激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

話題になっているけど今さら聞けない「RAM」と「ROM」って??

投稿日:

こちらでもスペックの紹介にRAMが3GBなどと、メモリの量をお伝えしています。最近のパソコンには32GBのRAMが搭載されることもあり、一方のスマホには32GBのROMが搭載されたりしています。その区別がつかないとネットで話題になっていますので、簡単に説明してみます。

スポンサーリンク

まずはRAMって?

スマホの基盤

出典:dinil.com

RAMとは「Random Access Memory」の略。細かな説明は省きますが、特徴としては「読み出し・書き込みが速い」「電源を切るとデータが消えてしまう」というメモリです。上の画像は古いiPhoneの基盤ですが、「A4」と書かれているプロセッサがデータに直接アクセスします。

プロセッサとデータのやり取りは速いほど、サクサク動作しますので、RAMが用いられます。これがたいていのスマホでは2GB〜3GBほど用意されています。この数字が大きければ、複数のアプリを使っても余裕がありますので、サクサク動作することができます。(語弊があることはご承知おきください)

次にROMとは?

ROMとは「Read Only Memory」の略です。読み出し専用となっているのは、昔そのようなメモリしかなかったからです。今ではSSDという書き込みができるものになっていますが、慣用としてこの名前が使われています。

特徴としては「書き込み・読み込みが比較的遅い」「電源を切ってもデータが消えない」が挙げられます。アプリをインストールして電源を切るとアプリが消えるということでは困りますので、アプリはROMにインストールされます。動画や写真も同様にここへ保存されます。ストレージが32GBなどと表記されたりもしますが、数字が大きければより多くのデータが保存できます。

プロセッサとRAMとROM

これらを組み合わせてアプリの動作はこのように行われます。まずアプリをタップして起動すると、ROMからデータがRAMに読み込まれます。RAMに読み込まれたデータは高速でプロセッサから
アクセスされてアプリを動作させます。

このRAMとROMはどんどんと大容量のものが要求されています。大きなメモリが必要なアプリが増えてきたためです。これからも増えていくことでしょう。数字が大きければいいのですが、そうなると当然高額なスマホになります。他の機種と比べてみて、バランスの良い大きさを選んでいきたいところです。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

かめはめ波

かめはめ波が撃てる…だと?ゲームリリースに加え、VR体験施設でワクワクすっぞ!!

「HTC Vive」で「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」がリリースされると海外で話題になっています。日本ではドラゴンボールを含め、マリオカートや攻殻機動隊のVRゲームを体験できる施設「VR ZON …

leaf

外出先から戸締りをチェック。2,000円から導入可能でLINE botが教えてくれる。

IoT市場が少しずつ盛り上がりを見せています。Amazon EchoやGoogle Homeなど、家でのアシスタントとして使うものが多い印象で、価格は20,000円程度とちょっと高め。そんな中、2,0 …

touch

ChromeやSafariなどのモバイルブラウザで深刻な脆弱性が発覚。現在、対策ができない状況。

主要なモバイルブラウザ(インターネットを閲覧するアプリ)について、深刻な脆弱性が発見されました。それは70%程度の精度でパスコードが抜き取られてしまうもの。しかし、現状では、どのブラウザもこの脆弱性に …

AIとARの融合「Google Lens」が発表。カメラに映ったものをその場で教えてくれる!

Googleの開発者向けイベント「Google I/O」でAIを活用したAR検索機能「Google Lens」が発表されました。カメラで映したものを認識し、それが何かを教えてくれたり、その情報を教えて …

translator

最大100人まで同時翻訳できる。Microsoftの音声リアルタイム翻訳の可能性。

マイクロソフトは「Microsoft Translator」と「Skype」において、ニューラルネットワーク(AI)を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳を提供開始しています。これまでは機械的な翻訳で …