iPhone譲渡・売却前には必須!「iPhoneを探す」をオフにする設定方法

近年、iPhoneを中古品として売却することが増えてきました。その相手は携帯ショップ、中古販売業者、個人と様々ですが、譲渡や売却のためには「iPhoneを探す」をオフにする必要があります。なぜその必要があるのかと、オフにする方法をお伝えします。

スポンサーリンク

個人でiPhoneを売る際には必須「iPhoneを探す」オフ

iPhoneを初期設定する際には、「Apple ID」を設定することになります。これを使って「アクティベーション」という処理が行われ、AppleにiPhoneを所有していることが登録されます。例えば、Apple IDを見てみると、このように登録がなされています。

登録デバイス

そしてアクティベーションの処理とともに、自動的に「iPhoneを探す」が設定されます。これはiPhoneを紛失した際に、位置情報を元にしてどのでiPhoneを紛失したのか探す機能です。そしてこの機能には「アクティベーションロック」という盗難時のセキュリティ機能があります。

iPhoneを探す

もしiPhoneを売却する際、個人情報保護のため自分のデータは消去したものの、「iPhoneを探す」がオンになったまま売却してしまったとします。すると、購入した側は「アクティベーションロック」機能を解除する必要があります。

アクティベーションロック

通常、購入者は売却したユーザーのApple IDとパスワードはわかりません。したがって、購入者は買ったものの「使えない」ということになります。このため、売却する側は「iPhoneを探す」をオフにしておく必要があります。ショップ等で売却する際にはその場での操作が求められるでしょう。

スポンサーリンク

「iPhoneを探す」をiPhoneからオフにする方法

設定を変更するには、現在利用しているApple IDの「パスワード」が必要になります。パスワードが用意できたら「設定」アプリを開き、「自分のアカウント」をタップします。

設定メニュー

Apple IDメニューの中から「iCloud」をタップします。

Apple IDメニュー

iCloudメニューの中から「iPhoneを探す」をタップします。

iCloudメニュー

そして「iPhoneを探す」のスイッチをオフにします。

iPhoneを探すスイッチ

すると、現在利用しているApple IDの「パスワード」が求められますので、入力します。

パスワード入力画面

これで「iPhoneを探す」がオフになります。

オフの状態

「iPhoneを探す」をパソコンからオフにする方法

パソコンを使って「iPhoneを探す」をオフにすることもできます。ただし、設定を全て初期化する必要があるので注意が必要です。まずhttps://www.icloud.com へアクセスし、Apple IDとパスワードを入力します。

iCloudログイン

iCloudで使える機能の一覧が表示されますので、「iPhoneを探す」をクリックします。

iCloudメニュー

「iPhoneを探す」画面になったら、「すべてのデバイス」をクリックし、「iPhoneを探す」をオフにしたいiPhoneをクリックします。

iPhoneを探す画面

iPhoneを操作するメニューが表示されますので、「iPhoneを消去」をクリックします。

iPhoneメニュー

Apple IDの入力画面になります。Apple IDとパスワードを入力します。

Apple ID入力画面

「iPhoneを消去」する画面になります。もしも実際に紛失して、電話番号に連絡して欲しい場合にはここに電話番号を入力します。今回は「iPhoneを探す」をオフにすることが目的ですので、何も入力せず「次へ」をクリックします。

電話番号入力

iPhoneを消去した後に表示するメッセージの入力画面になります。ここでも「iPhoneを探す」をオフにすることが目的ですので、何も入力せず「完了」をクリックします。

完了ボタン

「削除」をクリックすると、「iPhoneを探す」がオフになります。

削除ボタン

自動的にiPhoneの初期化が始まり、初期化が終わると誰でもアクティベーションできる状態になります。

中古iPhoneを買う際には必ず「iPhoneを探す」を確認

中古iPhoneの販売事業者であれば、ほぼ間違いなく「iPhoneを探す」がオフになっていると思われます。しかし最近では「メルカリ」などの個人売買も増えてきました。この際、「iPhoneを探す」がオフであることを相手に確認しておく必要があります。

もしオフになっていないようであれば、『「iPhoneを探す」をiPhoneからオフにする方法』を使って設定してもらいます。購入後に「iPhoneを探す」をオフにするのは難しくなるため、必ず確認したいところです。

iPhoneがアクティベーションロックされた場合

ロック状態

もし、中古で個人から買った場合やもらった場合に、上記左のようにアクティベーションロックの状態になったらどうするのか。もしくは上記右のように初期化されていない状態で送られてきたら、どうするのか。その場合は、元の持ち主への連絡が必要です。

先ほど紹介した『「iPhoneを探す」をパソコンからオフにする方法』を、元の持ち主に実行してもらう必要があります。元の持ち主の作業が終わったら、一度iPhoneの電源を切り、再度電源をオンにすると初期設定から始めることができます。