Android

手に入れたら感染済み!?買った時点でマルウェアに感染しているAndroidスマホが多数見つかる。

全世界2500万ダウンロード!本格ストラテジーRPG

Androidスマホは自分好みにカスタマイズができるところが魅力のひとつです。iPhoneにはほとんどカスタマイズの余地がありません。一方で、Androidスマホはマルウェアからの感染から身を守ることが必要です。しかし、買った時点でマルウェアに感染しているものが多数あることがわかりました。

スポンサーリンク


セキュリティに関する調査

Android

出典:GIZMODO

セキュリティ企業「Check Point Software Technologies」は大手通信会社とモバイル機器販売業者からAndroidスマホを購入し、マルウェアに感染しているかどうか調査しました。調査結果によると実に36台ものAndroidスマホが、購入した時点で何らかのマルウェアに感染していました。

マルウェアが発見されたものは中国メーカーのVivoやOppo、Xiaomi、ZTEなど日本ではそれほど見かけないものが多かったのですが、中にはSamsungの「Galaxy」や、Asusの「Zenfone」、Googleの「Nexus」など、日本でも有名な機種もあります。

スポンサーリンク

どのようにして感染するのか

いずれもメーカーからの出荷時点では感染していなかったものの、携帯電話キャリアが独自のROMにカスタマイズする際に感染してしまった可能性が高いとのこと。
セキュリティ企業の研究者、Daniel Padon氏はこのように語っています。

どんなにユーザーが注意を払い、決して危険なリンクをクリックしたり、怪しげなアプリをダウンロードしないようにしていても、気づかぬうちにマルウェアに感染する場合もあることを、今回の調査結果は教えている。あらゆるモバイルユーザーが、心しておかねばならない点だ。

感染していたマルウェアは情報を盗み出したり、使用不可にして身代金を要求するものもありました。ユーザーが通常では使えないroot権限を使わないと削除できない悪質なものまであったようです。

スマートフォンに求められるセキュリティ

Androidは信用のおけるアプリだけインストールするなど、自衛の必要があります。しかし今回の調査結果では、それでは不十分な時代になってきていることが示されています。ウィルス対策アプリが必須な時代がやってきているのかもしれません。iPhoneも安全という訳ではなく、Appleの検査をすり抜けたマルウェアが過去に発見されていますので、注意しておく必要があります。

参考URL:GIZMODO