iCloudのアプリや写真などのバックアップデータを削除する方法

iCloudに写真などをバックアップしていると、iCloudの容量が足りなくなる場合があると思います。ここではiCloud上のデータを削除して、容量を確保する方法をお伝えします。

スポンサーリンク


iCloudの写真データを一括で削除する方法

まずはiPhoneの「設定」アプリから、自分のアカウントをタップ。

設定メニュー

そして「iCloud」をタップして、設定画面に移動します。

アカウントメニュー

そしてiCloudの設定画面から、「ストレージを管理」をタップします。

iCloudメニュー

すると何がどれだけiCloudを使っているのか、詳細が表示されます。ここで「写真」をタップします。

写真をタップ

iCloudの「写真」の設定画面となりますので、「無効化して削除」をタップします。

無効化して削除をタップ

こうすると写真のデータがiCloudからなくなります。この操作をすると、iCloudの「最近削除した項目」つまりゴミ箱に移動され、30日後に完全になくなります。

写真削除後

スポンサーリンク

その他のアプリのデータを削除する方法

その他、いろいろなアプリのデータがiCloudにアップロードされています。写真と同様に「無効化して削除」すると、そのアプリのデータが削除されます。例えば「ヘルスケア」アプリのデータを削除してみます。

ヘルスケアをタップ

「無効化して削除」をタップすると、ヘルスケアアプリのデータだけ削除され、その分iCloudの容量が空きます。

無効化して削除