使用しないをタップ

【iPhone】iCloudキーチェーンを削除する方法

iCloudキーチェーンは便利です。パスワードやクレジットカードの情報をiCloudに暗号化して保存できます。しかし、削除したいとなった場合はどうしたらいいのでしょうか。iPhoneでキーチェーンをオフにしただけでは、iCloudに情報が残ったままになります。ここでは削除の方法をご紹介します。(iOS10.3.2を使って説明しています)

スポンサーリンク

「iCloudキーチェーン」を削除する

iCloud上に保存されたキーチェーンを削除するためには「iCloudセキュリティコード」をオフにする必要があります。その上で、キーチェーンをオフにすれば、「iCloudキーチェーン」の情報が削除されます。まずは、「設定」アプリを開き、アカウントをタップします。

アカウント選択

そして、「iCloud」をタップ

iCloudをタップ

続いて、「キーチェーン」をタップ

キーチェーンをタップ

キーチェーンのメニューの中にある「詳細」をタップします。

詳細をタップ

「セキュリティコードで承認」をオフにします。

承認をオフ

ポップアップが表示されるので、「使用しない」をタップします。

使用しないをタップ

最後に、「キーチェーン」をオフにします。この時、Apple IDパスワードの入力を求められますので、入力しましょう。

キーチェーンをオフ

iCloudキーチェーンに保存されていた情報を「iPhoneから削除」するか「iPhoneに残す」か、選択ができます。必要に応じて選択してください。

iPhoneに残すか選択

これで、iCloud上からパスワードやクレジットカードの情報が削除されました。

スポンサーリンク

少しわかりづらい「iCloudキーチェーン」の削除

iCloudキーチェーンはiPhoneだけでなく、iPadやMacでも利用できる仕組みであるため、少々、削除の方法がわかりづらいところがあります。もしも、iPadやMacでもキーチェーンを使っているようであれば、同じように「セキュリティコードで承認」をオフにする必要があります。全ての端末でオフにすることによって、「iCloudキーチェーン」が削除されます。