ARメジャーキャプチャ

Google VRよりApple ARの方がはやる、たった1つの理由

GoogleはCardBoardやDaydream、VR180など、VR(仮想現実)に向けて様々なプラットフォームを構築しています。一方のAppleは「ARKit」でAR(拡張現実)の開発者向けプラットフォームを発表しました。どちらが浸透するのか、それはAppleのARでしょう。

スポンサーリンク

GoogleのVRはどのようなものなのか

Googleの、というよりもそもそも今のVRにはゴーグルが必要です。CardBoardはダンボールで作った箱にスマートフォンを取り付ける。DaydreanもVRゴーグルにスマートフォンを取り付ける。それを使って360度のコンテンツを体験するのですが、あまり後方まで見るユーザーはいないことがわかりました。

そこで打ち出して来たフォーマットが「VR180」。前面180度だけのコンテンツにすることで、コンテンツ開発者の負担を減らそうというもの。しかし、そのコンテンツを作るためにはデュアルレンズの専用カメラが必要で、どこまで浸透するのかまだわかりません。

しかし、わかっていることが1つだけあります。それはユーザーが「新しい体験をするためにゴーグルを買う」ということです。ここにはハードルがあります。まだ経験したことがない体験をするために、お金を払う。「どんな体験になるかわからないが、出費が必要」なのです。

iPhoneは既に手元にある

一方の「ARKit」で開発されたコンテンツはiPhone 6s/6s+/SE/7/7+に対応しています。iPhoneは既に手元にあり、毎日便利に使っているのです。そこに新たな体験が加わる。ARを体験するために、新たな出費をする必要がないのです。AR対応のアプリを起動するだけです。

そして、これらのiPhoneは広いユーザーベースがあります。一方、例えばGoogleのDaydreamに対応しているスマートフォンはこれからといった状況です。

結論として、どちらがスマートか

ARメジャーキャプチャ

VRとARの体験は、どちらがスマートでしょうか。ゴーグルをつける必要がある体験とiPhoneを使うだけの体験。Googleグラスが事実上失敗に終わったという過去もあります。

少しAppleのARKitを使ったデモを観ていただきましょう。「ARメジャー」です。

ARを使って、メジャーを使わずに家中のものの寸法が図れる。全く新しい体験。これが、高価なゴーグルなどを必要とせず、今持っているiPhoneだけで体験できるのです。どちらがスマートなのか、それはAppleのARだということをおわかりいただけると思います。

もちろん、GoogleのVRに未来がないわけではありません。これからの技術革新でもっとスマートな、まるでメガネのようなゴーグルであれば、気軽に使えるかもしれません。VRのデモも各地で行われていて、既に体験したものに出費するようになっているかもしれません。しかし、まだまだ時間がかかるでしょう。

既に手元にあるiPhoneで新しい体験ができるAppleのAR。正式リリースはもうすぐです。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー