか判断するのには数分で済み、その症状の特徴までわかります。

開発した動機

開発したのはアクシャー・デニッシュさん、ソミア・パタパティさん、アミューラ・バラクシアンさんの高校2年生3人。この3人はこのイベントで初めて出会い、ハッカソン(指定時間内での開発)でこのシステムを開発しました。ディニッシュさんはこう語ります。

ADHDの診断を数値化したいと強く思っていました。360度環境に没入することで、患者は実際にそこにいるような環境を体験できます。

このシステムはADHDかどうかを判断するものではありません。あくまでも数値化するだけで、診断は医師の手に委ねられます。

医学におけるVRの可能性

医学において、その診断と治療はバーチャルリアリティの応用分野として有用であるとみられています。例えば、富士通ではVRを利用した画像解析による手術支援システムを開発しています。

ADHDは注意欠陥と多動という比較的わかりやすい症状があります。あるものに集中すると他のものを見落としたり、ひとつの場所にじっとしていられなかったりします。その部分に焦点を当てて、VRでの診断サポートにまで落とし込んだこのアイデアは素晴らしいと言えるでしょう。

参考URL:TechCrunch

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


  1. […] VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。 飲食店でタバコを吸う喫煙者は、器物破損で現行犯逮捕すべき – […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

UDトークのイメージ

人工知能やテクノロジーは障害者の未来を作るか

Google翻訳やSiriは日本語の自然言語、口頭で話す日本語をかなり的確に認識します。これは聴覚障害者にも使える技術なのではないでしょうか。一方で、アメリカでは聴覚障害者が経営するピザ専門店が話題に …

data1

スマートフォンで音楽を聴く10代は約6割。定額音楽配信の利用は9.1%だが…

MMD研究所は「2017年3月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」結果を発表しました。スマートフォンでの音楽視聴は10代の約6割が毎日聴いている。また定額音楽配信サービスの利用は9.1%で、201 …

caa

メール、SMS、着信履歴で架空請求。050番号とギフトカードに消費者庁が注意喚起。

050番号をご存知でしょうか。今はIP電話で使われています。最近増えているのが、電話料金が安くかけられるアプリ。IP電話を利用して安い通話料金を実現しています。この050番号を悪用した架空請求が増えて …

eSight Glass

盲目の少年が初めて家族の姿を見た時「僕には大きな鼻があるよ!」

カナダ・セルカークにベニーというひとりの少年がいました。先天性黒内症と呼ばれる非常に珍しい病気で、シルエット以外のものは見えません。しかし彼は「eSight Glass」というプロダクトで初めて家族の …

touch

ChromeやSafariなどのモバイルブラウザで深刻な脆弱性が発覚。現在、対策ができない状況。

主要なモバイルブラウザ(インターネットを閲覧するアプリ)について、深刻な脆弱性が発見されました。それは70%程度の精度でパスコードが抜き取られてしまうもの。しかし、現状では、どのブラウザもこの脆弱性に …