【iPhone】テザリングはできる?やり方、使い方を解説

「テザリング」という言葉は聞いたことがあっても、実際使っていない、よく分からない人も多いのではないでしょうか?

もちろん今使っているiPhoneでもテザリングはできますよ。

そもそもテザリングとは何なのでしょうか?ここでは、iPhoneでテザリングはできる?をテーマに分かりやすくやり方や使い方、注意点を解説していきます。

スポンサーリンク


そもそもテザリングってなに?

そもそもよく聞くテザリングですが、どんな機能なのでしょうか?

iPhoneをはじめとしたスマートフォンを設定することで、一時的にWi-Fiルーターにして、ノートパソコンをはじめ、ゲーム機などをインターネットにつなげることができるものです。

そのため、Wi-Fi環境がなくても、モバイルWi-Fiのような機器を持ち歩かなくても、どこでもiPhone(スマホ)さえあれば、インターネットにつないで使うことができます。

テザリングのメリット

  • Wi-Fiがない環境でもいつでもどこでもネットがつなげられる
  • iPhoneがあれば、ノートパソコンなどでネット環境が整えられるため、緊急用に使える

テザリングのデメリット

  • スマホのパケット通信料がかさむ
  • 電池の消費が激しくなる

スポンサーリンク

どのキャリアでもiPhoneテザリングは可能?

iPhoneを持っていれば、どのキャリア契約のものでもテザリングはすぐにできるのでしょうか?若干、各キャリアによって申し込みが必要だったりなど変わってきますので、各キャリアごとにiPhoneテザリングは可能なのかみていきましょう。

docomoの場合

docomoの場合は、テザリングの申し込みというものはありません。spモードの申し込みをしているdocomoユーザーならiPhoneでのテザリングは可能です。

spモードは月額300円かかるため、テザリングには300円かかるという言い方もできますが、そもそもdocomoと契約するときに、インターネット接続サービスのため、普通はspモードを入れるので、実質テザリングは無料で使えます。

つまり、spモードに入っていれば、同時にテザリングも利用が可能です。

自分のiPhoneがspモードに入っているかの確認方法は3つ。

  1. インターネット(My docomo)での申し込み
    =「My docomo」よりログイン⇒https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/
  2. 電話(docomoからは151、一般電話からは0120-800-000)
  3. ドコモショップで申し込み、確認

auの場合

auの場合、auと契約しているiPhoneを持っていても、別途テザリングの契約をしていないとテザリングの利用はできません。

テザリングの利用料金は、加入している料金プランにより異なりますが、一般的な「auピタットプラン」「auフラットプラン」などでは月額500円となっています。

auでのテザリング申し込み方法は、電話での申し込みはなく、ネットもしくはauショップとなっています。

  1. インターネット(My au)での申し込み
    =「au IDログイン」から⇒https://www.au.com/my-au/
  2. auショップで申し込み、確認

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合、ソフトバンクと契約しているiPhoneを持っていても、別途テザリングの契約をしていないとテザリングの利用はできません。

テザリングの利用料金は、加入している料金プランにより異なりますが、「データ 定額 20GB/30GB/50GB」「家族データシェア 50GB/100GB」など大容量パケットプランを申し込んでいる場合は、月額500円、「データ定額 5GB」「データ 定額 ミニ 1GB/2GB」など少容量パケットプランの場合は無料になっています。

ソフトバンクでのテザリング申し込み方法は、電話や店頭での申し込みはなく、ネットのみとなっています。

  1. インターネット(My softbank)での申し込み
    =「携帯電話番号でログイン」から⇒https://www.softbank.jp/mysoftbank/

格安SIMの場合

格安SIMの場合、ほとんどの会社がテザリングを申し込みなしで、無料で使用ができます。

一部、テザリング使用不可の格安SIMもあるようですが、ほとんど使えると思って間違いないようです。

iPhoneでのテザリング設定方法

どのキャリア契約でもiPhoneでのテザリング設定は驚くほど簡単です。

iPhoneでのテザリング設定方法をみてみましょう。

①iPhoneのトップ画面から【設定】→【インターネット共有】をタップ。

②【インターネット共有】で、まずインターネット共有をオンにしてください。

続いて、Wi-Fi接続をする場合は、パスワードが必要ですので、【Wi-Fiのパスワード】を覚えておいて(メモっておいて)ください。

③以上で、テザリング設定はOKです。テザリングのやり方は【Wi-Fi】【bluetooth】【USB接続】の3パターンがあります。

  1. Wi-Fiテザリングの場合
    ※Windows10の場合、右下のバーのところにある電波マークをクリック
    つながるWi-Fi一覧が表示されるので、そのなかから「(自分のiPhone名)のiPhone」をクリック、上記にある【Wi-Fiのパスワード】を入力でつながります。
  2. bluetoohの場合
    ※Windows10の場合、設定の「Bluetoothとその他デバイス」を開き、bluetoothをオンにしてください。
    「Bluetoothまたはその他デバイスを追加する」をクリックし、表示される「(自分のiPhone名)のiPhone」を選んでください。
  3. USB接続
    通信ができる純正などのライトニングケーブルとノートパソコンなどのインターネット接続させたい機器を接続してください。

 便利な使い方と注意点

基本、スマホがあればネットは十分楽しめますし、ノマドワーカーなど常にネット接続が必要な人だと別途モバイルWi-Fiを持ち歩くなどしているでしょう。

では、テザリングはどんな便利な方法が考えられるのでしょうか?やはり、一番の使い方は緊急時です。

出先で、通常はWi-Fiを使っている人でも、無料Wi-Fiが調子悪くつながらないときや、Wi-Fiがない場所などで緊急的に繋げなくてはいけないような予備用としての使い道が考えられます。

また、ポータブルゲーム機で、通信を利用するときだけネット接続を使いたい場合も、一時的に緊急用としてネット接続ができるテザリングが便利ですね。