「SNS疲れ」3人に2人のユーザーが疲れなくなった理由

App

「SNS疲れ」3人に2人のユーザーが疲れなくなった理由

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

以前はよくSNS疲れという言葉が聞かれました。特にFacebookが流行し始めた頃から聞かれるようになりました。LINEでは「既読スルー」という言葉も流行しました。最近の調査によると、3人に2人のユーザーが「SNS疲れが減ったと答えています。どういう背景があるのでしょうか。

スポンサーリンク

6割のユーザーが減ったと感じている

SNS疲れの頻度
「SNS疲れ」が「かなり減ったと思う」が14.1%、「やや減ったと思う」が45.5%と、約6割が減ったと感じています。SNS疲れを感じることが減った理由としては、「自分なりの使い分けができるようになったから」「ひとつひとつのSNSの使い方ができるようになったから」という声が上がっています。
SNS疲れが減った理由

SNS疲れの原因

「LINE、Facebook、Twitter、Instagramの4つのSNSを使う上でストレスを感じるか」という問いに対しては、それぞれの特徴がありました。10代〜20代の半数以上がInstagramの利用、20代〜30代の70%以上がFacebookでの利用にストレスを感じているようです。

Facebookの場合のストレスは、「人間関係があからさまでプライバシーがないこと」「シェアされるとどこまで広がるかわからないので、余計なことを発言できないこと」「友達リクエストをされても断りにくいこと」が挙げられています。リアルに近いFacebookならではと言えそうです。

Instagramの利用で感じるストレスは「おしゃれな投稿をしなければと無理に背伸びをしてしまう」が一番多くなりました。これは女性ユーザーが多いInstagramだからではないでしょうか。またインスタグラマーというような有名ユーザーもいて、おしゃれな投稿に人気が集まる現象もあります。

それぞれのSNSに特有のストレス

一方のTwitterでは「見ず知らずの人からフォローされる」ことがストレスの原因となっています。LINEでは利用頻度が一番のストレスのようです。既読スルーになってしまうのではないかという意識はまだ根強く残っているのでしょう。

最近は若い世代の間で自撮りでのコミュニケーションや、Instagramのストーリー機能がよく使われているなど、SNSの流行は変わってきています。Mastodonという新しい形のSNSも出てきました。これからどのようになっていくにしても、自分が疲れない範囲でSNSを利用したいところです。

参考URL:Marketing Research Camp

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-App
-, , , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

  1. […] Togetterまとめ コピーライティングを学ぶために読むべき本はたった1冊 「SNS疲れ」3人に2人のユーザーが疲れなくなった理由 求人広告の営業マンが、仕事内容・辛い点・やりがいを赤裸々に解説 – […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Instagramに機能追加!コメントできるユーザーを限定する方法

Instagemに機能追加がされ、写真にコメントできるユーザーを限定できるようになりました。限定範囲は「フォロー中の人とフォロワー」「フォロー中の人」「フォロワー」です。どのように設定するのかお伝えし …

今だけSuica¥1,000分チャージプレゼント!定期券を買う新入生や新社会人は必見

モバイルSuica 日本でも2016年10月から開始したサービス「Apple pay」。さっそくJR東日本が、Apple payでSuicaの通学通勤用定期を購入すると、Suicaに¥1000分のチャ …

LINEスタンプって儲かるの?クリエイターがLINEスタンプを販売してから3年の実績。

ユーザーが製作したLINEスタンプを販売できる「LINE Creators Market」が公開されてから5月8日で3年となりました。LINEはこの3年間の利用および販売実績を発表。LINEスタンプを …

「LINE Q」で質問に答えてもらう?お小遣いを稼ぐ?

LINEが提供しているユーザー参加型Q&Aアプリ「LINE Q」は、日常生活であるような簡単な質問をすると、LINEユーザーが答えてくれるアプリです。LINEのユーザー層の広さで、質問にはす …

bot

Twitterの中で「bot」が最大480万アカウントを占めるという研究結果。

botとは機械的にツイートするアカウントの総称ですが、Twitterにはいろいろなbotが存在します。日本のものだと名言系botや芸能人botなどがみられます。そんなbotがTwitterのアカウント …