スマートフォンで音楽を聴く10代は約6割。定額音楽配信の利用は9.1%だが…

Technology

スマートフォンで音楽を聴く10代は約6割。定額音楽配信の利用は9.1%だが…

投稿日: コメント (0)


MMD研究所は「2017年3月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」結果を発表しました。スマートフォンでの音楽視聴は10代の約6割が毎日聴いている。また定額音楽配信サービスの利用は9.1%で、2015年から1.6ポイント増となっています。ここから10代の音楽市場について読み解いてみます。

スポンサーリンク

音楽視聴の調査結果

data1

スマートフォンで音楽を聴くことが一番多いのは10代で、57.7%が毎日聴いているとの調査結果です。
data2

年代に関わらず、どんなサービスで音楽を聴いているのか。これについては「Youtubeなどの動画サイト」が一番多く、60.9%。しかも、4.5ポイント増えています。他の視聴方法が減っていることに対して、定額制音楽配信サービスが、9.1%と1.6ポイント増えています。10代についてもこの割合と大差はなさそうです。

ここから読み取ると、定額音楽配信サービスが増えていて徐々に浸透はしてきています。しかし、Youtubeなどの動画サイトの増加の方が多いという事実は、「音楽にお金を払わない10代」という像が浮かび上がっていると思われます。

定額音楽配信サービスの内訳

data3

定額音楽サービスの利用状況です。Amazon Prime Musicがトップ、2位がApple Musicです。このAmazonの定額音楽配信ですが、イメージとしては「Amazon Prime」のおまけといったサービス。楽曲がそれほど揃っていないのが現状です。さほど積極的な層でないと思われます。

ここからは想定になりますが、10代の割合もこれと大差がないとすると、音楽配信サービスの利用は、それほど増えていないことが想定できます。

無料で音楽を聴く世代

このデータから、10代はYoutubeなどの動画サイトで音楽を聴くことがほとんどと言っていいのではないでしょうか。Youtubeでは広告収入がアーティストに流れるように仕組みが出来上がっていますので、ことさら問題にする必要はありません。ゲームに加えて音楽も、基本無料の時代になったということでしょう。筆者としては少し寂しい思いがします。

-Technology -, ,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加