3ヵ月以上使わない未使用アプリ。6割が使われないまま放置されているとの調査結果。

ご自分のスマートフォンにはどれくらいのアプリがインストールされているでしょうか。そのアプリは使っていますか?中にはバックグラウンドで実行されるものもあり、バッテリーの消耗に影響を与えることも。そんな調査結果が発表されました。

スポンサーリンク


3カ月以上使わない「未使用アプリ」の平均は60%

調査1
ユーザーがスマートフォンにインストールしているアプリは平均で74.8個。そのうち60%程度を占める44.3個が「未使用アプリ」となっています。未使用アプリの中で最も多いアプリが電卓やアラームなどのツール系アプリでした。

調査会社では、こう考察しています。

「ツール系アプリの3分の2が未利用である」ということです。ゲームアプリの利用率は高く、放置されたままの状態が比較的少ないのですが、ツール系は一度も使われないまま存在すら忘れ去られているのかもしれない。

スポンサーリンク

充電消耗を早める一因になっている

調査2
また調査会社はこのようにも考察しています。

「不要な大量のアプリは充電消耗を早める一因になっている」

未使用アプリの中にバックグラウンドで動いているアプリがあると、バッテリーを消耗してしまいます。一つひとつの消耗は少ないものなのですが、量が増えると影響が出てくるでしょう。

スポンサーリンク

未使用アプリが増える要因

アプリ紹介の記事などを読んでいると「いつか使えそう」とツール系アプリをインストールしてしまう傾向があると思います。筆者はできるだけアプリをインストールしない主義なので、インストールされているアプリ自体が少ないのですが、それでも未使用アプリがありました。使わないので、アプリをインストールしたことを忘れていたのです。

面倒ではありますが、定期的に整理した方がよさそうです。なにより、初期化が必要になった再、アプリの再インストールでかなり苦労します。

参考URL:engadget