続々と登場するIoTプラットフォーム。日本の現状を探る。

コラム

続々と登場するIoTプラットフォーム。日本の現状を探る。

投稿日: コメント (0)


大手キャリアは既にIoT(モノのインターネット)のプラットフォームを持っていますが、最近になって他の企業でもプラットフォームを発表するようになってきました。そのサービスを紹介して、日本のIoTの今をみてみます。

スポンサーリンク

NTT Comの「100円SIM」

100円SIMシステム構成

NTTコミュニケーションは「100円SIM」と名付けたSIMカードの提供を始めました。通信料が1MB以内というとても小さな通信料ですが、IoTデバイスからの信号であればそれほど容量を使わないでしょう。データ監視には向きませんが、センサーのような用途が考えられます。

接続先は「Arcstar Universal One」というIP-VPN閉域網に接続されます。しかし、インターネットを使わないメリットが逆にあります。IoT機器はセキュリティアップデートが難しいため、外からの攻撃を受けないことで安全に利用できるでしょう。

Amazon Web Services(AWS)といったクラウドに直接接続でき、その上でシステムを構築すればIoTのプラットフォームとして利用用途は広そうです。

京セラの「Sigfox」

Sigfoxシステム構成

Sigfonはフランス生まれのIoT規格で、1カ国1事業者がライセンスされます。これは920Mhzの帯域を使い、現在は上り100kbpsのみの通信となっています。ソリューションを含めたシステム全体での提供となり、「SORACOM」がこの規格を採用すると発表しました。

デバイス側の通信費用が年額100円という安さが魅力です。現在は首都圏、大阪が対応地域となり、2020年3月には人口カバー率99%を予定しています。採用企業が増えていて、注目されているIoT通信技術と言えそうです。

IoTソリューションマンション「つたえるーむ」

アルテリア・ネットワークス、シャープ、アイホン、アッサアブロイジャパンの4社は、マンション向けに特化したソリューションとして、「つたえるーむ」を発表しました。新築マンション向けに提供され、月額利用料は380円が予定されています。

4社それぞれの製品を利用し、インターホン呼び出しや、デジタルドアロック、ハンズフリーオートロック、子供の見守り、共用駐車場の予約など、マンションに必要なソリューションを提供します。「マンションソリューションは、IoTの大きな市場になる」と事業化に踏み切った形です。

日本の現状

日本においてIoTはこれからといった分野で、やっとプラットフォームが出揃ってきたところだと思います。これからどう使っていくのかというフェーズでしょう。マンションのソリューションは素晴らしいですが、既存のアイデアを拡大しただけの印象。もっと一般消費者に便利なサービスが出てくることを期待します。

一方の中国では、全てのレンタル自転車がIoTで接続され、レンタルすれば乗り捨て、決済は電子マネーというサービスがあります。また、駐車場もIoTで接続され空いている駐車場を探し、決済を電子決済で行うサービスもあります。そういう意味で日本は遅れているのではないでしょうか。

ではサービスの真似をすればいいのか、という話でもなく、もっとワクワクさせてくれるようなスタートアップ企業の出現を待ちたいと思います。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-コラム
-, , ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

ARメジャーキャプチャ

Google VRよりApple ARの方がはやる、たった1つの理由

GoogleはCardBoardやDaydream、VR180など、VR(仮想現実)に向けて様々なプラットフォームを構築しています。一方のAppleは「ARKit」でAR(拡張現実)の開発者向けプラッ …

Google Map

バイク用ナビにはSIMフリー格安スマホがオススメな4+1の理由

現在、筆者は旅に出ています。旅先でこの記事を書いていますが、ここまでバイクで8時間。その間、SIMフリースマホで「Google Map」を使いながら走ってきました。そこで思うのはやはり、バイクでのナビ …

初代iPhone

iPhone発売から10年でどのように進化したのか。そして今。

iPhone発売から10年。年々と進化してきました。Bloombergは、特設ページでiPhoneの内部がどのように進化してきたのか振り返っています。2007年に発売されたiPhoneは世界に衝撃を与 …

Bluetoothがメッシュネットワーク対応。スマートホームの基盤となるか。

Bluetooth Special Interest Group(SIG)は、「Bluetooth 5」のメッシュネットワーク対応を発表しました。これで低消費電力デバイスの相互通信が可能となり、スマー …

JBL Free

iPhone 8、iPhone Xに合うBluetoothイヤホンの選び方

iPhone 8シリーズやiPhone Xで音楽を聴こうと思うと、付属の変換アダプタでお気に入りのイヤホンを接続することになります。しかしこの際、今流行しているBluetoothイヤホンにしてしまおう …