Excelの未来!?VRでデータを可視化する「Virtualitics」

Technology

Excelの未来!?VRでデータを可視化する「Virtualitics」

投稿日: コメント (0)


「データに没入する」とのキャッチコピーのついた「Virtualitics」はVR版Excelとでも呼べそうなソリューションです。Excelは代表的な表計算ソフト。比較的簡単なデータであればグラフを駆使して分析できるでしょう。しかしビッグデータと叫ばれる時代にはこれが必要かもしれません。

スポンサーリンク

データを視覚的に分析する

virtualitics画面イメージ

このソリューションは「ビッグデータ解析VRアプリケーション」。画像にあるようにヘッドマウントディスプレイを装着し、マッピングされたデータを3次元で視覚的にとらえることができます。デモ動画をみていただくと、そのパワフルな解析方法がわかっていただけると思います。

デモの最初で男性はExcelのような表計算ソフトを使い、X軸とY軸の組み合わせをいろいろと試すことで相関関係を見つけようとしているようです。それがこのソリューションを使うと同僚と話しながら、X軸とY軸に加え、Z軸を入れ替えて分析を行っています。

さらにVR空間上で見る角度まで変えることができるので、思いもよらなかったような切り口がデータに現れるかもしれません。ビッグデータを扱う場合、このような視覚的分析は強力な味方になってくれそうです。

未来のExcelとなるか

未来のExcelはこうなる!?とは言いにくいでしょう。2次元で十分な表計算は存在し続けます。これからもExcelはExcelとしてあるでしょう。3Dオブジェクトとしてのグラフ機能は追加されるかもしれません。既にPowerpointでは3Dオブジェクトを扱えるようになっています。

それよりも、データを視覚的にとらえるこの分析方法は有効かもしれません。公式サイトでは、従来のソフトウェアで必要だった時間を大幅に短縮するとうたっています。何度もグラフを書き換えて分析するより、手でグラフを直接操作して分析する。大きな可能性を感じるソリューションです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

空間認識

日本でドローンを使うならHoloLensが最適かもしれない

VRとドローンを組み合わせて、まるでドローンに搭乗したかのような操作ができます。もしかしたら、広い場所でこのような楽しみ方をしているユーザーを見たことがあるかもしれません。しかし、この方法、日本では航 …

ウェラブル端末の操作はどうすればいいのか?

iPhone Xが好調な売り上げをみせています。iPhone発売から10年。しかし、わたしたちはいつまで「板を手で持って指でタップする」という前時代的な操作をし続けるのでしょうか。来るべきウェラブルデ …

Google Chrome、リダイレクトやポップアップブロックの機能を強化へ

米国のGoogleは現地時間の11月8日、Google Chromeの「バージョン64」にて意図せず違うページに飛ばされてしまうリダイレクトをブロックする機能を追加する事を発表しました。 スポンサーリ …

Nokia Pad

ふとんの下に置くパッド型睡眠トラッカー「Nokia Sleep」

CES2018において、Nokiaはパッド型の睡眠トラッカー「Nokia Sleep」を発表しました。これはマットレスやふとんの下に滑り込ませる形で置く、パッド型との睡眠トラッカーになっており、時計型 …

Electron Wheel

自転車に向けて「OK, Google」と呼びかける時代!?

普通の自転車の前輪に取り付けるだけで、電動アシスト自転車にしてしまう「Electon Wheel」。この将来的なバージョンがGoogleと共同して開発されています。自転車にまたがったら「OK, Goo …