激変するモバイル業界をキャッチアップ

iPhone

Googleアカウントの2段階認証を楽にする「Google Authenticator」でセキュリティを確保。

投稿日:

近頃、パスワードの使い回しなどで乗っ取りが多くなっています。もちろんパスワードを使い回さないことが基本ですが、他にも「2段階認証」でセキュリティを向上させておくのも手段のひとつです。大事なGoogleアカウントの2段階認証を楽にするアプリをご紹介します。

スポンサーリンク

Google Authenticator

auth
2段階認証とは、パスワードでのログインをした際、その次に別の手段で認証することによってセキュリティを向上させます。代表的な例は、ログインしたのち、SMSメッセージを受信してPINコードを受け取る手段。しかし、SMSが遅れて届くなど面倒なことが起こる時があります。

「Google Authenticator」はGoogleアカウントと同期されたPINコードがアプリ内に表示されているので、それを入力することで認証が完了します。SMS送信を待つ必要がないので便利です。最初にGoogleアカウントで2段階認証の設定をする必要がありますが、あとはアプリだけでできるようになります。

2段階認証の設定

まずはパソコンで「Googleアカウント」と検索して、Googleアカウントの管理画面を表示します。「Googleへのログイン」をクリックして、ログインの設定を変更します。

account

「2段階認証プロセス」がオフになっているので、ここをクリックして設定に入っていきます。

2way

2段階認証の方法の選択です。「認証システムアプリ」の設定をクリックします。

001

スマートフォンの選択となるので、お使いのスマホを選択します。

002

すると、パソコンの画面に「QRコード」が表示されます。これをスマートフォン側のアプリで読み取ることで、2段階認証の「紐付け」がされます。

では、スマートフォン側で、「Google Authenticator」を起動します。「設定を開始」をタップして、「バーコードをスキャン」をタップするとカメラが起動します。そこで、先ほど、パソコンの画面に表示されたQRコードを読み取ります。

003

QRコードを読み取って、次へ進むとパソコン画面にコードを入力するように求められます。

004

一方のアプリの方へは6桁のコードが表示されています。このコードには制限時間があります。円グラフの残りが少なくなると赤くなります。制限時間に余裕のあるタイミングでコードを入力します。

005

これで設定は完了となります。

006

今後は、2段階認証を求められたら、先ほどのように「Google Authenticator」を起動して、コードを入力するだけでログインできるようになります。ここまで説明するととても面倒な作業のようにみえますが、実際は数分で終わるほど簡単に設定できます。

2段階認証の重要性

近年、アカウントの乗っ取りは非常に多くなっています。パスワードの漏洩がかなり発生しているので、そこを狙った乗っ取りが多いのだと思われます。パスワードによる保護の限界も指摘されています。使っている全てのサービスのパスワードを覚えておくのは難しいからです。

それでもパスワードの使い回しは厳禁です。アプリなどがパスワードを覚えてくれるようになっているので、いっその事、難しいパスワードを設定し、紙に書いて別の場所へ保管しておく方が安全でしょう。その上で、さらに2段階認証を設定しておく。こうしておけば、乗っ取りはかなり難しくなります。

-iPhone
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhoneのメールを簡単に既読にしたい!最速の既読技をご紹介。

iPhoneのメールアプリはどんどんと便利になってきています。先日は統合メールボックスが実装され便利に使っています。メールの中で会員登録のメールや、特に必要ないメールマガジンなど、読む必要がないメール …

reader

スルスルと降りてくるウザい広告…。iPhoneなら画面をワンタップするだけで消せる!!

インターネットのニュースなど、もちろんこの記事も含めて、ほとんどが広告からの収入で成り立っています。しかし、最近「ウザい」広告が増えていませんか?特にあの真ん中くらいからスルスルと降りてきて画面下に配 …