iCloudのストレージとは?使い方や管理方法

iPhone

iCloudのストレージとは?使い方や管理方法

投稿日: コメント (0)


ストレージとは日本語でいう「記憶装置」のことです。パソコンなどのハードディスクドライブなどもストレージです。「iCloudストレージ」となると、iCloudにインターネット経由で記憶させておく倉庫のようなイメージです。ここにはいろいろなものが保存できます。Appleミュージックのライブラリを保存する場所でもあります。

スポンサーリンク

様々なものを保存できるiCloudストレージ

「設定」アプリを開いて、一番上のアカウントをタップして「iCloud」をタップすると、iCloudストレージが今どれくらい何に使われているのか、概要がわかります。

iCloudの容量

これは筆者のiClooudストレージですが、50GBあるうちの3GBを使っています。これは月額130円で50GBの容量にアップグレードしています。主に写真と、iPhoneのバックアップ、書類が保存されています。

その下にあるものがiCloudに保存しているデータです。メール、連絡先、カレンダーやリマインダーも保存しています。

この中身については、 https://www.icloud.com にアクセスすることでも確認できます。「iCloudのメールや写真などのデータを確認する方法」という記事がありますので、中身をみたいということであれば参照してみてください。

iCloudストレージに書類を保存する

上の例で、メモをiCloudに保存してあります。iPhoneの「メモ」アプリで保存したことが自動的にiCloudに保存されます。これは https://www.icloud.com からアクセスできますので、外出先で保存したメモをパソコンでみるなどの利用ができます。

またiPhoneユーザーならiOS用のワープロソフト「Pages」を利用することができます。それをiCloudに保存しておけば、外出先で書類の確認ができます。これもパソコンから https://www.icloud.com へアクセスすると編集も行えるので、MacユーザーでなくともWordの代わりに使うことができます。

アプリの保存スイッチ

そのほかにも色々なアプリのデータが保存できます。もしiPhoneの初期化が必要になった場合のバックアップとして保存しておくのもいいでしょう。

AppleミュージックでiCloudストレージを使う

Appleミュージックには権利の関係で、聴けないアルバムがあったりします。例えばRADWIMPSの「人間開花」はAppleミュージックにありません。しかし、これをiTunesやiPhoneで聴きたいとなった場合には「iCloudミュージックライブラリ」を使う必要があります。

まずは、アルバムをiTunesに取り込みます。そして、「ファイル>ライブラリ>iCloudミュージックライブラリをアップデート」をクリックします。

iCloudミュージックライブラリ

すると、アルバムの曲がiCloudにアップロードされます。もしかしたら、その際にiCloudの容量が足りないため容量のアップグレードが必要になるかもしれません。

曲のアップロード

iCloudのデータを操作する

iCloudにデータをバックアップしたり、削除したりといった方法を下記のように記事としてまとめてあります。参考までにご覧ください。

iCloudのメール・連絡先・メモ・画像写真のバックアップ方法

iCloudのアプリや写真などのバックアップデータを削除する

iCloudからiPhoneのバックアップを削除する方法

-iPhone -

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加