【Mac】PCが起動しない場合の原因とトラブルシューティング

Macが突然起動しなくなった!できれば体験したくないトラブルですが、Apple サポートに電話する前に自分で対処できる場合があります。Apple サポートに連絡したりApple StoreのGenius Barに持ち込む時間と費用を考えると、自分で対処できた方が節約になります。

 

ここでは「Macが起動しない場合」の対処法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

Macが起動しない原因を切り分ける

 

Macが起動しないの原因は以下の3つが考えられます。
  1. システムの不具合が原因。
  2. 周辺機器による影響
  3. Mac本体の故障
1のシステムの不具合が原因であれば、リセットまたはOSの再インストールで対処できます。
2の周辺機器による影響であれば、原因となる周辺機器の故障またはドライバの不具合などが考えられます。
3のMac本体の故障であれば、自分でパーツを購入して修理するか、Appleに修理に出すことになります。

 

まずは起動しない原因を切り分けることから始めます。

 

スポンサーリンク

原因の切り分けの手順

Macが起動しないとき ①ディスプレイ・電源が接続されているかを確認

まず、ディスプレイに接続されているか、プラグが接続されているかを確認します。
ディスプレイ・電源共に問題がなく、Macに電力が供給されてディスプレイに表示されている場合は次のステップに進みます。

 

ディスプレイ・電源に問題がある場合は次回の「Macの電源が入らない」を参照してください。

 

Macが起動しないとき ②Macに接続されている周辺機器の取り外し

Macに接続されているキーボード、マウス、ディスプレイ、およびスピーカー以外の周辺機器をすべて取り外して起動してみます。無事に起動できた場合は、周辺機器を取り付けて再度起動してどの周辺機器が原因か特定します。

 

周辺機器が特定できた場合は、適切なドライバがインストールされていないか、周辺機器の故障の可能性があります。

 

Macが起動しないとき ③NVRAM(PRAM)クリア

周辺機器に問題がなければ、次にMacに記憶されている設定情報をリセットします。
手順は以下のとおりです。

  1. Macをシステム終了させます。
  2. 「option」「command」「P」「R」の4つのキーを同時に押したまま電源を入れます。
  3. 20秒ほど(起動音が鳴るMacのモデルでは2回目の起動音がなった時点、iMac Proでは二度目のApple ロゴが表示され、消えてから)押し続けてからキーを放します。

Macが起動しないとき ④SMCリセット

NVRAM(PRAM)クリアをしても治らない場合はSMCリセットを試します。

 

SMCリセットの方法はMacのモデルによって異なります。

 

バッテリーが取り外せないMacノートブックのSMCをリセットする方法

MacBook Pro(Early 2009)以降、MacBook Airの全モデル、MacBook(Late 2009)、MacBook(Retina, 12-inch, Early 2015)以降が該当します。

 

  1. Macをシステム終了させます。
  2. Macがシステム終了したら、内蔵キーボード左側の「Shift」「control」「option」の3つのキーを押しながら、電源ボタンを押します。これらのキーと電源ボタンを10秒間押し続けてください(Touch IDを搭載したMacBook Proの場合はTouch IDボタンが電源ボタンを兼ねています)。
  3. すべてのキーを放します。
  4. 電源ボタンをもう一度押して、Macの電源を入れます。

 バッテリーの取り外しが可能なMacノートブックのSMCをリセットする方法

  1. Macをシステム終了させます。
  2. バッテリーを取り外します。
  3. 電源ボタンを5秒間押し続けます。
  4. バッテリーを再び取り付けます。
  5. 電源ボタンをもう一度押して、Macの電源を入れます。

MacデスクトップコンピュータのSMCをリセットする方法

iMac、Mac mini、Mac Pro、Xserveが該当します。

  1. Macをシステム終了させます。
  2. 電源コードを外します。
  3. 15秒間待ちます。
  4. 電源コードを元どおりにつなぎます。
  5. 5秒間待ってから、電源ボタンを押してMacの電源を入れます。

iMac ProのSMCをリセットする方法

  1. Macをシステム終了させます。
  2. 電源ボタンを8秒間長押しいます。
  3. 電源ボタンを放し、数秒待ちます。
  4. もう一度電源ボタンをいして、iMac Proの電源を入れます。

Macが起動しないとき ⑤セーフモードを使って起動

セーフモード(セーフブートと呼ばれることもあります)とは、Macを起動する方法の一つです。起動時に所定のチェックを行い、一部のソフトウェアが自動的に読み込まれたり、起動したりしないよう阻止します。Macをセーフモードで起動すると、次の処理が行われます。
  • 起動ディスクを検証して、必要に応じてディレクトリの問題の修復を試みます
  • 必要なカーネル機能拡張だけを読み込みます
  • 起動項目とログイン項目が自動的に開かないように阻止します
  • ユーザーがインストールしたフォントを無効にします
  • フォントキャッシュ、カーネルキャッシュ、その他のシステムキャッシュファイルを削除します

セーフモードを使って起動する

セーフモードで起動するには、以下の手順を実行してください。

  1. Macを起動または再起動して、すぐに「shift」キーを押し、そのまま押し続けます。Apple ロゴが画面に表示されます。
  2. ログインウインドウが表示されたら「shift」キーを放します。起動ディスクがFileVaultで暗号化されている場合は、ログインが2回必要になることがあります。1回目で起動ディスクのロックが解除され、2回目でFinderにログインします。


セーフモードを終了するには、Macを再起動し、起動中にどのキーも押す必要はありません。

セーフモードで問題が起きない場合

Macをセーフモードで起動すると問題が解消する場合はキーを押さずに再起動してみてください。

  • 問題が再発する場合は、互換性がないログイン項目があると考えられます。ログイン項目とはMacの起動時またはログイン時に自動的に開くアプリケーションのことです。
  • 問題が再発しなかった場合、おそらく起動ディスクのキャッシュやディレクトリに問題があり、セーフモードでその問題が解決したと考えられます。
セーフモードで問題が再発する場合は起動時に何もない青い画面が表示されるなどの問題が起こることがあります。
ログイン項目をテストするには以下の手順を行います。
  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ユーザーとグループ」をクリックします。
  2. 「現在のユーザー」の下にあるアカウント名をクリックしてから、ウインドウの上部にある「ログイン項目」をクリックします。ログイン項目のリストを書き留めておきます。これは後の作業のために覚えておく必要があります。
  3. すべてのログイン項目を選択し、「削除」ボタン(ー)をクリックします。
  4. アップルメニュー>再起動」と選択します。
  5. これによって問題が解決した場合は、上記の手順に従って、最後に追加したログイン項目だけを削除します。

セーフモードでMacが再起動またはシステム終了する場合

Macをセーフモードで起動すると、起動ディスクのディレクトリが自動的にチェックされます。ディレクトリが修復された場合、Macは自動的に再起動します。

Macの電源が切れた場合は、Macと電源コンセントがしっかり接続されているか確認しましょう。MagSafe電源アダプタをお使いの場合は、電源アダプタのLEDが黄色または緑色に点灯しているかを確認します。その上で、もう一度セーフモードで起動します。

 

Macがセーフモードで起動していることを確かめる方法

Macがセーフモードで起動しているかどうかわからない場合は、システム情報を使って確かめることができます。セーフモードで起動しているときは、システム情報の「ソフトウェア」セクションで、「起動モード」が「通常」ではなく「セーフ」と表示されます。

Macが起動しないとき ⑥起動ディスクの検証または修復

セーフモードで起動しないときは、ディスクユーティリティを使用して、起動ディスクの検証または修復を行います。
起動ディスクの検証または修復はリカバリーモードで起動することで行うことができます。

 

起動ディスクを修復する方法を説明します。
  1. 「command」キーと「R」キーを押したままにして電源ボタンを押します。
  2. Apple ロゴが表示されたらキーを放します。
  3. 「ディスクユーティリティ」をクリックして、「続ける」をクリックします。
  4. 「表示」>「すべてのデバイスを表示」と選択します。
  5. サイドバーで修復したいディスクを選択します。
  6. 「First Aid」ボタンをクリックします。
  7. 「実行」をクリックします。

ディスクを修復できない場合、または「…失敗したことが報告されました」というエラーが表示される場合は、もう一度修復をしてみます。

 

Macが起動しないとき ⑦Apple診断(Apple Hardware Test)

これまでに紹介した回復手段のいずれを試してみても解決しない場合は、Mac本体の故障の可能性もあります。この場合は。「Apple診断(Apple Hardware Test)」を実行して本体の診断を行って原因を特定することができます。

 

Apple Hardware Testを行う方法を説明します。
  • 2013年以降のMacの場合は、Macに組み込まれている「Apple診断」を使用します。
  • 2012年以前で、OS X v10.8.4 以降のMacの場合は、Macに組み込まれている「Apple Hardware Test」を使用します。
  • 2012年以前で、OS X v10.8.3 以前のMacの場合は、Macに付属のシステム・ソフトウェア・ディスクまたはUSB フラッシュドライブを使用します。

 Apple 診断を使用する

  1. Macに接続されているキーボード、マウス、ディスプレイ、およびスピーカー以外のすべての周辺機器を取り除きます。Ethernetケーブルまたは外付けDVDドライブを使用している場合は、これらを取り外します。
  2. 「D」キーを押したまま電源ボタンを押します。
  3. 「Apple 診断」が自動的に起動します。「Apple 診断」が終了すると、見つかった問題が表示されます。(参照コードはApple サポートが使用するコードです。)言語を変更するには、「command」と「L」キーを同時に押します。
  4. 画面に表示される指示に従います。

Apple Hardware Testを使用する

  1. Macに接続されているキーボード、マウス、ディスプレイ、およびスピーカー以外のすべての周辺機器を取り除きます。Ethernetケーブルまたは外付けDVDドライブを使用している場合は、これらを取り外します。
  2. 「D」キーを押したまま電源ボタンを押します。
  3. 「Apple Hardware Test」セレクタ画面が表示されたら、使用したい言語を選択し、「Return」キーを押すか右矢印ボタンをクリックします。(セレクタ画面が表示されない場合、インターネットから「Apple Hardware Test」を起動できる場合があります。ネットワークにMacを再接続し、「option」キーと「D」キーの両方を押したままMacを再起動します。)
  4. 「Apple Hardware Test」のメイン画面が表示されているときに、画面に表示される指示に従って操作します。

問題が検出された場合は、警告メッセージが表示されます。Apple サポートに問い合わせる必要がある場合は、使用するメッセージをメモしてください。

システム・ソフトウェア・ディスクまたはUSBフラッシュが付属するMacでApple Hardware Testを使用する

  1.  Macに接続されているキーボード、マウス、ディスプレイ、およびスピーカー以外のすべての周辺機器を取り除きます。Ethernetケーブルまたは外付けDVDドライブを使用している場合は、これらを取り外します。
  2. システム・ソフトウェア・ディスクまたはUSB フラッシュドライブを挿入します
  3. 「D」キーを押したまま電源ボタンを押します。
  4. 「Apple Hardware Test」セレクタ画面が表示されたら、使用したい言語を選択し、「Return」キーを押すか右矢印ボタンをクリックします。セレクタ画面が表示されない場合、インターネットから「Apple Hardware Test」を起動できる場合があります。ネットワークにMacを再接続し、「option」キーと「D」キーの両方を押したままMacを再起動します。
  5. 「Apple Hardware Test」のメイン画面が表示されているときに、画面に表示される指示に従って操作します。
「Apple 診断」または「Apple Hardware Test」で問題が検出された場合は、Appleに問い合わせを行いましょう。
また、ここまでに紹介した方法でMacが起動しない場合もApple サポートまたはApple StoreのGenius Barに相談しましょう。

 

まとめ

今回は「Macが起動しない」場合の対処法を紹介しました。いかがでしたでしょうか?
電子機器の不具合や故障は突然訪れますので、こちらのページを印刷して手元に置いておくといざという時に役立つと思います。

 

またMacにはTimeMachineというバックアップ機能があります。普段よりバックアップを取るようにしていれば、大切なデータが消失することもありませんので、是非活用しましょう。