iPhone X/XS/XRが使いにくい?使いやすさが激変するおすすめ設定!

iPhone Xが発売されてから1年以上経ち、iPhone XS/XRが発売されました。時代は全画面のiPhoneに変わっています。しかし、使いにくい?操作方法が大きく変わったことに加え、画面が大きくなったことの影響も大きい。そこでおすすめの設定と操作方法をお伝えします。

スポンサーリンク

iPhone X/XS/XRを使いやすくする方法を動画で紹介!

この記事の内容を動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

iPhone X/XS/XRの「簡易アクセス」で画面を下に下げる

iPhone X世代でまず感じるのは縦に大きいこと。完了ボタンなどは画面右上にあることが多く、こうなるとどうしても両手での操作が必要になってきそうです。そこで絶対と言っていいほど設定しておきたいのは「簡易アクセス」。画面上半分を下に引き下げることができます。

まず「設定」アプリを開きます。

ホーム画面

設定メニューから一般をタップします。

設定メニュー

一般メニューから「アクセシビリティ」をタップします。

一般メニュー

そして操作の項目にある「簡易アクセス」をオンにします。

簡易アクセススイッチ

これで設定は完了です。使い方は簡単。画面下のホームバーを下にスワイプするだけです。

簡易アクセスイメージ

画面全体が下がり、上部のボタンにもアクセスできます。ホーム画面の上部においてあるアプリなども簡単に開くことができます。便利すぎて、なぜ最初はオフになっているのか不思議なほどです。

iPhone X/XS/XRでキーボードを「片手入力」モードに設定する

全画面のiPhoneになったことで横にも少し広がったiPhone X/XS/XR。キーボードを片手で入力するには少し大きい印象を持ちます。慣れればいいかもしれませんが、設定して積極的に使いやすくしたいところ。そのためには文字入力切り替えの「地球」ボタンを「長押し」します。

地球ボタン

するとキーボードメニューが表示されます。アイコンで示されているようにキーボードを寄せられます。筆者は左手で文字入力するので左に寄せます。

キーボード設定メニュー

するとこのように片手入力モードになります。

片手キーボード

寄せてみると、文字入力の操作感がiPhone 7/8と同じくらいの感覚になります。

iPhone X/XS/XRでアプリを終了(タスクキル)する方法

タスク切り替え画面にズラーッとアプリが並んでいるのは、気持ち悪くありませんか?iPhone X/XS/XRでも簡単にアプリを終了することができます。

アプリを終了するためには画面下部を①下から上にスワイプし、②ホールドします。

下からスワイプ

するとブルっとiPhoneが反応し、タスク切り替え画面になります。これを確認したら指を離します。

タスク切り替えモード

指を離してから、終了したいアプリを上へスワイプします。これでアプリが閉じられます。

タスク終了

「アプリを強制終了するのはバッテリーに良くない」と言われていますが、タスク終了で使うバッテリーの量は、画面を表示するバッテリーの量と比べ物にならないくらい小さなものです。たくさん並んだアプリ切り替え画面からアプリを探すより、サクサク終了させた方が使いやすいのではないでしょうか。

iPhone X/XS/XRでバッテリーをパーセント表示する

iPhoneの画面上部には特有の「ノッチ」があり、時刻や電波の表示がされていますが、バッテリーは電池アイコンがあるだけで「%」で表示することができません。設定でもパーセント表示する設定ができなくなっています。しかし簡単に見ることができます。それはコントロールセンターです。

コントロールセンターを表示するには、画面の「右上」を下へスワイプします。

iPhoneX画面

すると、上部にバッテリー残量がパーセント表示されています。

コントロールセンター

一番上からスワイプするのでは、指が届かず両手で操作することになると思います。これが面倒なようであれば、先ほど紹介した「簡易アクセス」を設定しておけば、①画面下部をスワイプ②画面中央右からスワイプとなり、指を動かす距離を短くできます。

簡易アクセス

iPhone X/XS/XRでスクリーショットを撮る

スクリーンショットを撮影する方法は、音量上ボタンと電源ボタンを同時に押します。

同時にボタンを押す

するとスクリーショットを撮ることができます。

スクリーンショット

完全な同時で押さなくても同時に押されているタイミングがあれば、スクリーンショットを撮ることができます。片手でも操作できるため、状況によっては便利になったのかもしれません。

iPhone X/XS/XRの「Face ID」は使いにくい?

iPhoneXシリーズではホームボタンが廃止され「Face ID」が導入されました。これをまず設定して使ってみると、認識してくれないことがあり、「使いにくい」と感じるかもしれません。しかしiPhoneXシリーズには人工知能チップが搭載されており、使えば使うほど、認証の精度が良くなります。

実際に2日ほど使ってみたところ、ほおづえをついた状態でも認識してくれるようになり、3日目には顔の前にちょっと邪魔なものがあっても認証してくれるようになりました。これはセキュリティが低くなっているわけではなく、ユーザーの顔を毎回学習しているのです。

iPhone X/XS/XRは使いづらい??

iPhoneX世代の操作はよく考えてデザインされています。筆者の場合、上記のような設定をして2〜3日で慣れることができました。追加でホームボタンアイコンを設置するというのもいいかもしれませんが、ちょっと慣れるだけで、視界に余計なものがない快適さを味わうことができますよ。