激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

中学生の過半数、高校生の9割がスマホ。保護者の考えとのギャップが明らかに。

投稿日:

明光ネットワークジャパンは「明光義塾」で保護者へ子供のスマートフォン所持について調査を実施しました。593名からの有効回答で、スマートフォン所持の実態を報告しています。その結果、保護者の考えと実際に持たせる時期とにギャップがあることがわかりました。

スポンサーリンク

スマートフォン所持の実態

data1

出典:明光ネットワークジャパン

スマートフォンを子供に持たせているかいるかのアンケート結果です。中学生53.5%と半数以上、高校生は91.5%と9割以上がスマートフォンを所持していることがわかります。別項目でLINEなどのメッセンジャーアプリをインストールしているのは85.3%。かなりの割合になります。

いつからスマートフォンを持たせるのが適当か

data2

出典:明光ネットワークジャパン

一方、スマートフォンをいつから持たせるのが適当か、アンケートをとったところ、高校生以上が約65%を占めています。実際には中学生から持たせている親が半数以上となるため、そこにギャップがあります。
data3

出典:明光ネットワークジャパン

スマートフォンを持たせた理由としては、「子供の友達の多くが持っているため」が39.2%と多く、複数回答であることを考慮すると、保護者との意識のギャップがここにありそうです。

何らかの保護処置が必要と考えられる

よく聞くのはLINEいじめなどスマートフォンの負の影響です。常にLINEを見ておかないといけないという話をよく聞きます。他に「勝手に操作されてゲームに課金された」などという想像できないような被害にあった子供もいました。

もちろん保護者との連絡に必要なものでもありますので、いかに親が子供のスマートフォンを管理するか、保護者側に責任があるのではないでしょうか。アプリの利用制限など、適切な管理ができるよう保護者側の知識が求められる時代になっていると思われます。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

004

とうとうGoogleがコーディネートを提案してくれる時代に!?「スタイルのアイデア」機能を使ってみた。

Googleの検索がまたパワーアップしました。AIを使って、ファッションのコーディネートを提案してくれるのです。これは「似ている商品」と「スタイルのアイデア」という機能が追加されて実現したもの。一体、 …

miru-touch

SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

Google Cardboardなど段ボール製の簡易VRゴーグルは以前よりありましたが、この「みるボックス タッチ」はゴーグルのサイドをタッチ操作できるのが最大の特徴。オリジナルコンテンツやGoogl …

smart-smart

ソニーの新特許が判明。スマホ同士でバッテリーをシェアできる?

ソニーの「NFC」技術は現在多くの分野で活用されています。Suicaやおサイフケータイなどが有名ですね。そのNFC技術を拡張して、スマートフォンでスマートフォンを充電する。バッテリーを分けてあげられる …

車載HUDの使用画面

499ドルの車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)が便利。けれど、これで充分ではないですか?

「Navdy」という車載HUDが便利とのこと。HUDとは車のフロントガラスに時速やナビを表示することによって、視線移動を少なくしたまま情報を見ることができるというもの。しかし、499ドル?上海問屋なら …

iosandroid

スマートフォンの外部スクリーン。スマホを独自技術でタブレットにする「Superscreen」

iPhoneとiPadの二台持ち。外ではiPhone、家ではiPadで便利なのですが、両方を維持していくのは少したいへん。第4世代iPadがiOS11を使えない可能性があります。Androidタブレッ …