絵画スタイル

AIカメラアプリ「Microsoft Pix」がすごい。ペット用の無音カメラアプリにも。

Microsoftは人工知能(AI)を使ったiPhone用カメラアプリ「Microsoft Pix」をアップデートしました。アップデート内容は、AIを使って写真を絵画のようにペイントしてくれる機能。しかし、このカメラアプリ。普段使いとしても優秀なアプリとして使えそうです。

スポンサーリンク

AIを使った補正機能

写真比較

ちょっとは整理してから写真を撮ればよかったとは思うのですが、筆者の机を撮った写真です。わざと手ブレするように部屋を暗くして、手を動かしながら取りました。iPhoneカメラアプリで撮った写真が手ブレしているのに対し、Microsoft Pixではそれが補正されています。

Microsoft Pixでは10枚の写真を瞬時に撮影し、AIを使って合成し最適化が施されます。そのため手振れも補正されました。ただ、色味はiPhoneカメラの方が正確で、Microsoft Pixでは色味も補正されて本来の白色の壁紙になっています。壁にノイズがあるように見えますが、壁の模様まで描写されているのです。それだけ最適化は強力ということでしょう。

「設定」アプリからMicrosoft Pixのシャッター音をオフにできるのも良いのではないでしょうか。ペットを撮る際、シャッター音を嫌がるペットがいます。しかも10枚の写真から最適化されるので、動き回るペットでも強力な補正が期待できそうです。

アップデート内容はペイント機能

今回、Microsoft Pixは「Pixスタイル」と呼ばれる、「写真を絵画のように加工できる機能」が追加アップデートされました。先ほどの写真を絵画風にするとこのようになります。

絵画スタイル

11種類のスタイルから選択できますが、前衛的なものが多数を占めています。先ほどの写真も近代美術館にありそうな絵画に。Microsoftのジョシュ・ウェイスバーグ氏はこれを「楽しみのための機能」と語っていて、AIがどのように楽しませてくれるのか、デモの意味合いもありそうです。

これからのアップデートも

この絵画スタイルはこれからも追加されていく予定で、ウェイスバーグ氏は楽しんでTwitterに画像を投稿しています。


LIVE Photoのような短いアニメーションを作成する機能もあり、色々と楽しめそうなカメラアプリになっています。筆者はAIによる自動補正が素晴らしいと思っていて、色々なシチュエーションで撮ってみるとどうなるのか興味があります。一度、試してみてはいかがでしょうか。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー