激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

障害者と手助けをしたい人をつなぐ「&HAND」。手助けしたいけどどうしよう?

投稿日:

アンドハンドは6月15日から障害者と健常者を「LINE Beacon」でつなぎ、チャットボットでサポートする「&HAND(アンドハンド)」の事業化を進めると発表しました。これはLINEが3月に開催したチャットボットのアワード「LINE BOT AWARDS」でグランプリを受賞したプロジェクトでした。

スポンサーリンク

「&HAND」の仕組み

&HAND利用シーン

開発が進められている&HANDの仕組みはこのようになっています。聴覚障害者や視覚障害者、その他目に見えない障害を抱えている人が「LINE Beacon」に対応する端末を携帯して、手助けが必要な状況になると、BeaconをONにします。

すると周辺にいる&HANDを友だち登録しているユーザーにメッセージが届き、サポートの必要性が伝えられます。この登録ユーザーを「サポーター」と呼んでいます。例えば、視覚障害者が持っている白杖や、ヘルプマークをLINE Beacon端末にすることが考えられています。

障害者であっても、助けを必要としているかどうかはわからないものです。手助けをしたいと思っても具体的に何をすればいいのか、そもそも困っているのか、そのあたりのギャップを繋ぐサービス。そして&HANDアカウントを通して具体的にどうして欲しいのか、やりとりできるようになっています。

事業化の意味

この仕組みは、サークショップデザイナー、グラフィックデザイナー、UIデザイナー、エンジンニアなどのメンバーで構成されているプロジェクトでしたが、それぞれ別の会社で働くメンバーが有志で集まったものでした。

これが今回事業化されるということは、アイデアにとどまらず実現に向けて動き出したということになります。事業化に当たっては、LINE、大日本印刷、東京メトロと連携して進められ、2017年内に実証実験を実施する予定になっています。

他の分野への展開も

LINEの&HANDアカウントのタイムラインを通して、サポーターのために育成支援の情報を流すことも考えられています。また、同様の仕組みを使って外国人観光客への観光サポートなども検討されているとのこと。

仕組みとしてはシンプルですが、「助けてほしい」と「助けたい」をつなぐアイデアは素晴らしいものだと思います。「助けたいけれど失礼にあたらないだろうか」と躊躇してしまうジレンマも解消できるでしょう。今後の具体的な展開を期待したいところです。

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

車載HUDの使用画面

499ドルの車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)が便利。けれど、これで充分ではないですか?

「Navdy」という車載HUDが便利とのこと。HUDとは車のフロントガラスに時速やナビを表示することによって、視線移動を少なくしたまま情報を見ることができるというもの。しかし、499ドル?上海問屋なら …

leaf

外出先から戸締りをチェック。2,000円から導入可能でLINE botが教えてくれる。

IoT市場が少しずつ盛り上がりを見せています。Amazon EchoやGoogle Homeなど、家でのアシスタントとして使うものが多い印象で、価格は20,000円程度とちょっと高め。そんな中、2,0 …

translator

最大100人まで同時翻訳できる。Microsoftの音声リアルタイム翻訳の可能性。

マイクロソフトは「Microsoft Translator」と「Skype」において、ニューラルネットワーク(AI)を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳を提供開始しています。これまでは機械的な翻訳で …

Electified Xの外観

電動アシストに見えないロードバイク「Electrified X」が、盗難対策まですごい!

斬新なデザインで注目を浴びているオランダの自転車ブランドVanMoofが日本向けにカスタマイズされた電動アシストロードバイク「Electrified X」を発表しました。洗練されたデザインも素晴らしい …

国別シェア一覧

iPhoneって世界でどれくらい使われているの?日本ではどうなの?

2017年第一四半期のスマートフォン売り上げをベースとして、スマートフォンのシェアが発表されました。Kartarの調査によるものです。世界ではどのようなシェアになっているのか、日本ではどうなのか分析し …