日本上陸した「Kickstarter」の今をみてみる

Technology

日本上陸した「Kickstarter」の今をみてみる

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

2017年9月17日クラウドファンディングの先駆け「Kickstarter」が日本版のKickstarterを正式に開始したと発表しました。URLは「https://www.kickstarter.com/」どこからのアクセスなのか判断して、日本語で表示されます。

スポンサーリンク

クラウドファンディングの魅力

クラウドファンディングとは何か、という話になると単純化されてしまうのですが、この記事を読んでおられる方々は、「プロダクトの新規性」を求めているのではないでしょうか。「こんなモノを作りたい」というアイデアを支援する。それがクラウドファンディング。

しかしこれまで日本にあったクラウドファンディングは、それとは少し異なっていたように思います。どちらかというと既に出来上がっているプロダクトのマーケティングのために使われる。果ては、Kickstarterのプロダクト輸入のために使われる事例もありました。

日本版Kickstarterはどのようになっているのか、みてみたいと思います。

Blind Engine

Blind Engine

Blind Engine」はとても簡単な仕組みのガジェット。普通のブラインドを電動にしてしまうプロダクトです。発想はとても簡単になっていてモーターで回す。しかし、そのアイデアが素晴らしいと感じます。

もちろん、現代のプロダクトですので、Wi-Fiでスマートフォンと連携し、遠隔でブラインドを上げ下げできます。Amazon Echo、Google Home、Apple Homepadに対応していて、ボイスコントロールも可能です。興味深いのが、自分のいる場所によるコントロール。家を出るときには自動で閉まる設定が考えられるでしょう。

このようなシンプルで新規性のあるプロダクトは、日本のクラウドファンディングであまり見たことがありません。日本版ですので、発送は世界各国と明記されています。個人輸入の必要はないということです。決済はドルになりますが、クレジットカードなどで可能でしょう。

Rev-O-mate

Rev-O-mate

モバイルとは関係なくなりますが、どうしても紹介しておきたいのがこの「Rev-O-mate」ダイアルと10個のボタンがついたガジェットで、PhotoshopやClipStudio、SAIなどの「拡大・縮小」「回転」「ブラシサイズの変更」が直感的にできるようになります。

動作の様子

欲しい…。最近は画像処理をあまりしなくなってしまったので、筆者には必要ないのですが、このワクワクするガジェットはそれでも欲しくなります。開発したのは現役イラストレーターのJACOさん。日本人です。しかし、世界に発信するとなればKickstarterは素晴らしいプラットフォームでしょう。

日本という壁

日本にはどうしても「壁」のようなものがあります。「電波法」などの法律的な壁はもちろんですが、英語でやりとりしないといけない壁が大きいでしょう。その障壁を下げてくれる日本版Kickstarter。これからどんなアイデアが出てくるのか、期待してウォッチしていきます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kisslink

システムを利用した大量転売??新たな転売ビジネルにつながるクラウドファンディングの危険性。

ある大手メディアを閲覧していたところ便利そうな製品がクラウドファンディング中であることを知りました。どんな製品なのか詳細を調べてみると、少々おかしな点があるのです。製品としては既に海外で売っているもの …

対応する機能

通話できる指輪「ORII」登場!骨伝導でクリアな通話を実現。

果たして、スマートウォッチで通話をするのはスマートなのか?そういう意味ではこの「ORII」はスマートだと言えるでしょう。指輪型のデバイスで通話を実現します。人差し指にはめると、音声の振動が指に伝わり、 …

X Glass

「Google Glass」が復活!?2年の沈黙に何があったのか。

Google Glassが発表されたのは2012年のこと。当時は大きな話題となり、プライバシーの問題が心配されるほどの注目を浴びましたが、一般に発売されることはなくExplorerプログラムの終了が2 …

PI

スマートフォンをノートPCにする「Mirabook」。発想としては新しくないが、その特徴は?

スマートフォンをノートPCとして使いたい。そう思うユーザーは多いでしょう。この「Mirabook」もそのような製品です。INDIEGOGOで出資を募集していて、140%の資金を獲得。製品化されることは …

Excelの未来!?VRでデータを可視化する「Virtualitics」

「データに没入する」とのキャッチコピーのついた「Virtualitics」はVR版Excelとでも呼べそうなソリューションです。Excelは代表的な表計算ソフト。比較的簡単なデータであればグラフを駆使 …