【iPhone】iOSがバックアップできない場合の対処法

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

iPhone

【iPhone】iOSがバックアップできない場合の対処法

投稿日:

iOS端末(iPhoneやiPad)は動作不良で初期化が必要になった場合や、iOSのアップデートに備えて、バックアップを取っておく必要があります。しかし、なんらかの理由でバックアップができない場合の対処法をお伝えします。iOS端末だけでのバックアップができない場合と、パソコンへのバックアップができない場合に分けて説明します。

スポンサーリンク

iOS端末だけでのバックアップができない場合

iOS端末だけでバックアップをとりたいとなると、バックアップを置いておく場所はiCloudになります。原因はiOS端末の不具合か、iCloudの容量不足が考えられます。

まずはiOS端末の再起動

iPhoneは安定した動作をしますが、なんらかの理由で動作がおかしくなることもあります。そういう際には再起動をまず試してみるべきでしょう。電源ボタンを長押しすることで、電源オフのスライダーが表示されます。

電源ボタンの長押しで再起動ができない場合、強制終了することもできます。電源ボタンを押しながらホームボタンを押し、そのまましばらく待ちます。すると強制的に電源が切れます。

電源が切れたら、再度、電源ボタンを長押しして端末の電源を入れてください。それで、バックアップをもう一度試してみてください。

iCloudの容量を確認する

iCloudへのバックアップができない場合、無料で与えられる5GBの容量を使い切っている可能性が高いでしょう。次はそれを確認します。

最初に「設定」アプリを開き、「自分のアカウント」をタップします。

アカウントをタップ

そして「iCloud」をタップして、設定画面に移動します。

iCloudをタップ

ここで、何がどのくらいiCloudの容量を使っているのかがわかります。

容量の確認

この例では写真とバックアップと書類が同じくらいを占めていますが、容量には空きがあります。これがいっぱいになっていれば、バックアップをとるのに必要な容量が不足しています。容量を購入するか、データを削除する必要があります。

対処法1:iCloudの容量を購入する

容量がいっぱいで、それでもバックアップもiCloud上に取りたいのであれば、月額130円で容量を50GBにアップグレードできます。iCloudの「ストレージを管理」から「ストレージプランを変更」とタップすれば、容量を選択して購入することができます。

容量をアップグレードしたら、iCloudの設定画面まで戻ります。そして「iCloudバックアップ」をタップして、「今すぐバックアップを作成をタップします」

これでしばらく待ち、バックアップが成功したら完了です。

対処法2:写真を削除して容量を確保する

多くの場合、写真が大きな容量をとっていると思われます。もしiCloud上から削除しても良いということであれば、写真を削除してバックアップの容量を確保しましょう。

iCloud設定画面から「ストレージの管理>ストレージの管理」と移動します。そして「写真」を選択し、「無効にして削除」をタップすると写真データが全て削除されます。動画で観ていただくとわかりやすいでしょう。

写真が削除できたらiCloudの設定画面まで戻ります。そして「iCloudバックアップ」をタップして、「今すぐバックアップを作成をタップします」

これでしばらく待ち、バックアップが成功したら完了です。

パソコンのiTunesでバックアップができない場合

まずは動作不良の可能性があるので、iOS端末とパソコンを両方再起動します。iOS端末は電源ボタンを長押ししてスライダーを動かすと電源が切れます。もし電源ボタンが効かない場合は、電源ボタンとホームボタンを同時に長押しすれば強制的に電源を切ることができます。

両方ともに電源が入ったら、LightningケーブルでパソコンとiOS端末を接続します。うまくiTunesがiOS端末を認識すればこのようなアイコンが表示されます。

表示されたアイコン

表示されないようであれば、ケーブルに問題があるかもしれません。筆者は長年使っていたLightningケーブルの端子が汚れていて認識しないことがありました。lightning端子の汚れをティッシュなどでとると、認識するかもしれません。その他、パソコン側のUSBに問題があるかもしれません。別のUSB端子に接続するなど試してみてください。

無事アイコンが表示されたら、そのアイコンをタップします。するとiOS端末の概要が表示されます。

iPhone概要

ここで①の「このコンピュータ」にチェックが入っていることを確認します。そして、②の「今すぐバックアップ」をクリックしてください。これでiTunesにiOSのバックアップがとれます。

これでバックアップが無事とれれば完了です。もし、とれなかった場合はこのページの上半分に書いてある「iOS端末だけでのバックアップがとれない場合」を参照してみてください。パソコンではなくiCloudへバックアップをする方法が書いてあります。バックアップをとらないよりは良いので、検討に値すると思われます。

-iPhone
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iCloudのストレージがいっぱい!不足分を削除、購入する方法

iCloudには様々なデータを保存できますが、無料で使えるストレージの容量は5GBしかありません。ここでは不足した容量を確保する方法と、容量を購入する方法をお伝えします。 スポンサーリンク iClou …

【iPhone】【iOS11】画面を録画(キャプチャ)する方法

「iOS11」から画面を録画できるようになります。現在、iOS11はパブリックベータ2の状態で、全ての方にアップデートを推奨できるわけではありません。ここでは先行して、どのように画面を録画できるように …

iPhoneのメールを簡単に既読にしたい!最速の既読技をご紹介。

iPhoneのメールアプリはどんどんと便利になってきています。先日は統合メールボックスが実装され便利に使っています。メールの中で会員登録のメールや、特に必要ないメールマガジンなど、読む必要がないメール …

iCloudからiPhoneのバックアップを削除する方法

iCloudにiPhoneのバックアップを保存していると、iCloudの容量が不足して写真の保存ができなくなるといった状況が考えられます。ここではiPhoneのバックアップを削除して、iCloudの容 …

【iPhone】iTunesでバックアップしたiOSを復元する方法

iPhoneなどiOS端末の不具合や初期化などで、バックアップからの復元が必要になるかもしれません。新しいiPhoneにデータを移行するためにバックアップからデータを復元する必要もあるでしょう。ここで …