Vision VR/AR Summit 2017の受賞作が発表される。特にNASAの受賞作がすごい!

Technology

Vision VR/AR Summit 2017の受賞作が発表される。特にNASAの受賞作がすごい!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

2017年のVision Summit 2017が発表され、「Best Of」アワードが発表されました。それはそれぞれの分野、ゲームや映画、エンターティメントなどのベストが発表されていますが、その中でも「Best AR Exprience」を獲得したNASA JPLの技術に驚かされましたのでお伝えします。

スポンサーリンク

ProtoSpace by NASA JPL

NASAのJet Propulsion Laboratoryでは、特にMR(複合現実)での火星探査機開発に力を入れていて、その実績が受賞対象となりました。例えばこのように、火星に仮想の調査機を置くとどのように動作するのか、シミュレーションしています。

仮想火星探査の様子

具体的な受賞内容は「ProtoSpace」というソフトウェア。火星探査機を開発するにあたって、仮想の探査機をMicrosoftのHoloLensで研究室に登場させ、詳細な部品まで組み立てた状態を見ることができます。実際の様子を動画でご覧ください。

複合現実への期待

エンターテイメントが中心のVRも素晴らしいものですが、このような技術的な分野に向いたMRも注目されています。建築物の外観であれば詳細な模型を作成して検討されるところを、MRならデータから仮想の模型を表示できます。今はNASAの技術力が必要ですが、ゆくゆくはプロジェクトの会議がSFのようにホログラムボードで行われると思うとワクワクしませんか?

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, , , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

  1. […] VRはどちらかというと、エンターテイメントに向いているでしょう。ゲームや映像にどっぷりと浸かる没入体験ができるからです。一方でMRは実務に向いているでしょう。実際にNASAなどではMRを使って火星探査機を設計するなど、実務に使われ始めています。自分たちのオフィスにも欲しいところ…ホログラムのホワイトボードとか…。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

有機ELパネル

次期iPhoneに搭載されるという有機ELディスプレイ。このことで世界から注目される日本企業とは?

多くのメディアで、次期iPhoneの噂が報道され注目が高まっています。次期iPhoneには有機ELディスプレイが搭載され、サムソンへそのほとんどが発注されたと報じられています。そんな有機ELディスプレ …

Desktopographyの操作画面

iPhone登場から10年。次の10年でiPhoneをなくす技術。

今年はiPhoneがリリースされてから10年目の年です。手のひらにスーパーコンピューターほどの性能を持ったスマートフォンがある現在。しかし、次の10年はどうでしょうか。自らスマートと名乗るこの板が残っ …

これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

iOS11の「ARKit」で一気に注目を浴びるようになった「AR(拡張現実)」。Googleも対抗する技術として「ARCore」を発表しています。一方のマイクロソフトは「Windows MR」として、 …

対応する機能

通話できる指輪「ORII」登場!骨伝導でクリアな通話を実現。

果たして、スマートウォッチで通話をするのはスマートなのか?そういう意味ではこの「ORII」はスマートだと言えるでしょう。指輪型のデバイスで通話を実現します。人差し指にはめると、音声の振動が指に伝わり、 …

LAB

サイコキネシスで人を助けるヒーローゲーム!?VRと「頭脳」で操作するゲームがすごい。

ベラルーシのゲーム会社「4 I LAB」がVRとニューラルインターフェイス(脳の活動を検知するシステム)を組み合わせるというかつてないアイデアのゲームを作り出しました。これはVRハッカソンで制限時間内 …