iPhoneで画面録画をする方法!録画できないトラブルや活用法も!

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円台!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

ゲームの実況や動画SNSなどにiPhoneの画面を録画したい場面があると思います。iOS11からiPhoneに画面の録画機能が追加されました。ここではその使い方やトラブルの対処、活用方法をご紹介します。

iPhoneの画面録画で何ができるのか

例えば、最初に書いたようにゲーム画面の録画ができます。このように録画できます。

他に、これは動画SNS「Musical.ly」でエフェクト選択のアニメーションを画面録画しています。このようなテクニックにも今後使われるでしょう。

スポンサーリンク

iPhoneの画面を録画する方法

iOS11から追加された画面録画は、画面下からスワイプして表示するコントロールセンターにボタンを配置して利用します。まず設定アプリを開き、「コントロールセンター」をタップします。

設定画面

「コントロールをカスタマイズ」をタップします。

コントロールセンター画面

ボタン一覧の中にある「画面収録」の「+」ボタンをタップして、コントロールセンターに表示します。

カスタマイズ画面

このように、画面上部に「画面収録」が移動すれば、コントロールセンターに追加されています。

ボタン追加完了

画面下からスワイプすると、画面録画のボタンができています。

画面録画ボタン

このボタンをタップすると「3・2・1」とカウントされた後、画面録画が開始されます。収録中は画面上部に赤いステータスバーが表示されます。録画を終了する場合は、このステータスバーをタップするか、画面をロックすると終了します。

録画した動画を編集する方法

録画した画面ビデオは通常のカメラで撮った動画と同じく編集(トリム)することができます。まず、録画ビデオを選択し、「編集」をタップします。

動画の選択

例えば、ビデオの後ろを短くしたい場合、境界線をドラッグすると短くできます。編集が完了したら「完了」をタップします。

動画のトリム

「新規クリップとして保存」というボタンが表示されますので、これをタップします。

保存ボタン

これで編集前の動画とは別の動画として保存されます。

iPhoneの画面録画ができない時の原因

これまで紹介した方法で画面録画ができない場合、3つの原因が考えられます。ひとつずつチェックしてみてください。

アプリやサービスで録画が禁止されている

「Amazon Prime Video」や「Netflix」などの動画配信サービスでは録画が禁止されています。例えば、Amazon Prime Videoのアプリを起動し、録画ボタンで録画しても動画は一切保存されません。スクリーンショットを撮ってもこのようにブラックアウトしています。

Amazon Video

画面ミラーリングを使っている

これはゲーム実況などで考えられる状況かもしれません。画面ミラーリングを使っていると、このように「録画ボタン」が無効になっています。

ミラーリング状態

これを録画できるようにするには「ミラーリングを停止」する。もしくは、ミラーリング先で録画する方法が考えられるでしょう。

ミラーリングを停止

機能制限がかかっている

設定アプリの機能制限で画面収録が制限されている場合が考えられます。確認するには「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。

設定メニュー

そして「機能制限」の項目が「オン」になっていれば、これで制限されている可能性があります。

一般メニュー

確認するためには「機能制限」をタップして「機能制限パスワード」を入力します。

機能制限パスワード

画面一番下にある「画面収録」がオフになっていると画面録画ができません。これをオンにすると画面録画ができるようになります。

画面収録設定

iPhoneの画面録画で「音ズレ」が発生する場合

ゲームの画面録画など負荷の高いアプリを録画すると「音ズレ」という現象が発生する場合があります。これは高負荷環境で画面録画し、意図的に「音ズレ」を発生させています。

武器を振る音が先にした後、武器を振るグラフィックが録画されています。このような現象が発生した場合の対策をお伝えします。

アプリの自動アップデートをオフにしておく

先ほどの動画は、新しいアプリをインストールしながらゲームを動作させて、音ズレを発生させています。もし、録画中に自動アップデートなどが始まると、同様の状態になるでしょう。「設定」アプリを開き、「iTunesとApp Store」をタップして、「アップデート」をオフにしておきます。

自動アップデート設定

こうすると音ズレの発生をあらかじめ防止することができるでしょう。

アプリを起動し、しばらくしてから画面録画を開始

アプリを起動してすぐにに画面録画を開始すると、まだ負荷が高い状態の可能性があります。この場合も音ズレ発生の原因となります。アプリを起動してから問題なく動くことを確認し、それから画面録画を開始すると良いでしょう。

それでも音ズレが発生する場合

iPhoneのメモリを他のアプリが使ってしまっている。iPhoneのバックグラウンド処理がうまく働いていないなどの可能性が考えられます。iPhoneを再起動することで改善するかもしれません。ただし、再起動してすぐは高負荷の状態が続きますので、動作が落ち着いてからアプリの起動や画面録画を開始しましょう。

上記の方法を試しても音ズレが発生する場合は、録画したいアプリ単体の負荷が高すぎることも考えられます。アプリの設定で解像度を落とすなど、負荷を軽くして録画するのもひとつの方法です。

iPhoneの画面録画に自分の音声を入れたい場合

画面を録画しながら自分の音声を入れることも可能です。ただし、アプリの音は録音されなくなります。このためには、コントロールセンターの録画ボタンを「長押し」します。

画面収録ボタン

画面収録の設定画面になりますので、「マイクオーディオ」をオンにします。

マイクオーディオボタン

iPhoneのマナーモードと画面録画の関係

iPhoneをマナーモードにしておくと、アプリの音が録音されません。画面のみ録画したい場合に便利でしょう。「ミュージック」アプリなどのマナーモードで音の鳴るアプリも録音されません。ボリュームを最小のもう一段階下、「消音」にすると同じように音は録音されなくなります。

消音

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー