【iPhone】3Dタッチが邪魔!機能をオフにして快適にする方法

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

iPhone6s以降には3Dタッチ機能がついています。機能のショートカットができるなど便利なものです。その反面、思わぬところで3Dタッチとなってしまい、イライラしてしまうことがあるかもしれません。ここでは3Dタッチの設定方法をお伝えします。

iPhoneの3Dタッチをオフにする方法

まず「設定」アプリを開き、中ほどにある「一般」をタップします。

設定メニュー

一般メニューの中から「アクセシビリティ」をタップします。

一般メニュー

アクセシビリティメニューの中に「3D Touch」という項目があるのでタップします。

アクセシビリティメニュー

ここに「3D Touch」のスイッチがあるので、これで3Dタッチをオフにできます。

3Dタッチ設定

スポンサーリンク

3Dタッチの強さを変えてみるのも

もし、思わぬところで3Dタッチしてしまい邪魔になっているのであれば、「3D Touch」の設定の感度を「強い」にしてみるのも方法のひとつです。

3Dタッチの強さ

こうすれば強く押さないと3Dタッチにならないので、機能は残しつつ不意の3Dタッチを防ぐことができるかもしれません。画面下の花の絵を押してみることで、「どの程度押したら3Dタッチになるのか」確認することができます。

3Dタッチテスト

花の絵を押してみて、このように花の絵が画面全体に広がれば3Dタッチが反応したとわかります。「強い」にすれば3Dタッチの機能は残しつつ、不意の3Dタッチを防げるかもしれませんので、試してみる価値はあると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー