Googleが「ARCore」を発表!AppleのARKitと全面対決。

Android

Googleが「ARCore」を発表!AppleのARKitと全面対決。

投稿日: コメント (0)


GoogleはAndroid端末向けのARプラットフォーム「ARCore」を発表しました。これまでの3Dセンサを使ったAR「Tango」と違い、特別なセンサを必要とせず、AR(拡張現実)を実現します。Appleの「ARKit」に正面から対抗する技術となりそうです。

スポンサーリンク

「ARCore」の概要

ARCoreバナー

GoogleのARプラットフォームといえば、「Tango」であり、これまで3年以上取り組んできて、やっとASUSの「Zenfone AR」など少し対応製品が出てきたところです。しかし、特別な3D奥行きセンサを使った高度なシステムとなっており、端末の価格も高価になります。

今回の「ARCore」の特徴は、通常のカメラと3軸加速度センサーで実現され、一般に普及しているAndroid端末で体験できることにあります。ただし端末はAndroid 7.0以降を搭載している必要があります。

「ARCore」の空間認識技術

ARcoreデモ

ARCoreは一般的なカメラとセンサだけで空間を認識しますが、床面や壁面、テーブル、椅子など、部屋にある物体を認識できます。またカメラのデータから、その場の照明環境を推定し、光源に照らされたり、影ができるようなエフェクトがかけられます。

カメラと3軸加速度センサだけでARを実現するという意味で、Appleの「ARKit」のAndroid版といっていいような仕組みになっています。Googleは、既に開発者向けに提供している3D制作環境「Tilt Brush」や「Blocks」などで、簡単にARコンテンツが作成できることを強みとしています。

AR分野での全面対決

AppleはARKit発表の際、iPhoneをベースとする「最大のARプラットフォームとなる」と宣言していました。そこへ正面からぶつける形で発表されたGoogleの「ARCore」。まずはPixelおよびGalaxy S8に対応し、ファーウェイやLG、ASUSなどと協力して、正式リリースまでに一億台の対応を目標にしています。

GoogleとAppleが競争することで、急速に発展しそうなAR(拡張現実)分野。これからの標準技術として確立されていくのかもしれません。ARミュージックビデオなど、既に色々なデモが作成されていますが、これからユーザーにとって新鮮な体験が待っていることでしょう。

-Android -,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加