macOSソフトウェア アップデート

【Mojave対応】macOSでソフトウェア アップデートを行う方法

12月13日配信開始!痛快3DアクションRPG

Macのソフトウェア アップデートはセキュリティのほかにも安定性やパフォーマンスの強化も兼ねています。そのため、常にソフトウェア アップデートによる更新は最新の状態にしておくのがベスト。今回はMacのソフトウェアをアップデートする方法を紹介します。

スポンサーリンク


MojaveとHigh Sierra以前ではソフトウェア アップデート方法が異なる

2019年1年現在で最新のバージョンであるMojaveとそれまでのバージョンではソフトウェア アップデートの方法が大きく異なっています。High Sierra以前でのソフトウェア アップデートはApp Storeに内包されていましたが、Mojaveでは独立した扱いになりました。

スポンサーリンク

Mojaveでソフトウェア アップデートを行う方法

ソフトウェア アップデートを実行する

Appleメニューから「システム環境設定」を選択してアプリを立ち上げ、「ソフトウェアアップデート」をクリックします。
macOSソフトウェア アップデート

ソフトウェアアップデートを立ち上げると自動で更新をチェックします。
macOSソフトウェア アップデート

「このMacは最新の状態です」と表示された場合、macOSは最新のバージョンになっています。
macOSソフトウェア アップデート

アップデートがある場合は「今すぐアップデート」をクリックするとインストールが開始されます。
インストールが完了したらソフトウェア アップデートは終了です。

Mojaveでソフトウェア アップデートの詳細を設定する

「詳細」をクリックします。
macOSソフトウェア アップデート

以下の操作を自動的に行うか設定できます。

  1. アップデートの確認
  2. 新しいアップデートがある場合はダウンロード
  3. macOSアップデートをインストール
  4. App Storeからのアプリケーションアップデートをインストール
  5. システムデータファイルとセキュリティアップデートをインストール

macOSソフトウェア アップデート

アップデートを自動でインストールしたいのならば全てにチェックを入れておくと良いでしょう。

High Sierra以前でソフトウェア アップデートを行う方法

App Storeを立ち上げて画面上部にある「アップデート」タブをクリックします。
macOSソフトウェア アップデート

利用可能なアップデートが一覧で表示されます。表示されているアップデートを一括でインストールしたい場合は「すべてをアップデート」をクリック。
個別にインストールしたい場合は各アプリの右端に表示されている「アップデート」をクリックします。
macOSソフトウェア アップデート

インストールが完了したらソフトウェア アップデートは終了です。

App Storeにアップデートが表示されない場合、macOSとApp Storeからインストールしたアプリは最新のバージョンになっています。

常にソフトは最新に

道具は安全かつ快適に使えないと意味がありません。それはMacも同様です。安全性と快適さを保つためにも最新のソフトウェア アップデートは常に適応するようにしましょう。