激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

サイコキネシスで人を助けるヒーローゲーム!?VRと「頭脳」で操作するゲームがすごい。

投稿日:

ベラルーシのゲーム会社「4 I LAB」がVRとニューラルインターフェイス(脳の活動を検知するシステム)を組み合わせるというかつてないアイデアのゲームを作り出しました。これはVRハッカソンで制限時間内に作られたものですが、その手応えから作品になる可能性があります。

スポンサーリンク

The X-Power project

interface

これが製作中の様子。ひたいにニューラルインターフェイスをつけて開発しています。このインターフェイスでは着用者が集中しているか、リラックスしているかがわかります。30時間以内にVRゲームを開発するというハッカソン(ハッキングマラソン)になっています。

game

これがゲームの一場面。矢印のところに人が浮いています。そこへ薄い青で「サイコキネシス」が飛んでいます。人に集中すると、助けたい人をつかむことができ、視線移動で移動させ、集中を解くと人を離すことができます。

実際のプレイ動画をみると、時には失敗したり、いいバランスが考えられているようです。

「4 I LAB」の新規性

LAB

このゲームは、脳でコントロールするコンセプトが可能かどうかを確かめるために作成されました。結果として、このVRとニューラルインターフェイスの親和性に満足していて、このコンセプトのゲームを作ることに前向きです。

ゆくゆくは、通常のコントローラーを使うことができないユーザー、四肢の麻痺などを持つユーザーも含めて、あらゆるユーザーにゲームを楽しんでもらうことを目標にしています。

4 I LAB」は2017年に「酔っ払っていないとゾンビになってしまう世界でゾンビを倒す」というゲームでベストVRゲーム賞を受賞するなど、発想が面白い会社。今後の展開に期待しましょう。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MIMO

5G世代通信の要素技術「Massive MIMO」。既存スマホがそのまま高速に?

Massive MIMO(マッシブ マイモ)とは、次世代の第5世代通信の要素技術です。MIMOとは複数のアンテナを束ねて通信速度を上げる技術。これを拡大して、大規模にアンテナを束ねます。現在、128本 …

有機ELパネル

次期iPhoneに搭載されるという有機ELディスプレイ。このことで世界から注目される日本企業とは?

多くのメディアで、次期iPhoneの噂が報道され注目が高まっています。次期iPhoneには有機ELディスプレイが搭載され、サムソンへそのほとんどが発注されたと報じられています。そんな有機ELディスプレ …

Windows MRヘッドセットが399ドル!しかし、外見はVRゴーグルなのにMR??

マイクロソフトは以前より予告していたWindows Mixed Reality用ヘッドセットの開発者向けモデルの予約を開始しました。価格はAcer版が299ドル、HP版が329ドルと安価になっています …

cat tracking

なぜって?そこに猫がいるから!VR世界に現実世界の猫を出現させたプロジェクト。

先日、VR機器「HTC Vive」の新製品として、「Vive Tracker」が発表されました。これは現実世界にあるものをVR画面に再現するトラッカーなのですが、このプロダクトを使ってVR世界に現実世 …

UDトークのイメージ

人工知能やテクノロジーは障害者の未来を作るか

Google翻訳やSiriは日本語の自然言語、口頭で話す日本語をかなり的確に認識します。これは聴覚障害者にも使える技術なのではないでしょうか。一方で、アメリカでは聴覚障害者が経営するピザ専門店が話題に …