Vision VR/AR Summit 2017の受賞作が発表される。特にNASAの受賞作がすごい!

Technology

Vision VR/AR Summit 2017の受賞作が発表される。特にNASAの受賞作がすごい!

投稿日:

2017年のVision Summit 2017が発表され、「Best Of」アワードが発表されました。それはそれぞれの分野、ゲームや映画、エンターティメントなどのベストが発表されていますが、その中でも「Best AR Exprience」を獲得したNASA JPLの技術に驚かされましたのでお伝えします。

スポンサーリンク

ProtoSpace by NASA JPL

NASAのJet Propulsion Laboratoryでは、特にMR(複合現実)での火星探査機開発に力を入れていて、その実績が受賞対象となりました。例えばこのように、火星に仮想の調査機を置くとどのように動作するのか、シミュレーションしています。

仮想火星探査の様子

具体的な受賞内容は「ProtoSpace」というソフトウェア。火星探査機を開発するにあたって、仮想の探査機をMicrosoftのHoloLensで研究室に登場させ、詳細な部品まで組み立てた状態を見ることができます。実際の様子を動画でご覧ください。

複合現実への期待

エンターテイメントが中心のVRも素晴らしいものですが、このような技術的な分野に向いたMRも注目されています。建築物の外観であれば詳細な模型を作成して検討されるところを、MRならデータから仮想の模型を表示できます。今はNASAの技術力が必要ですが、ゆくゆくはプロジェクトの会議がSFのようにホログラムボードで行われると思うとワクワクしませんか?

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, , , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

  1. […] VRはどちらかというと、エンターテイメントに向いているでしょう。ゲームや映像にどっぷりと浸かる没入体験ができるからです。一方でMRは実務に向いているでしょう。実際にNASAなどではMRを使って火星探査機を設計するなど、実務に使われ始めています。自分たちのオフィスにも欲しいところ…ホログラムのホワイトボードとか…。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kisslink

システムを利用した大量転売??新たな転売ビジネルにつながるクラウドファンディングの危険性。

ある大手メディアを閲覧していたところ便利そうな製品がクラウドファンディング中であることを知りました。どんな製品なのか詳細を調べてみると、少々おかしな点があるのです。製品としては既に海外で売っているもの …

UDトークのイメージ

人工知能やテクノロジーは障害者の未来を作るか

Google翻訳やSiriは日本語の自然言語、口頭で話す日本語をかなり的確に認識します。これは聴覚障害者にも使える技術なのではないでしょうか。一方で、アメリカでは聴覚障害者が経営するピザ専門店が話題に …

reVIVEの使用中画像

VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。

Disrupt NY 2017において高校2年生3人からなるチームで作られた「reVIVE」。ADHD(注意欠陥・多動性障害)をVRで診断するシステムです。通常6〜9ヶ月かかる診断を簡単にする方法を見 …

バッテリーレス携帯

将来のケータイはバッテリー不要?バッテリーレスで通話できる携帯電話。

ワシントン大学の研究所はバッテリーが不要な携帯電話の開発に成功しました。充電器もコードも必要なく、バッテリーの代わりに周囲の微弱な無線信号や光を電源として動作します。 スポンサーリンク 試作品の動作に …

iosandroid

スマートフォンの外部スクリーン。スマホを独自技術でタブレットにする「Superscreen」

iPhoneとiPadの二台持ち。外ではiPhone、家ではiPadで便利なのですが、両方を維持していくのは少したいへん。第4世代iPadがiOS11を使えない可能性があります。Androidタブレッ …