パスワード管理アプリ「1password」がFace ID対応!

App

パスワード管理アプリ「1password」がFace ID対応!

投稿日: コメント (0)


1パスワード

iPhoneにはキーチェーンというパスワード管理方法がありますが、以前よく使われていたのはこの「1password」でしたが、今回、Face IDに対応しました。以前は有料だったものが今は無料アプリとして提供されており、キーチェーンと併用するのも良いと思われます。

スポンサーリンク

ローカルに保存される「1password」

iPhoneのキーチェーンというよりは、iCloudのキーチェーン機能は便利です。クラウドに保存され、iPadやMacからでも利用できます。しかし、クレジットカードに関するパスワードなどをクラウドに保存するのに抵抗はないでしょうか。

その点、この1passwordは、iPhoneのローカルに暗号化されて保存されます。そしてマスターパスワード1つで、複数のサイトのパスワードを管理することができます。1passwordの中に専用のブラウザがあり、これが良く出来ています。スムーズにパスワード入力を行うことができます。

現在のハッキング被害のほとんどがパスワードの使い回しです。このアプリであればマスターパスワード1つ覚えておくだけで、後のパスワードはバラバラのものにしておいても問題なくなります。1passwordのフル機能を使うには月額課金が必要となりますが、パスワードの管理だけであれば無料で使うことができます。

「1password」のFace ID対応

このアプリの歴史は古く、iPhoneがパスワード管理できなかった時代から一番よく使われているパスワード管理アプリでした。Touch IDにもいち早く対応し、今回もFace ID対応をiPhone X発売日当日にリリースしてきました。

Touch IDやFace IDで何をするのか。マスターパスワードの代わりに使います。つまり、パスワードが必要になる場面でマスターパスワードを入力する必要がありません。アプリを起動したらTouch IDかFace IDをマスターパスワードの代わりとしてアクセスし、パスワードの管理を行うことができます。

起動画面

この矢印にあるボタンをタップすると、Touch IDもしくはFace IDでの認証となります。

使うときはあるの?

iPhoneのキーチェーンは基本的にモバイルSafariで入力するものです。しかし他のアプリでもユーザー名とパスワードが必要になることがあるでしょう。アプリを再インストールする事態になったとき、1passwordに覚えさせておいてよかったという場面があるかもしれません。

筆者の使い分けとしては、よく使うパスワードはiPhoneのキーチェーンで、ほとんど使わない、もしくは二度と使わないかもしれないパスワードを1passwordに覚えさせています。これがたまに役に立ちます。

また、マイナンバー。これも1passwordのログイン情報として保存してあります。なぜか日常生活でほとんど使われないマイナンバーですが、だからこそ、1passwordに覚えさせておけば気にする必要がなくなります。

特にこの1passwordを推奨する記事ではありませんが、こういう管理アプリもあるのだという意味で紹介しました。老舗のパスワード管理アプリ。Face IDへの素早い対応はさすがです。

-App -,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加