ついにホノルルで「歩きスマホ」に罰金刑が適用になる

コラム

ついにホノルルで「歩きスマホ」に罰金刑が適用になる

投稿日:

スマートフォンバナー

「歩きスマホ」英語では「スマートフォンゾンビ」と呼ぶこの問題は、どこの国でも問題になっています。日本では自転車に乗ってスマートフォンを操作する行為が、何度も指導されると罰金となりますが、ホノルルでは10月25日から「歩きスマホ」が罰金となります。

スポンサーリンク

歩きスマホでの罰金

今年10月25日から施行される法律では、ハワイ州ホノルルで、道路を横断しながら携帯電話の通話をしたり、操作をしたりするところを発見されると、その重大さに応じて15ドル〜99ドル(約1,700円〜11,000円)の罰金となります。

アメリカ国内では、歩行中の携帯電話利用が事故や怪我の原因となることが指摘されてきました。2015年にメリーランド大学が行なった調査では、2000年から2011年にかけて1万1,000人の怪我人が携帯電話に関係していると発表されています。

各国の歩きスマホに対する取り組み

「歩きスマホ」の問題は世界各国で取り組みがなされています。イギリス・ロンドンでは街灯の柱を埋め込むことで怪我を防ごうとしています。ドイツ・アウグスブルグ市では、路面電車の近くの信号を地面に埋め込むことで、歩きスマホをしている歩行者にもわかるようにしています。

一方で、このホノルルの罰金刑に対しては反対意見もあり、個人の自由を侵害するものであり、啓蒙によって解決するべきだという声も上がっています。

日本はどうなっていくのか

日本では最初に書いたように自転車への規制は道路交通法によって規制されています。しかし、歩きスマホとなるとどうでしょうか。電車のホームでは視覚障害者に向けてではありますが、ホームドアの設置が進められていて、歩きスマホで線路内に落ちる事故は減っていくでしょう。

しかし、周りをみる限り、路上での歩きスマホの危険性はあまり意識されていない印象です。歩きスマホをしないようマナー向上のポスターをよく見かけますが、よりひどくなるようであれば、日本でも罰金刑が導入されるかもしれません。

参考URL:Reuters.com

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-コラム
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Bluetoothがメッシュネットワーク対応。スマートホームの基盤となるか。

Bluetooth Special Interest Group(SIG)は、「Bluetooth 5」のメッシュネットワーク対応を発表しました。これで低消費電力デバイスの相互通信が可能となり、スマー …

ARメニュー

Apple「ARKit」デモの新作、優秀GIFアニメ5選+1

この秋にリリースされるiOS11でAR(拡張現実)を実現するため、開発者には「ARKit」の配布が開始されています。それを使ったデモが続々と登場。ここで、新作を5つ、GIFアニメで紹介いたします。 C …

SNSバナー

中高生には「Twitter派」と「Instagram派」が。もう一歩踏み込むと…

高校生にとって「LINE」はもはやインフラ。通信のメインです。それに加えて大抵の女子高生は「Twitter」と「Instagram」を同時に使っていて、どちらがメインかで派閥があるという調査がありまし …

surfaceバナー

MSが「Surface」の月額プランを開始。今後の主流となるか。

マイクロソフトは米国にて、「Surface」シリーズの月額プランを発表しました。18ヶ月で新しいSurfaceにアップグレードすることができます。一方のAppleも、現在ショッピングローン金利0%キャ …

大手3社ロゴ

総務省の行政指導にドコモが対応。他の事業者はどうなのか、現状を分析する。

NTTドコモが携帯電話の契約者に対して8日以内にキャンセルできる「確認措置」の受付を適切に行わなかったとして、厳しい行政指導を受けました。ドコモはこれに対応する是正措置を発表。その背景にある携帯電話会 …