安全にMacOS「Mojave」を検証する方法!外付けドライブでデュアルブート!

MacOS「Mojave」がリリースされましたが、移行する際には注意する必要があります。32bitアプリ、つまり古いアプリは引き続きサポートされるものの、OpenGLが非推奨となったためグラフィックの問題が発生するかもしれません。ここでは、Mojaveに移行する前に検証するため、デュアルブート環境を作る方法をお伝えします。

スポンサーリンク

MacOS「Mojave」を外付けドライブにインストールする方法

外付けドライブはSSDでもHDDでも問題ありません。しかし筆者の場合、OpenGLが非推奨になり3Dゲームが動作するのか検証がしたかったためSSDを利用しました。SSDとUSB3.0での接続であれば、ゲームの動作もある程度試すことができます。

Mojaveを外付けドライブにインストールするのは簡単です。まず「App Store」で「Mojave」を検索してインストールします。

App Store画面

OSのインストーラーがダウンロードされると、インストールが始まります。「続ける」をクリックします。

Mojaveインストール画面

使用許諾契約が表示されるため「同意する」をクリックすると、再度確認されるため「同意する」をっクリックします。

使用許諾契約画面

Mojaveをインストールするディスクを選択できるようになります。ここで外付けのドライブを選択します。

外付けドライブを選択

この後再起動されて、自動的に外付けドライブの方で起動され、Mojaveがインストールされた後、初期設定が始まります。

スポンサーリンク

外付けドライブの「Mojave」と通常使っているMacOSを切り替える方法

前項の作業をすると、デュアルブート環境を作ったことになります。このまま何もせず再起動やシステムの終了を行っても、外付けドライブのMojaveが起動されます。この状態でいつも使っているMacOSに切り替えることは簡単にできます。

「システム環境設定」を開き「起動ディスク」をクリックします。

システム環境設定

パスワードで保護されているため「鍵」をクリックして、パスワードを入力します。

ロック解除

そして次に起動したいディスクを選択し、「再起動」をクリックします。

OS選択画面

これで再起動がなされ、MacOSが切り替わります。