サイコキネシスで人を助けるヒーローゲーム!?VRと「頭脳」で操作するゲームがすごい。

Technology

サイコキネシスで人を助けるヒーローゲーム!?VRと「頭脳」で操作するゲームがすごい。

投稿日: コメント (0)


ベラルーシのゲーム会社「4 I LAB」がVRとニューラルインターフェイス(脳の活動を検知するシステム)を組み合わせるというかつてないアイデアのゲームを作り出しました。これはVRハッカソンで制限時間内に作られたものですが、その手応えから作品になる可能性があります。

スポンサーリンク

The X-Power project

interface

これが製作中の様子。ひたいにニューラルインターフェイスをつけて開発しています。このインターフェイスでは着用者が集中しているか、リラックスしているかがわかります。30時間以内にVRゲームを開発するというハッカソン(ハッキングマラソン)になっています。

game

これがゲームの一場面。矢印のところに人が浮いています。そこへ薄い青で「サイコキネシス」が飛んでいます。人に集中すると、助けたい人をつかむことができ、視線移動で移動させ、集中を解くと人を離すことができます。

実際のプレイ動画をみると、時には失敗したり、いいバランスが考えられているようです。

「4 I LAB」の新規性

LAB

このゲームは、脳でコントロールするコンセプトが可能かどうかを確かめるために作成されました。結果として、このVRとニューラルインターフェイスの親和性に満足していて、このコンセプトのゲームを作ることに前向きです。

ゆくゆくは、通常のコントローラーを使うことができないユーザー、四肢の麻痺などを持つユーザーも含めて、あらゆるユーザーにゲームを楽しんでもらうことを目標にしています。

4 I LAB」は2017年に「酔っ払っていないとゾンビになってしまう世界でゾンビを倒す」というゲームでベストVRゲーム賞を受賞するなど、発想が面白い会社。今後の展開に期待しましょう。

-Technology -, ,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加