デュアルレンズカメラ搭載の格安スマホ「ZTE Blade V8」インスタ映えも目指せる機能!

Android

デュアルレンズカメラ搭載の格安スマホ「ZTE Blade V8」インスタ映えも目指せる機能!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

ZTEジャパンはデュアルレンズ搭載の「ZTE Blade V8」を5月25日に発売します。価格は34,800円(税抜)とリーズナブル。デュアルカメラでボケ味のある写真が撮れることはもちろん、リフォーカス機能もあります。また全面カメラも13Mピクセルとカメラ重視のスペックになっています。

スポンサーリンク

充実の基本スペック

本体の外観

スペックは5.2インチフルHDディスプレイ、プロセッサはSnapdragon435(1.4Ghz)オクタコアと3GB RAM、32GBストレージ。性能としてはミドルレンジのスマートフォンになります。しかし、指紋認証、デュアルSIMのDSDSにAndroid7.0と最新の機能に抜かりはありません。

フロントカメラモデル

フロントカメラはメインカメラと同じ12Mピクセルのカメラを搭載し、自撮りが流行している今に合わせた機能になっています。インスタグラムやSNOWなど、自撮りがメインとなる使い方でもその性能を発揮します。

12Mピクセル+2Mピクセルのデュアルレンズカメラ

リフォーカス機能サンプル

この価格帯ではたいへん珍しくデュアルレンズカメラを搭載していることが最大のウリでしょう。背景がボケた一眼レフのような写真が撮れます。また「リフォーカス」機能を搭載しており、撮影後のピント位置やボケ効果を調整することができます。3D写真の撮影ができるところも面白いかもしれません。

現代の流行をふんだんに取り入れた格安スマホ

これまでデュアルレンズカメラといえば、最新のハイスペックスマホにしか搭載されてきませんでした。それをミドルレンジの格安スマホに入るレベルの価格帯で出してきたことには大きなインパクトがあるでしょう。

今、流行している自撮りや写真でのコミュニケーションに焦点を合わせ、スペックは抑えめにする。バランスのとれた格安スマホと言えるのではないでしょうか。指紋認証やDSDSなど、求められる機能にも積極的に対応しているところも評価できます。

参考URL:ZTE公式サイト

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Android
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MAP

Googleマップに新機能。車を駐車した場所と時間を表示してくれるように。

Googleマップに新機能があることが発見されました。車を駐車した場所と時間を記録できる機能です。この時間を記録できることがポイントで、コインパーキングなどで駐車時間を記録することによって、どれくらい …

Eccectial本体

「Android生みの親」が送り出したスマートフォン「Essectial」の何が「違う」のか。

本日、Android社の創業者であるアンディ・ルービン氏が、以前より予告していたSIMフリースマートフォン「Essential」を発表しました。各メディアでそのような記事がありますが、このスマートフォ …

Xperia

ドコモ、「Xperia XZ」と「V20 Pro」を下り最大500Mbpsに高速化。ポイントは256QAM変調方式。

NTTドコモが、スマートフォン「Xperia XZ」「V20 Pro」の下り通信速度を、最大500Mbpsに高速化しました。これまでの最高速度は最大375Mbpsでした。これは256QAM変調方式に変 …

style shell with wireless

スマートフォンを自分好みにできる「moto mods」新製品を発表。モジュール化がトレンドに?

モトローラは新ミドルレンジスマホ「Moto Z2 Play」とともに、モジュールを追加してスマートフォンをカスタマイズできる「moto mods」の新製品4つを発表しました。だんだんと増えていくモジュ …

MotoMods

モトローラが4つの新しい「Moto Mods」製品を拡充することを発表。「Moto Mods」とは?

「Moto Mods」とはスマートフォンに欲しい機能だけモジュールとして追加するというコンセプトで開発された製品です。かなり前から開発されていましたが、難航していました。今では日本でも発売されていて、 …