【iPhone】iCloudキーチェーンを設定する方法

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

iPhone

【iPhone】iCloudキーチェーンを設定する方法

投稿日:2017年6月26日 更新日:

様々なサービスを利用する際に、パスワードの使い回しは非常に危険です。しかし、それぞれを覚えておくのは難しい……。そんな時はiCloudにパスワードを保存してしまいましょう。それは「iCloudキーチェーン」と呼ばれる機能。暗号化されているためセキュリティも問題ありません。

対象OS: iOS10.3.2

スポンサーリンク

「iCloudキーチェーン」を設定する

まずは、「設定」アプリを開きます。そして自分のアカウントが一番上に表示されているので、そこをタップします。

自分のアカウントをタップ

そして、「iCloud」をタップ。

「iCloud」をタップ

iCloudの設定内にある「キーチェーン」をタップします。

「キーチェーン」をタップ

そしてキーチェーンをオンにします。

キーチェーンをオン

するとまず、iCloudのパスワードの入力を求められるので入力。そして、iCloudセキュリティコードの作成と、電話番号の登録をします。このあたりは指示に従うだけですので、それにしたがって入力していきましょう。

一連の登録が完了すると、「iCloudキーチェーン」がオンになります。では、どうやって使うのでしょうか。

「iCloudキーチェーン」を「Safari」で使う

実際に使うためにはSafariの設定が必要です。「設定」アプリの「Safari」をタップします。

「設定」アプリの「Safari」をタップ

続いて「自動入力」をタップします。

「自動入力」をタップ

そして「ユーザー名とパスワード」の項目をオンにします。これで準備完了です。

「ユーザー名とパスワード」の項目をオン

「iCloudキーチェーン」からのパスワード自動入力

これから使い方はとても簡単になります。例えば、Twitterにアクセスして、初回はユーザー名とパスワードを手で入力します。2回目以降は「パスワード」をタップするだけで、ユーザー名とパスワードが自動入力されます。

ユーザー名とパスワードが自動入力

パスワードを覚えさせる利点

冒頭にも書いたように、パスワードの使い回しはたいへん危険です。現在おきている「乗っ取り」被害のほとんどがパスワードの使い回しによるものです。しかし、覚えきれないほどのサービスがあるのが現実。それであれば、全く違うパスワードでなくても、パスワードの一部でも変えたものを作って、iCloudに覚えさせればセキュリティレベルは確実に上昇するでしょう。

-iPhone
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhoneのメールを簡単に既読にしたい!最速の既読技をご紹介。

iPhoneのメールアプリはどんどんと便利になってきています。先日は統合メールボックスが実装され便利に使っています。メールの中で会員登録のメールや、特に必要ないメールマガジンなど、読む必要がないメール …

【iPhone】Gmailを自動で振り分けする方法

GmailをiPhoneで使っていて、特定のメールを自動で振り分けしたいことがあるかもしれません。その場合の設定方法をここでお伝えします。 スポンサーリンク Gmail側の設定 Gmailにアクセスし …

【iPhone】Googleアプリの2段階認証を設定する方法

GoogleはSMSによる2段階認証から新しい認証方式への移行を促しています。SMSを悪用した攻撃やコードを盗み取られる恐れがあるためです。この新しい認証方式をiPhoneへ設定する方法をお伝えします …

iPhone・iTunesでバックアップしたiOSを復元する方法

iPhoneのみでバックアップした場合、バックアップはiCloudに保存されます。また、iTunesでバックアップした場合はパソコンに保存される。このふたつの場合について、バックアップから復元する方法 …

Web版iCloud

iCloudの容量プランが変更。月々130円で便利になる「iCloud」のすすめ

Appleのクラウドサービス「iCloud」の容量プランが変更となりました。プランの変更点は大容量になったことですが、月々130円の「50GBプラン」なら使ってみてもいいのではないでしょうか。筆者はこ …