激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

外出先から戸締りをチェック。2,000円から導入可能でLINE botが教えてくれる。

投稿日:

IoT市場が少しずつ盛り上がりを見せています。Amazon EchoやGoogle Homeなど、家でのアシスタントとして使うものが多い印象で、価格は20,000円程度とちょっと高め。そんな中、2,000円から導入可能なホームセキュリティ製品が発売されました。

スポンサーリンク

2,000円で家の戸締りをチェック

leafee出典:techcrunch

日本のStroboが販売を開始した「leafee mag」。この製品はBluetoothで接続可能なドアセンサーで、ドアや窓が閉まっているかどうかをペアリングしたスマートフォンで確認できます。ドアに貼り付けるだけで設置ができ、センサー部分が10mm以上離れていることで、「空いている」ことが確認できます。

面白い使い方として、エアコンのルーバーと本体に貼り付けることによって、エアコンの切り忘れもわかるという使い方があります。他にもアイデアによっては面白い使い方があるかもしれません。

外出先でもLINE botが教えてくれる

しかしこの製品だけでは家の中でしか確認ができませんでした。そこでStroboでは「leafee Premium」を2017年春から開始すると発表しました。このゲートウェイ機器を設置することで、外出先からでもリアルタイムで開閉を確認できるようになります。

最大の特徴はLINE botを友達登録して置くことで、窓やドアが開いた際、即座にLINEメッセージで知らせてくれる機能。利用料金は月額980円〜を想定しており、プランによって金額が変わる予定です。ゲートウェイ機器本体は「一万円を切るくらい」と発表されています。

今後の展開に期待

センサーを使ってBluetoothでスマートフォンと接続するというアイデアに新鮮味はありませんが、LINE botを使って通知というところが日本のプロダクトならでは。これから対応する機器が増えていき玄関の鍵が閉まっているか、ガスの元栓は閉まっているか、確認できるようになるとどんどん便利になっていくでしょう。

参考URL:techcrunch

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮想火星探査の様子

Vision VR/AR Summit 2017の受賞作が発表される。特にNASAの受賞作がすごい!

2017年のVision Summit 2017が発表され、「Best Of」アワードが発表されました。それはそれぞれの分野、ゲームや映画、エンターティメントなどのベストが発表されていますが、その中で …

国別シェア一覧

iPhoneって世界でどれくらい使われているの?日本ではどうなの?

2017年第一四半期のスマートフォン売り上げをベースとして、スマートフォンのシェアが発表されました。Kartarの調査によるものです。世界ではどのようなシェアになっているのか、日本ではどうなのか分析し …

004

とうとうGoogleがコーディネートを提案してくれる時代に!?「スタイルのアイデア」機能を使ってみた。

Googleの検索がまたパワーアップしました。AIを使って、ファッションのコーディネートを提案してくれるのです。これは「似ている商品」と「スタイルのアイデア」という機能が追加されて実現したもの。一体、 …

smart-smart

ソニーの新特許が判明。スマホ同士でバッテリーをシェアできる?

ソニーの「NFC」技術は現在多くの分野で活用されています。Suicaやおサイフケータイなどが有名ですね。そのNFC技術を拡張して、スマートフォンでスマートフォンを充電する。バッテリーを分けてあげられる …

kisslink

システムを利用した大量転売??新たな転売ビジネルにつながるクラウドファンディングの危険性。

ある大手メディアを閲覧していたところ便利そうな製品がクラウドファンディング中であることを知りました。どんな製品なのか詳細を調べてみると、少々おかしな点があるのです。製品としては既に海外で売っているもの …