激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

スマートフォンで音楽を聴く10代は約6割。定額音楽配信の利用は9.1%だが…

投稿日:

MMD研究所は「2017年3月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」結果を発表しました。スマートフォンでの音楽視聴は10代の約6割が毎日聴いている。また定額音楽配信サービスの利用は9.1%で、2015年から1.6ポイント増となっています。ここから10代の音楽市場について読み解いてみます。

スポンサーリンク

音楽視聴の調査結果

data1

スマートフォンで音楽を聴くことが一番多いのは10代で、57.7%が毎日聴いているとの調査結果です。
data2

年代に関わらず、どんなサービスで音楽を聴いているのか。これについては「Youtubeなどの動画サイト」が一番多く、60.9%。しかも、4.5ポイント増えています。他の視聴方法が減っていることに対して、定額制音楽配信サービスが、9.1%と1.6ポイント増えています。10代についてもこの割合と大差はなさそうです。

ここから読み取ると、定額音楽配信サービスが増えていて徐々に浸透はしてきています。しかし、Youtubeなどの動画サイトの増加の方が多いという事実は、「音楽にお金を払わない10代」という像が浮かび上がっていると思われます。

定額音楽配信サービスの内訳

data3

定額音楽サービスの利用状況です。Amazon Prime Musicがトップ、2位がApple Musicです。このAmazonの定額音楽配信ですが、イメージとしては「Amazon Prime」のおまけといったサービス。楽曲がそれほど揃っていないのが現状です。さほど積極的な層でないと思われます。

ここからは想定になりますが、10代の割合もこれと大差がないとすると、音楽配信サービスの利用は、それほど増えていないことが想定できます。

無料で音楽を聴く世代

このデータから、10代はYoutubeなどの動画サイトで音楽を聴くことがほとんどと言っていいのではないでしょうか。Youtubeでは広告収入がアーティストに流れるように仕組みが出来上がっていますので、ことさら問題にする必要はありません。ゲームに加えて音楽も、基本無料の時代になったということでしょう。筆者としては少し寂しい思いがします。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次世代通信「5G」の実用例を紹介。エリクソンが遠隔運転や遠隔手術など。

現在、ほとんどの方が使っている通信は「4G-LTE」ですね。3年後にはその次世代のモバイル通信規格「5G(5th Generation)」通信が開始されます。より高速に、より低遅延に。いったいどのよう …

flipflap

マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

玄関のドアに猫用の入り口を付ける。そういう家があると思います。この「SureFlap」はマイクロチップの首輪をつけることによって、自分のペットを認識、ペットが出入りしたいときだけ鍵が開きます。今後はI …

MIMO

5G世代通信の要素技術「Massive MIMO」。既存スマホがそのまま高速に?

Massive MIMO(マッシブ マイモ)とは、次世代の第5世代通信の要素技術です。MIMOとは複数のアンテナを束ねて通信速度を上げる技術。これを拡大して、大規模にアンテナを束ねます。現在、128本 …

タトゥー再生画像

再生できるタトゥー!?音楽や声の波形を彫る「Soundwave Tattoos」

外国の方には浸透しているタトゥー文化。ご紹介するタトゥーは「再生できる」タトゥーです。音は波形に変換することができます。iPhoneなどで音声を録音した際に表示される波形を見たことがないでしょうか。そ …

有機ELパネル

次期iPhoneに搭載されるという有機ELディスプレイ。このことで世界から注目される日本企業とは?

多くのメディアで、次期iPhoneの噂が報道され注目が高まっています。次期iPhoneには有機ELディスプレイが搭載され、サムソンへそのほとんどが発注されたと報じられています。そんな有機ELディスプレ …