音が出ない?音量が小さい?iPhoneのマイク設定方法を解説!

iPhoneで通話したら音が小さい。アプリでiPhoneのマイクが使えない。そんなiPhoneのマイクに関するトラブルはいろいろありますが、原因がわかりにくいことも多いと思います。この記事では確認したい設定や故障なのか判断する方法を解説していきます。またiPhoneに外部マイクをつけた場合のトラブルも解説します。

スポンサーリンク


iPhoneのマイクで音が出ない場合の設定方法

電話の声が出ない、LINEの通話で声が出ない、アプリで録音したいのに音が全く録音できない。この全くマイクの音が出ない場合は「マイクの故障」もしくは「設定が間違っている」ことが考えられます。順番にみていきましょう。

マイクの故障かどうか確かめる

マイクの故障かどうか確かめるためにはiPhoneの標準アプリである「ボイスメモ」を使います。ボイスメモは最初からiPhoneに入っているので削除していなければインストールされているはずです。 「ボイスメモ」アプリを開きます。 ボイスメモアプリ 録音ボタンを押してiPhoneに向かって声を出します。 録音ボタン マイクの故障でなければこのように赤い音声グラフが反応して録音できていることがわかります。 音声グラフ このように録音できたらマイクの故障ではありません。次の項目へ移ります。 もし録音ができないようならマイクの故障が考えられます。次々項へ移ってください。

マイクの設定を確認する

例えばLINEの通話などを初めて使うときにはこのようにマイクへのアクセスを「許可(OK)」する必要があります。 マイク権限 この許可設定が何かの間違いで許可されなくなったときには、そのアプリでの通話や録音をすることができなくなります。もしアプリでマイクが使えない場合にはこの設定を確認しましょう。確認するには「設定」を開きます。 設定 設定メニューの中ほどにある「プライバシー」を押します。 設定メニュー プライバシーメニューの中の「マイク」を押します。 プライバシーメニュー このようにマイクのスイッチがオフになっているアプリがあると、そのアプリではマイクが使えません。 マイク権限 マイクを使いたいアプリを全てオンにすることでマイクが使えるようになります。 マイク権限

それでも音が出ない場合は?

「ボイスメモアプリを使っても音が録音できない」そして「マイクのセキュリティ設定に問題がないのに音が出ない」という場合は、iPhoneのマイクが故障している可能性があります。本当にマイクが故障しているのかどうか確かめましょう。 iPhoneに付属している純正のイヤホンがあります。この純正イヤホンは「+」「−」ボタンが付いている部分がマイクになっています。純正イヤホンをLightning端子に接続してください。 純正イヤホン そしてまた「ボイスメモ」アプリを開きます。 ボイスメモアプリ 録音ボタンを押して、純正イヤホンのマイクに向かって声を出してみてください。 録音ボタン 音声のグラフが反応すれば純正イヤホンのマイクで録音できています。 音声グラフ つまり、「iPhoneに何も接続しない状態で録音ができない」そして「iPhoneに純正イヤホンをつけたら録音できる」ということになれば、iPhoneのマイクが故障している可能性が非常に高くなります。 アップルのサポートに連絡して修理するにはどうしたらいいか教えてもらいましょう。もしくはアップルのサポートが何か改善できる方法を提案してくれるかもしれません。 アップルサポート公式 上記リンクのページを開いたら「修理と物理的な損傷」を選択します。 アップルサポートページ メニューから「該当するトピックがない」を選択します。 アップルサポートページ 問題について記入します。「マイクが故障している」と入力します。 アップルサポートページ するとサポートの受け方を選択できるようになるので「指定した日時に電話してほしい」を選択します。 アップルサポートページ これでアップルのサポートと連絡が取れます。マイクの故障についてどのようにしたらいいのか聞くといいでしょう。

スポンサーリンク

iPhoneのマイクで音量が小さい場合の確認と設定

通話で相手に「電話が遠い」と言われる、つまりマイクの音量が小さいと用件が伝えられずに困ることになるでしょう。また録音した音声が小さいのも困ります。この場合に確認したいことを順番にお伝えしていきます。

ケースなどでマイクがふさがれていないか確認する

iPhoneのマイクはどこにあるのでしょうか。通話や録音に使われるメインのマイクはLightning端子の周辺にあります。 マイクの位置 iPhoneのケースを使っている場合、ケースがマイクをふさいでしまっている可能性があります。もしくはほこりなどが溜まってマイクをふさいでしまっている可能性もあります。ケースを外してみてマイク周辺に何もふさぐものがない状態にしてから通話や録音を試してみてください。

アプリに不具合がないか確認する

通話するアプリに一時的な不具合がある可能性があります。まずはiPhoneを再起動してみてください。全画面のiPhoneの場合はサイドボタンと音量ボタン、ホームボタンのあるiPhoneの場合はサイドボタンを長押しすれば電源を切ることができます。 再起動 そしてサイドボタンを長押しすれば電源が入ります。 そして使っている通話アプリを違うアプリで試してみてください。「LINE」の通話で音量が小さいようであれば「電話」アプリの通話を使ってみるなど、別のアプリを試してみてください。同様に録音がしたい場合も別のアプリで録音してみてください。これでアプリが問題なのかどうかわかるでしょう。

iPhoneの設定を確認する

通話の声がうまく届かないようであればiPhoneの設定で解決する場合があります。「設定」を開きます。 設定 メニューから「アクセシビリティ」を選択します。 設定メニュー アクセシビリティメニューから「オーディオ/ビジュアル」を選択します。 アクセシビリティメニュー 電話ノイズキャンセリングをオンにします。 通話ノイズキャンセリング これで解決する場合があるので試してみてください。

相手側の問題かどうか確認する

ここまで紹介した方法で問題がなく、まだ通話の音声が小さい場合は「相手の問題」かもしれません。相手側のスピーカーがふさがっていないか、音量の設定が小さくなっていないか確認してもらいましょう。もしくは別の人に電話をかけてみて問題がないかどうか確認しても良いでしょう。

マイクの故障かどうか確認する

ここまで確認してまだマイクの音量が小さい場合はマイクの故障が考えられます。下記のリンクからアップルのサポートに連絡をしてみてください。 アップルサポート公式 上記リンクのページを開いたら「修理と物理的な損傷」を選択します。 アップルサポートページ メニューから「該当するトピックがない」を選択します。 アップルサポートページ 問題について記入します。「マイクが故障している」と入力します。 アップルサポートページ するとサポートの受け方を選択できるようになるので「指定した日時に電話してほしい」を選択します。 アップルサポートページ これでアップルのサポートと連絡が取れます。「マイクが故障しているかもしれないので教えてほしい」ということを伝えれば適切なサポートが受けられるでしょう。

スポンサーリンク

iPhoneのマイクトラブルを動画で解決

ここまでの内容を動画で解説しています。
合わせて参考にしてみてください。

iPhoneに外付けマイクをつけたのに音が出ない場合

iPhoneで動画を撮影することはかなり一般的になってきました。もっと良い音質で音声を録音したいと外部マイクをつけたら「音が出ない」「マイクで音が録音できない」というトラブルが起きることもあります。iPhoneに外付けマイクをつけて音が出ない場合には大きく分けてふたつの原因が考えられます。

外付けマイクをつけたのに音が出ない原因:その1

音が出ない原因としてまず考えられるのは「端子が違う」ことでしょう。現在サポートされているiPhoneにはマイク用のミニジャックがありません。したがってLightning端子からミニジャックに変換することになります。Lightning端子からミニジャックに変換する場合、多くの場合4極の3.5mmステレオミニジャックに変換されます。 3.5mmステレオミニジャック それに対して一般的なパソコン用マイク、正確にはエレクトレットコンデンサーマイクから出ている3.5mmミニジャックはXLRケーブルであることが多いと思われます。 3.5mmXLRミニジャック 一概には言えないので難しいところではありますが、同じ3.5mmのミニジャックだったとしてもステレオケーブルにXLRケーブルをつないでも「音が出ない」ということになってしまいます。差し込むことはできるので「繋いでいるのになぜか音が出ない」ということになります。 この場合の対策として「4極ステレオミニジャックとXLRミニジャックを変換する」ことが考えられるかもしれませんが、あまりおすすめできません。変換しても音が出ない可能性があります。それよりも素直にiPhoneに対応したLightning端子のマイクを買った方が結果的に安く安心して使うことができるでしょう。

外付けマイクをつけたのに音が出ない原因:その2

iPhoneに外付けマイクをつけたのに音が出ない原因として次に考えられるのは「マイクの種類が対応していない」ことです。マイクには3種類のマイクがあります。

  • エレクトレット・コンデンサーマイク
  • ダイナミックマイク
  • コンデンサーマイク

この中でiPhoneで使えるマイクは(iPhoneに対応した)エレクトレット・コンデンサーマイクになります。Amazonなどではエレクトレット・コンデンサーマイクを「コンデンサーマイク」と言って売っていることが多いので余計に混乱する状況になっているので注意が必要です。 3種類のマイクのうち「ダイナミックマイク」と「コンデンサーマイク」はオーディオインターフェイスと呼ばれる機器が必要になってきます。ダイナミックマイクはマイクプリアンプが必要となり、コンデンサーマイクはファンタム電源が必要となるからです。実際問題としてコンデンサーマイクをiPhoneに繋ぐことはほとんどないと思われるので、多くの場合はダイナミックマイクをiPhoneに繋ごうとしているのだと思われます。 この場合の対策としては「iPhoneに対応したオーディオインターフェイス」を導入することです。ただしオーディオインターフェイスは高級なマイクを1本買えるくらいの金額ですので、使いたい用途に合わせてオーディオインターフェイスを買うか、Lightning端子のiPhone対応マイクを買うか検討した方が良いでしょう。