【iPhone】取った写真をその場で共有する方法

「その写メわたしにもちょうだい!」というシーンは結構あると思います。そんな時にはLINEなどで共有するのもいいのですが、iPhone同士であれば、「AirDrop」という機能が備わっています。すぐに共有できるので便利です。

スポンサーリンク

AirDropでの写真の共有

AirDropは基本的に有効になっていると思いますので、実際には以下の動作をするだけですみます。まずは、送る人受け取る人ともに、「Wi-Fi」と「Bluetooth」をコントロールセンターからオンにします。

Wi-Fi、Bluetoothをオン

そして共有したい写真を表示して、左下にある「共有」ボタンをタップします。

共有ボタン

するとAirDropの欄に相手が表示されると思います。アイコンをタップすれば、共有できます。

アイコンをタップ

もしうまくいかない時は?

もしもうまくいかない時は、「受け取り側の」AirDropがオフになっているかもしれませんので、設定を確認しましょう。「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。

一般をタップ

「AirDrop」という項目があるのでタップ。

AirDropをタップ

すると、受け入れるかどうかの設定になります。

受け入れ設定

これが「受信しない」になっていると受信できませんので、共有してくれる相手がiPhoneの連絡先に登録されているのなら「連絡先のみ」に設定しましょう。でなければ「すべての人」に設定する必要があります。

デジタル痴漢に注意

もし、共有してくれる相手が連絡先に登録されていない場合、「すべての人」に設定する必要がありますが、共有が終われば、「連絡先のみ」に設定を戻しておきましょう。近年、デジタル痴漢というものが流行していて、「すべての人」に設定していると電車内で不快な画像が送られてくる事例が発生しています。ご注意ください。

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー