no-image

Amazonで売れているBluetoothヘッドホンを徹底評価!おすすめは?【2020年最新】

iPhoneではイヤホンジャックが廃止され、Bluetoothでイヤホンやヘッドホンを使うことが一般的になってきました。AmazonでもたくさんのBluetoothヘッドホンが発売されていますが、どれを買ったら良いのかわからないのではないでしょうか。ここではヘッドホンを実際に視聴しておすすめをご紹介していきます。

Bluetoothヘッドホンの評価方法

前回イヤホンの評価も行いましたが、全てのヘッドホンで同じ曲を聴いて音質を比較しています。よく聴かれるようなジャンルの音楽としてOfficial髭男dismの「Pretender」を使います。有名な曲なので知っている方も多いのではないでしょうか。

また筆者が音質を評価する時にはいつも当真伊都子さんの「Shorebird」という曲を使っています。静かなピアノ曲で低音から高音まで音の「解像度」がわかります。解像度というのはどれくらいピアノの鍵盤を叩いた音がリアルに表現できているか、解像しているのかという意味で使います。

流行のドンシャリサウンド「ATH-S200BT」

まず最初にご紹介するのはAmazonで売れているaudio-technicaの「ATH-S200BT」です。


低音:⭐️⭐️⭐️⭐️
音質:⭐️⭐️⭐️
おすすめ:⭐️⭐️⭐️

5,000円以下ということでヘッドホンとしては安い部類になります。それでAmazonでも売れているのでしょう。バンドサウンドを聴いてみるととにかく低音が強いです。バスドラムとベースがブンブン鳴ります。しかし全体のサウンドとしてはシャリシャリしたいわゆる「ドンシャリ」サウンドです。

ピアノの音もそれなりに解像度があります。値段相応といったところでしょう。とにかく低音が出るのでドンシャリサウンドがよいというならおすすめです。ドンシャリサウンドは音質が良いとされがちなので各メーカーもドンシャリを意識して作るようになっているのが現状です。

この値段でノイズキャンセリング!「JVC HA-S78BN」

次はAmazon Choiceにも選ばれているJVCの「HA-S78BN」です。


低音:⭐️⭐️⭐️
音質:⭐️⭐️⭐️
おすすめ:⭐️⭐️⭐️⭐️

このヘッドホンの最大の特徴はこの値段でノイズキャンセリングがついていること。周囲の雑音を小さくしてくれます。そして有線接続にも対応しているのでバッテリーが切れても聴くことができます。

バンドサウンドを聴いてみるとちょっとこもったような印象を受けましたが、高音が出過ぎることなく全体的なバランスが良いです。低音もちゃんと出ています。ピアノの音もちゃんと解像度があります。やはりこの値段でノイズキャンセリングがついているとちょっと苦しい感じがありますが、値段よりがんばっている印象です。もしノイズキャンセリングが欲しいなら買って損はないでしょう。

この値段でこの音質!「SONY MDR-ZX330BT」

次はこれもAmazon Choiceに選ばれているソニーの「MDR-ZX330BT」です。


低音:⭐️⭐️⭐️
音質:⭐️⭐️⭐️⭐️
おすすめ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

これはすごい。

この値段でこの音質は驚きました。ワンランク上1万円台のヘッドホンと比べても負けないくらいの音質。バンドサウンドは全体的なバランスがよく全ての楽器やボーカルが鮮やかに鳴ります。音楽を聴いていて楽しい気分になれるでしょう。

ピアノの音も低音から高音まできれいに解像します。目の前にピアノがあるような感覚というのは言い過ぎかもしれませんが、それくらいきれいな音がなります。この値段でこの音はさすがりSONYといったところ。絶対に、買って後悔しないと言い切れます。

圧倒的な高音質「BOSE NC700」

次は高級なヘッドホンを聴いてみます。これくらいの価格のヘッドホンで外せないのは、昔から定評があるBOSEのヘッドホンです。


低音:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
音質:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
おすすめ:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

このヘッドホンはBOSEの得意なノイズキャンセリングを11段階で設定できるのが特徴ですが、そんなことがかすんでしまうほど音が良いです。バンドサウンドはゆったりとリビングで聴いているような自然なフィーリングで鳴り、BOSEらしい締まった低音がグルーヴを余すところなく表現します。

ピアノの解像度についても圧倒的で、ピアノの鍵盤を押すタッチが見えるような感覚。ピアノの鍵盤を押すとハンマーが弦を叩いて音が出るわけですが、それが見えるような感覚で再現されます。BOSEの技術力はトップレベルだと感じさせるヘッドホンです。

Amazonで高評価の「SONY WH-1000XM3」

高級な価格帯で先ほど印象が良かったSONYのノイズキャンセリングヘッドホンを聴いてみます。


低音:⭐️⭐️⭐️⭐️
音質:⭐️⭐️⭐️⭐️
おすすめ:⭐️⭐️⭐️

良い音です。全体的に鮮やかなでバランスよく鳴ります。しかしBOSEのヘッドホンを聴いてしまうとちょっと鮮やかすぎるような、原色を使った絵のような感覚です。先ほど紹介した低価格のヘッドホンでは鮮やかさが良い結果となりましたが、このヘッドホンは鮮やかさが裏目に出ているのではないでしょうか。

高級なヘッドホンに求められるのは、原音をどれだけ忠実に再現できるかという要素が大きいと筆者は思っています。したがって音作りで味付けしすぎてしまうと、値段相応の価値が見出しにくいと感じてしまいます。

Bluetoothヘッドホンの選び方はツーステップ

ここまでいろいろと紹介してきました。結局どのヘッドホンがおすすめなのか、これには考え方があります。

ステップ1:高級モデルか低価格モデルか決める。
ステップ2:ノイズキャンセリングの有無で決める。

まずどれくらいの価格帯のヘッドホンにするのか決めます。価格が高いヘッドホンはそれだけ良い音がなるのは当然ですので、価格帯だけで候補を絞ることができます。

高級モデルを買うなら「BOSE NC700」が絶対的におすすめできます。このヘッドホンは一度経験して欲しいくらい良い音が鳴ります。装着感も快適で極上の音楽体験が約束されます。

低価格モデルを買うなら、ノイズキャンセリングの有無を考える必要が出てきます。低価格でノイズキャンセリングを実現すると音質としては少し苦しくなるからです。ノイズキャンセリングが欲しいとなれば「JVC HA-S78BN」がおすすめです。この値段でこの機能はコストパフォーマンスに優れています。

低価格モデルでノイズキャンセリングがいらないのであれば「SONY MDR-ZX330BT」がおすすめです。繰り返しになりますが、この価格帯でこの音質は本当にすごい。ワンランク上の音質で音楽を楽しめるのでぜひ体験してみてください。