10月17日は「Windows MR」の日!いったい何が起こるのか

Technology

10月17日は「Windows MR」の日!いったい何が起こるのか

投稿日: コメント (0)


10月17日にはAcerから一般向けのWindows MRヘッドセットが発売される日です。しかし、この製品が発売されることが、この日を特別にするわけではありません。いったい何の日なのか、お伝えいたします。

スポンサーリンク

Windows 10 Fall Creators Update

10月17日はWindows 10の大型アップデート、「Fall Creators Update」が全世界に公開されます。このアップデートには、グラフィックソフト、ゲームモード、その他機能拡充が大規模に行われますが、その中で一番注目を集めているのが「Windows Mixed Reality」です。

つまり、WindowsのOSレベルでVRやARをサポートするため、今までのようなハイスペックで高価なパソコンを用意する必要がなくなります。Windows MR対応PCのスペックはこのようになっています。

必要スペック

Mixed Reality Ultraスペックではゲーミング用のグラフィックカードが必要となり、その代わりとしてMRヘッドセットが90hzで動作するため低遅延で、グラフィックのクオリティも高くなります。

Mixed Realityスペックでは、求められるCPUも控えめで、グラフィックボードも安価なもので済みます。その代償としてMRヘッドセットの動作は60hzとなり、同時に起動できるアプリケーションが3つに制限されます。

同時にWindows MRヘッドセットが発売される

Acerヘッドセット

この「Fall Creators Update」と同日にAcerから「AH101」というコンシューマー向けのWindows MRヘッドセットが発売されます。これには独特の形をしたコントローラーがついていて、実勢価格は59,000円程度となっています。

コントローラー

アメリカのAmazonでは発表時と同じ399ドルで販売されていますので、日本独自の価格になっているものと思われます。予約は始まっていて、楽天などでは既に売り切れとなっています。

何ができるのか

今回のWindows MRヘッドセットには、前面にカメラがついていますが、これは装着したユーザーの位置を把握するためのもので、現実映像と仮装空間を混ぜるMixed Realityは実現されません。いわゆるVRヘッドセットとなります。

従来のWindowsアプリケーションが利用でき、仮想のオフィスでアプリを使ってみると、未来のオフィスが体験できるでしょう。例えば、ブラウザを使いながらWordを使うとこんな感じ。これはテストですので、もっと洗練されたオフィスになるでしょう。

そしてやはり注目されるのは「ゲーム」です。この日に合わせて多数のアプリを用意したとWindowsは発表しています。そして、今後は世界最大のゲームプラットフォーム「Steam」に対応することが発表されています。

これまでのVRシステムに比べて、かなり安価にVR環境が整いますので、Windows Mixed Realityはかなり期待できるプラットフォームと言えるでしょう。

-Technology -, ,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加