【Mac】Finderの表示をカスタマイズしてみよう

MacのFinderの表示のカスタマイズを行うことで、テキストやアイコンの表示が変更されて、見た目が変わって見やすくなります。

さらに項目の表示方法を変更することで検索しやすくなり、目的のフォルダやファイルに素早くアクセスすることができます。

今回はFInderの表示をカスタマイズする方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 Finderの表示方法のカスタマイズ

FInderの項目の表示の方法には以下の4種類あります。

  1. アイコン表示
  2. リスト表示
  3. カラム表示
  4. Cover Flow表示

それぞれのフォルダに入っているファイルの性質によって表示を変更して、検索しやすいように設定することができます。

表示の切り替え方法はFinderを開けて、ツールバーのそれぞれのボタンを押して、切り替えるようになっています。

 

1.アプリなどが視覚的にわかるアイコン表示

アイコン表示は視覚的に表示されますので、アプリなどが入ったフォルダの表示に適しています。

 

メニューバーの「表示」>「表示オプション」を選択して、さらなる設定が可能となります。

・アプリケーションフォルダをFinder左側のサイドバーから開いたときに常にアイコン表示で開きたい場合は、「常にアイコン表示で開く」のチェックを入れます。

・アプリケーションフォルダ内に入っているユーティリティフォルダの中もアイコン表示で開きたい場合は、「アイコン表示でブラウズ」のチェックを入れます。
・並び順序では、名前や種類、作成日、最後に開いた日などの順序で並べ替えることができます。

・表示順序も並び順序同様の項目で表示させることができます。

例えば下図のように、並び順序で、フォルダ内に入っているサブフォルダ・イメージファイル・書類などのファイル種類別に分類して並べて、イメージファイル内では追加日で表示させることができます。

 

・アイコンのサイズの大きさ、アイコン間の間隔のサイズ調整ファイル名などのテキストサイズ、ラベル名(ファイル名の位置)を設定することが可能です。

・ファイルの下に画面解像度などの情報表示、ファイルのプレビュー表示が可能となっています。

・アイコン表示では背景のカラー変更や背景を壁紙のように画像を貼り付けすることも可能です。

 

2.大量のドキュメントを整理しやすいリスト表示

大量のドキュメントが入っている書類フォルダやダウンロードフォルダの表示に適しています。

 

メニューバーの「表示」>「表示オプション」を選択して、さらなる設定が可能となります。

こちらもアイコン表示同様に常にリスト表示で開く設定・並び順序・表示順序・アイコンサイズ・テキストサイズの設定が可能です。

他に変更日、作成日、最後に開いた日、追加日の日付に相対日時(昨日/今日)を使用、フォルダに内包するファイルの合計サイズを表示する項目、アイコンをプレビュー表示する項目の設定が可能です。

 

3.階層(ディレクトリ)がわかるカラム表示

階層(ディレクトリ)がわかるように表示されるので、サブフォルダを中にたくさん作っている場合やライブラリフォルダなどの表示に適しています。

 

メニューバーの「表示」>「表示オプション」を選択して、さらなる設定が可能となります。

こちらもアイコン表示同様に常にリスト表示で開く設定・並び順序・表示順序・テキストサイズの設定が可能です。

 

4.アイコン表示とリスト表示の利点を併せ持つCover Flow表示

上部にはアイコン表示のように視覚的に表示を行い、下部にはリスト表示がある表示となっているためピクチャやムービーフォルダに適しています。

 

メニューバーの「表示」>「表示オプション」を選択して、さらなる設定が可能となります。

 

こちらは上部がアイコン表示で下部がリスト表示となっているため、リスト表示の設定と同じ内容の設定が可能となっています。

 

FInderの項目の表示のカスタマイズ

フォルダの表示設定が完了したら次の項目の表示のカスタマイズを行います。

 

1.作成日や種類などで項目を並べ替える

「表示」>「表示オプション」を選択し「表示順序」のポップアップメニューをクリックして「名前」や「種類」「最後に開いた日」、「変更日」などに変更します。
リスト表示やCover Flow表示の場合は並べ替えたい列の名前部分をクリックすると並び順が変更されます。

 

2.開けるアプリや種類などで項目を整頓する

いずれの表示でもツールバーにある「項目の並び順序」ボタンをクリックして、「作成日」や「種類」など項目の中から選択します。

または「表示」>「表示オプション」を選択し「並び順序」のポップアップメニューをクリックして「名前」や「種類」「最後に開いた日」、「変更日」などに変更します。

 

3.フォルダを常に先頭に表示する

名前で並び替えるとフォルダを常にリストの先頭に表示できます。
メニューバーの「Finder」>「環境設定」を選択し、「詳細」タブの「名前で並べ替えるときにフォルダを上部に表示」のチェックを入れます。

 

4.アイコンを等間隔に整列する

アイコン表示を選択している時にアイコンの等間隔での整列が行えます。
メニューバーから「表示」>「整頓」を選択すると整列します。

 

5.列のサイズの変更してファイル名を完全に表示する

リスト表示、カラム表示、Cover Flow表示では列の見出しの間にある線をドラッグすると列の幅の調整ができます。ダブルクリックをするとファイル名の全体が自動調整されて表示されます。

 

 

Finderの表示方法のポイントは、どのような種類のファイルが入っているかによって表示方法・並べ替えや表示順序を変更することで、探しているファイルをすばやく発見できるようになります。

見やすい表示にすると、不要ファイルを見つけやすくなるというメリットもありますので、ぜひ一度表示設定のカスタマイズを試してみましょう。

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー