iCloudのバックアップデータを復元する方法

iCloudにはiPhoneデータのバックアップをとることができます。そのバックアップに復元したい、もしくは初期化が必要になってバックアップを戻したい、そんな時の手順を説明します。ただしiCloudデータからの復元にはWi-Fiが必要になります。

スポンサーリンク

まずは事前確認

バックアップを復元するにはもちろんのことですが、バックアップができているか確認する必要があります。まずはその事前確認です。「設定」アプリを開いでアカウントをタップします。

アカウントをタップ

「iCloud」をタップします。

iCloudをタップ

そして「iCloudバックアップ」をタップします。

iCloudバックアップをタップ

この画面でバックアップをいつ行ったかがわかります。もし今、とりたいのであれば「今すぐバックアップ」をタップします。バックアップをとれたことが確認できたら、復元に移りましょう。

スポンサーリンク

バックアップからの復元

iCloudのバックアップから復元するには初期化が必要です。まずは初期化の手順から。「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。

一般をタップ

一般の中から「リセット」をタップします。

リセットをタップ

リセットの中から「全てのコンテンツと設定を消去」をタップします。するとiPhoneの初期化が始まります。「iPhoneを探す」をオフにするなどの案内がありますので、案内に従っていけば初期化が完了します。

全てを消去

そして再起動が行われると、iPhone購入時の初期画面になります。

ようこそ画面

基本的にはiPhoneから指定される案内に従っていけば問題ないでしょう。そこで「Wi-Fiネットワークを選択」する画面になります。普段使っているWi-Fiに接続しましょう。接続するとWi-Fiパスワードの入力が求められますので、入力してください。

Wi-Fiの選択

ここでWi-Fiパスワードがわからないということになるかもしれません。その場合は、インターネット接続機器にパスワードが記載されている場合があります。それを入力してみましょう。それでもダメであれば、インターネット接続会社(携帯会社ではありません)に聞いてみるといいでしょう。

パスワード入力

すると次に「Appとデータ」画面になります。ここで初めて、iCloudのバックアップを戻す作業となります。まずは「iCloudバックアップから復元」をタップします。

iCloudから復元

「iCloudサインイン」の画面になったら、Apple IDとパスワードを入力して次へをタップします。

iCloudサインイン

2ステップ認証などの設定がしてあるようであれば、そのような案内があります。それに従ってiCloudへサインインしてください。iCloudへサインインできたら、どのバックアップから復元するかを選択します。ほとんどの場合が一番新しいバックアップだと思われます。

バックアップの選択

この後はバックアップが復元され、残りの設定が案内されるので順次行っていきます。設定が終われば無事にバックアップの復元がされているでしょう。お疲れさまでした。

参考URL:www.au.com