Windows MRヘッドセットが399ドル!外見はVRゴーグルなのにMR??

Technology

Windows MRヘッドセットが399ドル!外見はVRゴーグルなのにMR??

投稿日:2017年5月13日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

マイクロソフトは以前より予告していたWindows Mixed Reality用ヘッドセットの開発者向けモデルの予約を開始しました。価格はAcer版が299ドル、HP版が329ドルと安価になっています。しかし、見た感じはVRヘッドセットと変わりません。どこがMR(複合現実)なのでしょう。

スポンサーリンク

299ドルのMRヘッドセット

MRヘッドセット外観

出典:Engadget

これがAcer版のWIndows MRヘッドセットです。現在のところはVRゴーグルとして機能します。VR世界には「Cliff House」という部屋が用意されます。そこにデスクや壁があり、様々なアプリを起動することができます。

VR世界デスク1

ヘッドセットの左右には光学レンズが搭載されており、頭の動きがトラッキングされます。顔を動かせば隣の机にあるアプリを参照することができます。

VR世界デスク2

実際に動作しているところはマイクロソフトのデモ動画をご覧ください。

どこがMR(複合現実)なのか

マイクロソフト製のHoloLensは透明なメガネにホログラムを表示する形でMRを実現していました。

MR世界デスク

これを安価に実現するため、Acer版やHP版のMRヘッドセットは背景(というよりは現実世界)とVRオブジェクトを合成することになります。こうすることで、より安価にMRが実現できます。

しかし、その合成にかかるマシンパワーが必要になります。現時点で求められているPCのスペックは以下のようなものになります。

CPU:インテルは6コア以上のCore i7、AMDはRyzen 7 1700以上
GPU:NVIDIAはGeForce GTX 980か1060以上、AMDはRadeon RX 480以上
メインメモリ:16GB以上

ちょっと普通のユーザーには敷居の高いスペックです。しかしこれは開発者向けの製品。実際にアプリが出来上がってくる頃には、この程度のスペックのPCもある程度手頃な価格になってくるのではないでしょうか。

より実務的なMR

VRはどちらかというと、エンターテイメントに向いているでしょう。ゲームや映像にどっぷりと浸かる没入体験ができるからです。一方でMRは実務に向いているでしょう。実際にNASAなどではMRを使って火星探査機を設計するなど、実務に使われ始めています。自分たちのオフィスにも欲しいところ…ホログラムのホワイトボードとか…。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

  1. […] Windows MRヘッドセットが399ドル!しかし、外見はVRゴーグルなのにMR??マイクロソフトは以前より予告していたWindows Mixed Reality用ヘッドセットの開発者向けモデルの予約を開始しました。価格はAcer版が299ドル、HP版が329ドルと安価になっています。しかし、見た感じはVRヘッドセットと変わりません。どこがMR(複合現実)なのでしょう。 299ドルのMRヘッドセット 出典:Engadget これがAcer版のWIndows MRヘッドセットです。… […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

iOS11の「ARKit」で一気に注目を浴びるようになった「AR(拡張現実)」。Googleも対抗する技術として「ARCore」を発表しています。一方のマイクロソフトは「Windows MR」として、 …

かめはめ波

かめはめ波が撃てる…だと?ゲームリリースに加え、VR体験施設でワクワクすっぞ!!

「HTC Vive」で「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」がリリースされると海外で話題になっています。日本ではドラゴンボールを含め、マリオカートや攻殻機動隊のVRゲームを体験できる施設「VR ZON …

miru-touch

SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

Google Cardboardなど段ボール製の簡易VRゴーグルは以前よりありましたが、この「みるボックス タッチ」はゴーグルのサイドをタッチ操作できるのが最大の特徴。オリジナルコンテンツやGoogl …

遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

Kickstarterで登場し、すぐに目標金額に達した「Pebby」。スマートフォンから遠隔操作でボールを動かし、ペットと遊べるガジェットになっています。ボールにはカメラがついており、ペットの様子を確 …

ARメガネの仕組み

Microsoftが「ダサくない」ARメガネを発表。乱視の矯正もしてくれる!

Microsoftが現在のAR研究がどれくらい進んでいるのか、プロトタイプを作って発表しました。HoloLensは現在主流となっているゴーグル型ですが、このプロトタイプは「メガネ」の形をしています。か …