ソニーさえも姿を消したスマホ世界市場シェア。一方の日本はどうなってる?

コラム

ソニーさえも姿を消したスマホ世界市場シェア。一方の日本はどうなってる?

投稿日:2017年6月20日 更新日: コメント (0)


調査会社「IC Insights」がまとめたデータによると、世界のスマホ出荷台数は14億9,000万台。しかし、トップ10の中に日本メーカーはありません。2014年に10位だったソニーさえも姿を消しました。一方の日本市場はどのようになっているのでしょうか。

スポンサーリンク

日本メーカー不在の世界市場

IC Insights」がまとめた2014年から2016年の出荷台数の推移はこのようになっています。

スマホ世界シェア

前述のように日本メーカーが見当たりません。トップは「Galaxy」を有するSamsung、2位は「iPhone」のAppleです。成長著しいのが中国メーカー。「Huawei」はよく名前を聞くメーカーとなりました。

SamsungとAppleはハイスペックな最先端の端末、中国メーカーはハイスペックからローエンドまで全方位的にカバーしている印象があります。Huaweiのカメラ機能は目を見張るものがあり、その技術の高さに驚かされます。ソニーで聞くのは「画面が綺麗」くらい。「4K」というキーワードが世界に効くのでしょうか…。

日本市場の動向

一方日本を見てみると、特殊すぎる状況になっています。
スマホ日本シェア
調査会社「IDC Japan」が発表した2016年第4四半期の出荷台数シェアです。Appleが半数以上というだけでも、まず特殊と言えますが、2位以下がソニーを始め全て日本メーカーです。

データからはわかりませんが、大手キャリアが取り扱っているかどうか、これが大きく影響しているでしょう。月々の支払いから端末代金が割り引かれるという料金体系で、こうなるのだと思われます。

このままでいいのか?

確かに、日本メーカーは「防水」や「おサイフケータイ」など、日本で求められる機能が充実しています。しかし、「防水」は現在の世界的なトレンドとして、どのメーカーも取り組んでいますし、「おサイフケータイ」についてもAppleが「Apple Pay」を導入してきました。半数以上を占めている「Appleが」です。

世界のトレンドは「デュアルレンズ」のカメラに移行しています。一眼レフのような「ボケ味」を楽しめたり、後からフォーカスを移動させたり、先にあげたメーカーだけでなく、台湾メーカーでも積極的に導入されています。

また日本は「ガラケー」の歴史を繰り返すのでしょうか。ソフトバンク社長が「端末割引をしないと日本メーカーが売れない」と言っていましたが、果たして、それが正解なのでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-コラム
-,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

TouchFocus

高品質なARヘッドセットに必要な技術は「存在しない」

Appleの最高経営責任者ティム・クック氏はThe Independentの取材に対し「高品質なARヘッドセットやメガネを構築するための『テクノロジ自体が存在しない』」と述べました。Appleにとって …

Google求人広告

Apple「重要なポストの求人」方法とは?Googleも!?

AppleやGoogleで働くなどということは、夢のような話ではないでしょうか。そんな求人がしかも「重要なポストの求人」がまるでクイズのような形式で行われていました。過去にはGoogleにも同じような …

IoT乾電池

「IoTって何?」「格安スマホって何?」それが何なのかと、言葉の誤用についての話。

最近、筆者には気になっていることがあります。それは「言葉の誤用」です。ある大手メディアでIoT乾電池に関する記事がありました。みてみるとそれは「IoT」ではないのです。おそらく言葉の新しさ、響きだけと …

Bluetoothがメッシュネットワーク対応。スマートホームの基盤となるか。

Bluetooth Special Interest Group(SIG)は、「Bluetooth 5」のメッシュネットワーク対応を発表しました。これで低消費電力デバイスの相互通信が可能となり、スマー …

最低買取価格

「メルカリNOW」参入!買取アプリ「CASH」の焦りは?

買取アプリ「CASH」はファッションアイテムなどを撮影するだけで、査定・現金化できるサービス。11月27日に「最低買取金額を1,000円とする」と発表したものの、12月7日に「最低査定価格1,000円 …