デュアルレンズカメラ搭載の格安スマホ「ZTE Blade V8」インスタ映えも目指せる機能!

Android

デュアルレンズカメラ搭載の格安スマホ「ZTE Blade V8」インスタ映えも目指せる機能!

投稿日:

ZTEジャパンはデュアルレンズ搭載の「ZTE Blade V8」を5月25日に発売します。価格は34,800円(税抜)とリーズナブル。デュアルカメラでボケ味のある写真が撮れることはもちろん、リフォーカス機能もあります。また全面カメラも13Mピクセルとカメラ重視のスペックになっています。

スポンサーリンク

充実の基本スペック

本体の外観

スペックは5.2インチフルHDディスプレイ、プロセッサはSnapdragon435(1.4Ghz)オクタコアと3GB RAM、32GBストレージ。性能としてはミドルレンジのスマートフォンになります。しかし、指紋認証、デュアルSIMのDSDSにAndroid7.0と最新の機能に抜かりはありません。

フロントカメラモデル

フロントカメラはメインカメラと同じ12Mピクセルのカメラを搭載し、自撮りが流行している今に合わせた機能になっています。インスタグラムやSNOWなど、自撮りがメインとなる使い方でもその性能を発揮します。

12Mピクセル+2Mピクセルのデュアルレンズカメラ

リフォーカス機能サンプル

この価格帯ではたいへん珍しくデュアルレンズカメラを搭載していることが最大のウリでしょう。背景がボケた一眼レフのような写真が撮れます。また「リフォーカス」機能を搭載しており、撮影後のピント位置やボケ効果を調整することができます。3D写真の撮影ができるところも面白いかもしれません。

現代の流行をふんだんに取り入れた格安スマホ

これまでデュアルレンズカメラといえば、最新のハイスペックスマホにしか搭載されてきませんでした。それをミドルレンジの格安スマホに入るレベルの価格帯で出してきたことには大きなインパクトがあるでしょう。

今、流行している自撮りや写真でのコミュニケーションに焦点を合わせ、スペックは抑えめにする。バランスのとれた格安スマホと言えるのではないでしょうか。指紋認証やDSDSなど、求められる機能にも積極的に対応しているところも評価できます。

参考URL:ZTE公式サイト

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Android
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Jellyのバナー画像

スマートフォンって「大きい」って意味だったっけ?流行へのアンチテーゼスマホ「Jelly」

スマートフォンが普及し始めた頃は、片手操作で何でもできる、そんな製品に魅力を感じました。そして高機能化、高性能化するに連れて、スマホはだんだんと大きくなっていきます。その方が情報量も多く、見やすいから …

帰ってきたBlackBerry「KEYone」どんなスマートフォン?日本では使えるのか?

「Mobile World Congress 2017」が開催され、注目を浴びているのが、「BlackBerry KEYone」。BlackBerryは、前アメリカ大統領オバマ氏が手放さず愛用していた …

Mario

スーパーマリオランのAndroid版。3月23日に待望のリリース。

既に配信されているiOS版のスーパーマリオラン。当初の期待は大きかったのですが、今のゲーム業界において課金制をとり、期待を下回る結果となりました。しかし、その逆境においても課金ユーザーは増え続け、堅調 …

Eccectial本体

「Android生みの親」が送り出したスマートフォン「Essectial」の何が「違う」のか。

本日、Android社の創業者であるアンディ・ルービン氏が、以前より予告していたSIMフリースマートフォン「Essential」を発表しました。各メディアでそのような記事がありますが、このスマートフォ …

MAP

Googleマップに新機能。車を駐車した場所と時間を表示してくれるように。

Googleマップに新機能があることが発見されました。車を駐車した場所と時間を記録できる機能です。この時間を記録できることがポイントで、コインパーキングなどで駐車時間を記録することによって、どれくらい …